バラゾウムシ許すまじ(クロケシツブチョッキリ)

4月、バラの蕾が膨らんできたのを、楽しみに楽しみに眺める季節。 この頃に必ず現れる虫が「バラゾウムシ」こと「クロケシツブチョッキリ」。 バラ好きの間では超有名・超嫌われ者。 オラだって、できるだけフェアな目を持ちたいので、ヤツらに悪気はないのはわかる。 主食を食べ、産卵し、子孫繁栄に邁進しているだけなのはわかる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スタレビ30年30曲ツアー ファイナルでした(長文)

昨年の震災直前、2011年2月27日から始まった、スターダストレビューのツアー、 CRYSTAL GEYSER presents STARDUST REVUE 30th Anniversary Tour 「30年30曲(リクエスト付)」ツアー が、ファイナルを迎えた。 今回は1年2ヶ月に及ぶロングツアー。 東京近郊はつい各地…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

グレープフルーツのせんべい切り(薄切り)オススメ♪

柑橘が好きで好きでたまらないオラ。 柑橘への愛を語った記事は →こちら グレープフルーツやオレンジなど、さのう(薄皮)がやわらかくもろい柑橘は、 薄切りにして食べると、子供も楽々と食べられて、オススメ♪ たてに4ツ切りにして、それから横方向に、薄さ1センチ弱に切る。 まるでせんべいのごとく、かじってパク…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

山形・平清水焼 陶芸に挑戦

先日の山形滞在で、平清水焼を楽しんできた。 山形ママンとオラが行ったのは、七右ェ門窯。 いくつかある平清水焼の窯の中でも、ママンもオラもこちらの窯の係累の方とご縁があり、 また、販売している器が手ごろで使いやすく、窯のみなさんも気持ちの良い人ばかりで、 ついつい、平清水焼といえば七右ェ門窯、ということになってしまう。 …
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

入学後、最初の保護者会で、役員決めを。

今日は小学校の保護者会があった。 入学後最初の保護者会ということで、「役員決め」があるという。 ウチの小学校は、卒業までの6年間で、誰もが必ず一回は役員を担当するのだそう。 逃れられない運命ならば、できるだけライトな運命を受け入れたいではないか。 事前に先輩ママさん達から情報収集したところによると、予想どおり、 高学年…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

3月末、オラの誕生日、山形滞在記。写真あり・長文御免。

山形滞在記、というわりに、話はずいぶんさかのぼる。 オラの大好きなスターダストレビューというバンドは、 日本全国の小さいホールまで網羅して、大ロングツアーをしてくれる。 ツアーが始まって、めぼしい近郊のチケットを予約しても、気を抜いてはいけない。 ツアースケジュールにはギリギリまで「and more...」と書いてあり、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山形ママンの作品、ついに日の目を見る

ムスメが保育園に入園するとき、山形ママンには、シーツだの袋物だのを縫ってもらい、 非常にお世話になったものだ。 あれから6年、ムスメは目を見張るほどに成長したが、オラは残念ながら成長せず、 今回も、縫い物系は全部山形ママンのお世話になったのだった。 山形ママンのスバラシイ作品、小学校用袋物はこちら。 さて、6年前の…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

入学しました!

すでに日付が変わり「昨日」になってしまったが、感覚的には今日ってことで・・・ 今日は、ムスメの入学式だった。 野の花と桜が咲き、沈丁花の香り漂う、春の佳き日。 すでに毎日、小学校内の学童保育に通っているとはいえ、 「入学式」となると心構えが違う。 朝からニコニコと笑顔で、一張羅を着込み、三つ編みパーマをなびかせて、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

画伯の語録~入学直前~

卒園の前は、保育園でさまざまな「思い出作り行事」を企画してもらい、 ムスメは新鮮な体験をたくさんすることができた。 その中でも「卒園遠足」で多摩動物公園に行ったのは、 とても良い思い出となったようだ。 ★画伯、動物園に行く キリン、うさぎ、ぞう、ライオン、サルが描かれている。 どのひとも、ごはんタイムのようで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

学童生活スタート

4月2日から、ムスメが学童保育に通い始めた。 保育園の卒園式後は、ランドセル組さんとして保育園に3月いっぱい通い、 4月になったら、入学式前なのに小学校の敷地にある学童保育に通う。 「式典」の意味とか、「心も新たに」とか、そういうのがイマイチ感じられないが、 フェイドアウト・フェイドインとして、子供の心には優しい仕組みか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more