オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 自作の防寒二重窓をつけました

<<   作成日時 : 2013/12/19 00:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

築40余年の家屋は、寒い。本当に寒い。

山形は、外は寒いが、家屋がしっかりしていれば、部屋の中はぬくぬくである。
家屋が違うと、東京でもこんなにおっそろしく寒いとは・・・。

オラのパソコンは、掃出窓(背の高さほどで、床からの窓)の真ん前にある。
窓のカーテンとパソコンのモニターが触れ合っているほど、近いのだ。

その寒さたるや、足元につねに冷風のそよ風が吹き、脚はしびれるほど冷たいし、
全身から放射冷却してるというか、赤外線が奪われている感じで、
体温がぐんぐん下がっていく感じ。
寒さにかなり強い方のオラですら、いてもたってもいられなくなるほど。

数年我慢していたけれど、もう、本当に我慢ができなくなり、
ふと「プラダン(プラスチックダンボール)で、二重窓が出来るのでは?
窓レールみたいなのをつければ、開閉可能になるのでは」
と思いつき、ネットで調べてみると・・・

オラのような凡人が考えることは、すでに多くの先駆者が実践済み!
とりあえず、オラでもできそうな方法で、真似することができた。

1)窓の幅サイズを測る。(高さはおおよそでOK。レールをつけてから正確に測る)

2)窓の幅に合わせて、プラスチックレール(レール幅5mm)を買う。
 ※上用レールと下用レールがあるので、注意。
 ホームセンターのカットサービスを利用すれば、自分で切らずに済む。
 レールが短かければ2本つないで使う。

3)窓枠とレールの素材に適した強力両面テープも買う。

4)上用と下用を間違えないよう、アルミサッシ窓の動きを邪魔しない位置に、
 レールを両面テープで貼り付ける。

5)そのレール内にプラダンを収められるよう高さを測る。正確に!!
 プラダンの高さが足りなすぎれば、レールから外れてしまうし、
 高すぎれば、レール内に入らなくなってしまう。

6)↑で測った高さ×(窓の幅÷2+5センチ弱)より大きいプラダンを買う。
 ウチなら、幅162センチの窓なので、81センチ+5センチで、86センチ幅。
 引き違いで2枚必要になる。
 小さい窓なら、大きなプラダンを1枚買って2枚分カットした方がおトク。
 高価だけど透明度が高く丈夫なポリカーボネイト製「ポリカプラダン」がオススメ。
 レールにはめられるよう、4mm厚さのを選ぶ。
 (ほかに2mm、6mmがあるらしい)

※追記 
 オラが買ったのは180×90cmくらいのポリカプラダン・透明、1枚2,200円くらい。
 1枚1,000円そこそこのもあるらしいが、ネット情報では、あまり丈夫でない様子。

7)ホームセンターのカットサービスで、ちょうどいいサイズにカットしてもらう。
 自分でカットするのに自信がなかったら、もうプロに任せるのが間違いない!
 作業もぐんとはかどるし、せいぜい100〜200円くらいだと思う。

8)自宅に持ち帰ったポリカプラダンは、断面から入ったゴミを掃除機で吸う。
 裏表に貼ってある、透明の保護シートを全部剥がす。静電気ビリビリ・・・。

9)それ以上ゴミが入らないよう、上下の断面を透明ガムテープでふさぐ。

10)レールにポリカプラダンをはめて、できあがり。


さすがに高さのある窓だと、ポリカプラダンでも「たわみ」が出て、
中央の重なり部分に少し隙間が出来てしまう。

たわみ防止のアルミフレームをつけたり、重なり部分にマグネットをつけて寄せたり
するといいらしいので、オラはマグネットを付ける予定。
それまでは、中央部を養生テープで仮止めして、隙間をなくしているところ。

★完成図!
画像


要約すれば、サイズをしっかり測り、レールとプラダンを買って、プロにカットしてもらい、
自分でレールを両面テープで貼って、ゴミ防止テープを貼ったプラダンをはめこむだけ。

体感温度が全然違うのに感激!!
これはスゴイ。

窓から降りてくる強烈な冷気の風は、
ふだんを10とすると、今は1もないくらい。ほとんどゼロ。

今日は関東も雪予報で、相当冷え込んでいて、
いつもならこんな日は、ストーブの火を全開にして、サーキュレーターを回し、
フリースを着て、ひざ掛けをかけて、ようやく我慢できるくらいの寒さ。

けれど、0時を過ぎた深夜でも、ストーブは半開でサーキュレーターを回し、
フリースなし・ひざ掛けなしで、ひざが少し冷えるくらいで我慢の範囲内。

これなら、夜のパソコン仕事もつらくない。今までがウソみたいにつらくない。

透明度が高いので、部屋が暗くならないし、外もぼんやりと見える。
多少カッコ悪いかもしれないけれど、手作りにしては、まあ、悪くない。
暖かい季節は、引き違い戸をあけて、窓を開ければ換気も十分できる。
冷房を入れるなら、内窓も閉めれば、冷房効率が良さそうだ。


両面テープでつけなければならないので、それに抵抗がある人はダメかも・・・

6000円くらいの出費で、これだけ快適になるなら大満足!だった。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おおお!感動!きれいだねえ。これを手作りで…
たろ
2013/12/23 23:31
たろさん ありがとうーーー!
手作りというか、苦心したのはサイズを正確に測るところと、両面テープでゆがみなくレールを貼るところ。だけ。だけ。あは。霊験あらたかな効き目でね、古い家屋には必須だわー。
はいむ
2013/12/26 15:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
自作の防寒二重窓をつけました  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる