オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS ムスメと読書、続き。絵本は買う主義?!

<<   作成日時 : 2013/11/13 11:04   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

昨夜、ムスメと読書についてUPしたら、意外といろんなRESをいただいて
(ブログのコメントではなく、SNSやメールなどで。)
心強く思ったり、感激したり。

なので、もうちょっと絵本についてツラツラ書いてみようと思う。

オラは、保育士だった頃から、大好きな絵本がたくさんあった。
子どもができたら読んでやろうと思っていた本もたくさん。

それで買い集めた絵本もあるけれど、意外と絵本って、選ぶのが大変なのだ。

どうしても、絵の好みとか、知ってる作者つながりとか、親の目って偏りやすい。
ストーリーも、一見浅い感じでも、何度も読むうち、深さに気づくものとか、
一見感動ストーリーでも、何度も読むうち、違和感を感じるものとか・・・

時間をかけてじっくり本屋で絵本選びをしてあげたい気持ちはあるが、
本屋の蔵書も偏りがあったり、商業的に成功している絵本がほとんどだったり。

そして、意外と絵本は高い(笑)。
おいそれと次々は買えないし、置く場所も限られている。

そこで図書館で絵本を借りてきては読み聞かせることも多い。

・・・で、「絵本は買う主義」だけれど、

オラは、「童話館ぶっくくらぶ」というのに入会していて、月に1冊、
ぶっくくらぶの人が長年の経験と熟達した目で厳選してくれた、
古今東西の良い絵本が届くことになっている。

※追記 たしか本当は月に2冊ずつだった。継続して1年を過ぎたら、
1冊ずつにしてOKといわれたはず。
お稽古事が増えたので、あとでお願いして1冊ずつにしたんだった。

ぶっくくらぶはコチラ
http://www.douwakan.co.jp/bookclub

この「良い絵本」は、
たまに見かける、有名なオハナシがサイズも装丁も揃って全集になっているものとは違い、

最初から「絵本」として出版された、原版のままのものが届く。
装丁も、絵も、作り手の思いがこもったままのオリジナル版、というのが気に入っている。

それだけに、届いた本は大きさも厚さも高さもまちまちで、整理するのが大変。
しかし、オリジナル版には、本物だけが持つ魅力が、絶対にある!と確信しているので、
これでいいのだ。


で、この「ぶっくくらぶ」で届いた絵本は、親子それぞれの好みに合ったり合わなかったり、
届いたその日から繰り返し繰り返し、擦り切れるほど読まれる絵本もあり、
すぐは意味がわからず、一度読んだきり、放置されてしまうものもある。


絵本たちは、ムスメの本棚に置かれ、ヒマを見ては手に取られ、
夜は読み聞かせに登場し、1歳の時に届いた絵本も、8歳の今届いた絵本も、
ごちゃまぜになって、それぞれじっと出番を待っている。

・・・放置されていた絵本や、意味がわからなかった絵本も、あとで読んでみると、
じんわり面白くなってきたり、出番が急に増えたりする。

最初から食い入るように読んで、しばらく忘れていた本も、
大きくなってから読むと、違う意味を発見し、また出番が増えたりする。


そんなわけで・・・図書館で借りてきて読むのと、
自宅に置いて、なんとなく目に触れ、手に触れ、年月を経て何度も読むのとでは、
受け止め方が、きっと違ってくるんだろうな。

そんなふうに思い、「絵本・本は買う主義」・・・・・・・・を貫きたいところだが、

いかんせん、経済的にも、置く場所的にも、野放図に買いまくるわけにはいかないので、

今は「ぶっくくらぶ」の配本を中心に、良さそうな絵本は本屋やAmazonで買い足し、
ぶっくくらぶで1巻だけ配本されたものは、続きを買い足し、
図書館でもいろいろ借りてみて、これは!と思ったものは買い直したりして、

ムスメの本棚は、いつも本満載、ということになっている。

本、大好き!ムスメもオラも、シアワセだなーと思うのだー。

ムスメの本棚の一部。ごちゃまぜ!だけど、それでいいと思ってる。
画像




※童話館ぶっくくらぶは、本当にオススメ。
知らなかった絵本が次々と届き、どれも、どこか琴線に触れる味わいがある。
有名な絵本も届くし、童話館で再版にこぎつけた古い絵本もある。
翌月の配本予定も同封されるので、
既に持っているものは手続きすれば違うものを送ってもらえるし。
同封されている童話館の通信誌(小冊子)も、絵本や読書に関して、
常に意識を、おおもとに立ち返る気持ちにさせてくれて、ありがたい。
事情が許すのであれば、ぶっくくらぶへの入会をゼヒオススメします。
祖父母が孫のために入会し、毎月のプレゼントにする例も多いとのこと!いいなあ。

※追記 童話館ぶっくくらぶでは、シリーズ物の1巻だけが届くことがある。
続きの2巻が翌月に送られてくることはない。
それがまた気に入っているところで、この世にあまたあるシリーズの1巻で
その世界観を知ってもらおう、気に入ったら続きは自分でね、というのがイイ。
知らない世界を次々に教えてもらえるのが、自動配本の魅力なのだから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ムスメと読書、続き。絵本は買う主義?!  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる