オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 砂糖(糖類)・うま味調味料不使用!甘くないキムチ、いなげやで発見!

<<   作成日時 : 2017/04/25 20:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

最初に結論を書いてしまおう。

甘くないキムチ好きの方に朗報♡

スーパーマーケットのいなげやのPB、SELECT食卓応援シリーズの「熟成手作りキムチ」は、糖類・うま味調味料が使われておらず、変な甘みが全然ないことが判明!!!
※昆布エキスのみ使用あり。

しっかりと乳酸菌発酵しているので、日が経つにつれてキューンと酸っぱくなり、まさにこれこれ!これが食べたかったのよ!と頷くこと請け合い!!

★いなげやSELECT食卓応援 熟成手作りキムチ
画像


★原材料名をアップで(2017年4月現在)
画像


★中身はこんな感じ。カットされている。
画像



なんでこんなに興奮しているかというと、アンチ甘いキムチ派のオラが、近年初めて「これぞ!」と思ったからなのだ。

もう何年も各スーパーのキムチ売り場に立ち尽くし、原材料名を熟読し(ほぼ変人)、見かけないパッケージがあれば必ず手にとっては納得行くものが全く見つからない・・・とイライラ。
そんなある日、ふといなげやで見つけたこの地味なパッケージを手に取り、諦め半分で原材料名を見て、

「ん?んん?んんんん??え〜〜〜っ???」と、叫びそうに。

平静を装い、弾むココロをおさえて帰し、味見してみたところ、

「これよこれ!!!これが食べたかったのよ!!!」と乱舞♪

しかしまだまだ、オラにとっては漬かりが浅い。
1週間以上おいて、熟成された頃に・・・と本日味見をしてみて、また乱舞♪♪

「これよこれ!!!この酸味!!!いい感じになってる!!」

この数年間、まだこれなら許せるというのは「韓国農協白菜キムチ」だった。
これも、わずかに甘みを感じるけれど、他のものに比べたら断然甘くない・・・けど、まだちょっと不満が残る。

また、上野だか御徒町の「カラミノフーズ」で、国産の甘くない・うま味調味料の入っていないキムチを取り寄せられたのだが、もう何年も通販を見かけなくなってしまい、手に入る望みもなくなってしまった。

でも、この「いなげやSELECT食卓応援 熟成手作りキムチ」は、オラにとって非常に大満足の味!
甘くないキムチをお求めの方は、ぜひお試しあれ。

・・・こんなふうにエラソーに語っているが、オラは飛行機の乗り継ぎでしか韓国に踏み入れたことはなく、本場の味なんて知らないのだ。

でもね、最近、自画自賛的によく思うのが、

オラが素直に「美味しい!」と感じるものは、たいがい、ちゃんと作られたものだ。
ということがわかってきたのだ。

他の人が「美味しい!」と言っていても、オラが食べて「そうかな?」と思うものは、・・・・・・・ということが多い。

好みの問題もあるので、オラの舌が絶対ではないと思うけれど、パターンとしてそんなことが多いから、近年オラは自信を持つことにした。

だから、きっとこのキムチは、とっても良いものだと思いますぞ。

※いなげやのホームページによると、
“完全手作業で作り上げた「ポギキムチ(白菜に一枚一枚薬味を塗り込みました)」です。”
とあるので、きっと一生懸命作ってくれているのであるまいか。

ここまで書いておいてナンだけど、隣国(韓国産・中国産)のものは本当に大丈夫なのか??と疑いをいだき、キムチですら国産品を求めていた。でも、うん、もう、キムチはコレで良いように思う。


*******

オラがキムチを初めて食べたのは、成人してからのこと。
全く子供時代には馴染みのない味だったが、慣れるに従い大好きになり、切らさず冷蔵庫に入っているくらいになった。

ところが数年前、あるキムチを食べた時に「うげっ!なにこれ!気持ち悪い味!」と、作ってくれた人には甚だ失礼ながら、食べきれずに処分してしまったことがあった。

どうもそれが、日本独特の「甘いキムチ」だったみたいなのだ。
砂糖やぶどう糖果糖液糖などの糖類が添加されたキムチ・・・。

たぶん、それまでも多少は添加されていたんだと思う。
うま味調味料(アミノ酸)が入っているのは認識していたけれど、まぁそんなもんだろうと目をつぶっていた。

が、シャキシャキ辛くて旨くて、日が経つにつれキューンと酸っぱくなってくるはずのキムチが、いつまで経っても、どうにもこうにも甘いのだ。

どうしたものかと思っている数年の間に、あれよあれよと、市販のキムチはもう甘いものしかなくなってきた。

原材料名の記載を見ると、主たる野菜の次にくる「漬け原材料」(調味料や香味野菜)のところで、1番に「ぶどう糖果糖液糖」や「還元水飴」が来るものが増えてきたのだ。

唐辛子より、食塩より、糖分の方が先に来ているものが多くなった・・・。

※使用量が多いもの順で書いてあるはずなので、先に来る=使用量が多いもの、のはずだ。

なんだかなあ。もう、オラの好みなんて屁みたいなもんで、時代遅れなのかもなあ。

忸怩たる思いを抱えながら、原材料名を見て諦めつつも色んなメーカーのキムチにトライしては「・・・・」と思い、例の韓国農協キムチに戻ってきていた。

あげく、来月某所で行われる「韓国出身の方からキムチの漬け方を習う会」への参加申し込みをしようかと思ったのだが、我が家には漬け樽を置く場所もなければ、ニオイをふせぐ術もない・・・。

と思っていた矢先の、いなげやさんのキムチであった。
願わくは、できるかぎり甘さに毒されることなく、今の良質な路線を永遠に貫き通してほしいと心底思う。
いなげやさん。いえ、いなげや様。よろしくお願いいたします!!!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
砂糖(糖類)・うま味調味料不使用!甘くないキムチ、いなげやで発見!  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる