愛之船クルーズ~六合夜市で台湾B級グルメ~大好きな台湾シャンプー:家族で台湾縦断旅2019(6:2日目-4)


愛之船クルーズ~六合夜市で台湾B級グルメ~大好きな台湾シャンプー



●愛之船クルーズで夕日を眺める


アナログなどこでもドアことUberで、愛之船乗り場に到着。
ここはMRT市議會站近くの、高雄国賓飯店の向かいにある船着き場だ。

チケットブースで、1人150元(525円位)のチケットを買う。
日本円にすると約ワンコインといった計算だ。

▼愛之船チケット
IMG_9591.jpg

クルーズは約20分間くらいと短いので、今すぐ乗っては、夕日が沈む前にクルーズが終わってしまう。
チケットブースのお姉さんに話しかけると英語が通じなかったので、スマホのGoogle翻訳機能を使って、中国語(繁字体)に翻訳した。

「夕日を見たいので、今すぐではなく、あとで船に乗ってもいいですか」
「OKです。乗りたい時間になったら、あそこに並んで下さい」

といった会話をし、並ぶ場所(船着き場のすぐ前)を確認。
念の為、船着き場にいた係のお兄さんにも「夕日を見たいです」と話しかけると、「あと30分くらいかな?」と、今度は英語で答えてくれた。

▼船着き場 この手前の柵のところに並ぶみたい
IMG_9594.jpg

▼船着き場の近くは小さな広場になっていて、LOVEのオブジェがある。
みんな交代で写真を撮っていた。
IMG_9589.jpg

▼不思議な木 藤の花のような形の黄色い花が咲いている!
IMG_9598.jpg

▼いよいよ日が傾いてきたので、並んで一番に乗船♪
IMG_9601.jpg

▼船の中はこんな感じ 前半分部分 アナウンスは中国語(台湾語)
IMG_9603.jpg

▼おっ いい感じの空の色になってきたぞ
IMG_9607.jpg

▼橋の下に照明がつき、川岸の建物もライトアップされてきた
IMG_9614.jpg

▼当日は「なんじゃあれは」だったビル 後日調べたら「海洋文化及流行音楽中心」とのこと
IMG_9631.jpg

▼頭が龍で身体が魚?後日調べたら「鰲躍龍翔主燈」とのこと
IMG_9647.jpg

▼川面に夜景が写り込んで実に綺麗!
IMG_9650.jpg

夕暮れ時から夕日(太陽じたいは見えない)を経て夜景まで、実に良いタイミングで乗船できて大満足(ホクホク)。

事前情報では、愛河は水がクサイという話もあったが、暑い日だったのに全然気にならなかったし、川風が気持ちよくて、とっても良いクルーズだった。これはおすすめだ~。


●有名な六合夜市で台湾B級グルメ


さてお次、台湾の夜といえば「夜市」でしょう!
台湾のB級グルメが押すな押すなの大盛況、ちょっとした街にはかならずあるという夜市。
でもちゃんと食べ物を選ばないとお腹を壊すこともあるという夜市(^^;

すでにUberのトリコとなっているオラ達、またもUberアプリで乗車。
高雄国賓飯店付近から六合夜市まで90元(約315円)。

この頃になると暑さも和らぎ、暑さで体力を削がれることもなくなってるんだけど、まぁ便利なのだからしょうがない・・・。

▼六合夜市 雰囲気あるー!
IMG_9656.jpg

▼台湾名物、胡椒餅(肉まんパイみたいな?)
まだ夜市に到着したばかりで写真だけ撮って食べ逃がす(>_<)
IMG_9660.jpg

▼サトウキビの絞り汁ジュース屋さん たくさんある。
IMG_9663.jpg

▼「白玉甘蔗汁」って、オラの好きな白玉餅入り!?と思いきや、そうではないらしい(笑)
看板に「国寶級」とあるのが自慢げで良い。が、ここでも飲まず・・・
IMG_9667.jpg

実は台湾に出発する前に、海外の観光地でサトウキビを買って食べた人が中毒死するというテレビを見て、怖くなったのだ💧
表面だけじゃなくて芯まで赤カビみたいなのが生えていたら危険、という内容で、まぁ大丈夫だろうと思いつつ、ちょっとコワイ・・・ってことで、飲むのをやめてしまった。

今思えば、もっと衛生的にヤバそうなジュースなども飲んでしまったので、お腹をこわす危険性もあったと思うんだけど、結局大丈夫だったんだもんなぁ。きっとサトウキビだって大丈夫だったに違いない。

▼魚のスープというか鍋物のようなものを売る店
IMG_9672.jpg

好きな魚と野菜や麺などの具を頼むとスープで煮てくれる、こういう店がけっこうある。
高雄は海の街だし「野生石斑魚」というと「クエ」という高級魚らしいし、目の前で火を通して煮てくれるんだから安全だし、食べてみればよかった。

かなり広い夜市のメイン部分を一周して、それぞれ食べたい案を出し合う。


▼まずはたこ焼き!章魚焼 日本大阪超人氣美食 なるほど!
IMG_9679.jpg

▼小さなタコがまるごと入っていて、大粒!だから焼くのに時間がかかる
IMG_9681.jpg


▼手際よく焼いていく・・・なかなか強烈な見た目
IMG_9676.jpg

▼オラはやっぱり台湾フルーツが欠かせない!
・・・切る時の包丁とかまな板がヤバいとお腹に来るという噂も。大丈夫だったけど!
IMG_9684.jpg

▼シャシャップ、ローズアップル、グァバなどなど キウイは台湾産じゃないと言っていた
IMG_9687.jpg

▼檸檬愛玉冰(レモンおうぎょうちー?)やさん。粉圓冰って何?と思いきや、タピオカかき氷だそう。
愛玉子というフルーツ?は、種を水で揉むともう凝固するほどゼリー質が多いらしく、寒天とかを使わないでゼリーになるんだとさ。たぶん、カウンターの上に載っている赤っぽいドルンとした塊は、愛玉子のゼリーじゃないかな?切ってレモン水に入れて食べる。
IMG_9689.jpg

▼大板栗と書いてあるが、天津甘栗みたいなやつ
IMG_9674.jpg

▼戦利品 台湾パイナップル、カスタードアップル(釈迦頭)、たこ焼き、檸檬愛玉冰、袋の中身は天津甘栗
IMG_9691.jpg

ちょっと疲れていたのと、そんなにお腹が減っていなかったので、夜市満喫!というほどには買えなかったのが残念。

台湾パイナップルは、極上!最高!甘みも酸味も濃厚~!
カスタードアップルは、甘酸っぱくてクリーミーで美味。最高とは言わないけど、南国でしか食べられないので、食べておいたほうがいいかな、という感じ(笑)。

檸檬愛玉冰は、愛玉子でできたゼリー質が葛切りみたいにたっぷり入っていて、濃いめのレモンジュースに浸っていて、トゥルントゥルンして美味しい!20元(70円位)でこの小さいカップ入り。

たこ焼きは、ソース味にしてもらった。生地が柔らかくてちょっと油っこいけど、美味しい。タコはプリプリして食べごたえがあった。


●台湾シャンプーでツヤピカに


・・・さて、今日は盛りだくさんであったなぁ・・・。
駅できっぷ回収、龍虎塔、旗津半島、愛之船、六合夜市。
だが、オラの計画ではさらに先があった!

前回の友人との台湾ツアーで衝撃を受けた、台湾シャンプーをまた施術してほしいのだ!
椅子に座ったまま、乾いた髪にいきなりシャンプー液を垂らしてモッコモコに泡立てて洗ってくれる、アレだ。

とにかく完膚無きまで頭皮を泡立てかき混ぜマッサージし、ツヤっツヤにブローしてくれて、700円~3000円。
ちょっと前まで、台湾の人は、あまり家で頭を洗わず、美容院でシャンプーするのが普通だったらしい。昭和の日本も、そんな風習があったではないか・・・で、そういう昔ながらの台湾シャンプーは700円弱くらい。最近のナウなヤングなハイセンスな(死語)美容院でシャンプートリートメントブローをすると3000円くらいまで。

オラが求めているのは、昔ながらのシャンプーだ。
オラもムスメも髪が長いので、旅に疲れた身体でホテルに帰り、順番でシャンプーして乾かすというのが・・・実はホントにめんどくさい。多少のお金をかけて、超気持ちよく洗ってもらい、ツヤピカになり、ホテルでは身体を洗うだけで済むというのは、大メリットなのだ。
※だから髪の短い相棒は台湾シャンプーにはあまり興味がなく、一度でいいや・・と言っていた。

オラの台湾シャンプーにかける情熱はハンパない。
台湾滞在中に立ち寄る街は、全て虱潰しに、日本人の旅行記から台湾の美容サイト、そしてGoogle Mapsに表示されるレビューまでくまなく調査し、価格と評判と立地と営業時間が合致して、シャンプーを受けられそうな店は調査済みだった。

高雄の街でオラが目をつけていた数軒のうち、六合夜市とホテルから行くに都合がいいのは、Air美髪沙龍というお店だった。
夜もほどよく遅くまでやっている。価格は280元(1000円位)くらいだったかな(ウロ覚え)。

閉店まで1時間というところで駆け込むと、お互い英語が不自由なりにシャンプーだということは伝わり、男性2名と女性1名がオラ達3人を担当してくれた。

閉店が近いこともあり、ちょっとショートバージョンだった気がするが、マッサージからモコモコのシャンプーまで大満足!
最後のブローも丁寧にやってくれた。
滞在中、オラとムスメは何度か台湾シャンプーに行ってきたが、ムスメはこのお店の担当さんが一番よかった!と言っていた。

▼オラの強い勧めにより台湾シャンプーを体験中の二人。
もちろんオラも洗ってもらうので、ここから先の写真はナシ。
観光慣れした台湾シャンプー屋さんだと、モコモコ泡の写真を撮らせてくれたりする。
IMG_9693.jpg

一日中すごい暑さで、汗が乾いて塩をふいてるんじゃないかってくらいの髪はすっかりツヤピカになったし、マッサージでリラックスして、一日の疲れがほどよく感じられる・・・


●ホテルの無料軽食で手作り豆花を発見♪


もう、ホテルに帰って寝るだけだ・・・と思うだろうが、まだあるのだ。
ホテルに帰ったら、無料の夕食がついているので、それも味わおうという魂胆(笑)

夜市ではほどほどしか食べなかったし、シャンプー中にお腹がこなれたので、軽くいただけるくらいにはなっている。
欲望のカタマリとなって、「康橋商旅站前雄中館(カインドネスホテル・高雄駅前・シオンチョン館)」に戻る。

何度も書いた気がするが(笑)3人で1泊8,000円、朝食・夕食(軽食)付き・24時間ドリンク&アイス付き。
ホテル予約サイトのセールで格安だったのはあるけど、このおトク感はすごい・・・。

▼ホコホコの肉まん
IMG_9696.jpg

▼台湾料理の炒めもの・茶葉煮卵・具だくさんスープ
IMG_9697.jpg

▼スナック類
IMG_9698.jpg

▼冷やし中華のような冷麺
IMG_9699.jpg

▼豆花(トウファ)だーーー!!オラの大好物!!めっちゃ美味しい!!!
豆乳ゼリー的なのに、水飴とあずきあんをかけて食べる。最高~ これだけで100点!
IMG_9701.jpg

▼手作りの伝統的な豆花だって❤毎日もうこれだけでいいくらい愛してる。
IMG_9703.jpg

豆花がビュッフェ台じゃないエリアにあったので、気づくのが遅くてあまり量を食べられなかったのだけど、最初に気づいたのなら、豆花だけで満腹になるくらい食べたかったなぁ・・・(笑)。

大満足で部屋に戻って、最後の最後、天津甘栗を。
もう、お腹いっぱい贅沢しすぎなんだけど、旅だもん、いいんだもん。

▼大板栗、やっぱり天津甘栗に見える(笑)
IMG_9706.jpg

▼なかなか大粒で、食べごたえもあるし、甘くてポクポクして美味しい~♪あたりだ!
※オラより手の大きい女性と今まで出会ったことがない、そのくらい大きな手だと思ってご覧あれ。
IMG_9707.jpg

栗を食べたり、テレビを見たりしながら、順番でシャワーを(身体だけ)浴びて・・・もう、3人共ウトウトだ。
今日は、計画通りうまくいきすぎくらいの一日だった!明日も良い一日になりますように・・・♪♪

海外旅日記の一覧はコチラ
台湾旅日記の一覧はコチラ
台湾旅2019のおおまかな地図はコチラ
オラ作、手書きの台湾行程表はコチラ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント