オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS ベンリナー(野菜スライサー)買い替えました

<<   作成日時 : 2012/03/30 07:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

野菜スライサーの「ベンリナー」を初めて見かけたのは20歳そこそこの時だった。
オリロー避難はしご、ケロリン鎮痛薬にも通じるネーミングセンス・・・
(まがりなりにもキャッチコピーなどを書く仕事をして改めて感じるそのセンスの秀逸さ)

画像


24歳のときに一度目の結婚をして、自分の台所を持ったときに早速購入。
以来、紆余曲折あったものの(笑)ずっと手元で活躍してくれていた。

ベンリナーは、スライスするだけじゃなく、千切りができる。
スライス部分に櫛刃をつけて、千切りをするのだが、

細目、中目、粗目の3種類の櫛刃を、千切りの太さに合わせてねじで留めて使う。

画像


「それでは、千切りの太さは変えられても、スライスの厚みが変わらないから、
 たてよこの幅が違うスライスになってしまうんじゃないの?」

と、普通なら思う。

ベンリナーのすごいところは、スライサー本体の裏にねじがついていて、
野菜の滑走路(?)を上下させ、スライスの厚みを変えられるのだ。

画像


だから、出来上がった千切りは、拍子木切り、大根サラダ位、刺身のつま位の三種類、
どれもきちんと縦横の揃った太さにできるし、
お好みで、幅広く厚みのないペナペナした短冊切りだってできる。

画像


洗うときは、野菜の滑走路をパカパカして、隙間に詰まった野菜も取れるし、
櫛刃はもちろん取り外し可能で、思う存分、洗えるのだ。

さらに、メインのスライス刃もねじ止めされているので、
切れ味が鈍くなったら、外して磨いで、使い続けることが出来る。

全ての部品はバラで購入できるので、部品をなくしても安心である。

切れ味は最高で、うっかり手など切ろうもんなら大変なことになる!!
でも、「安全器」なる滑り止めがついているので、
野菜が小さくなってきたら、それをつければかなり安定する。

水を張ったボウルの上にベンリナーを置いて、大根を千切りにすれば、
大好きな大根サラダが山のようにできる。
(切った直後に水に放すと、大根が辛くならない)

玉ねぎは、粗目の櫛刃をつけ、厚めに刃を設定すれば、
みじん切りがあっという間に。
櫛刃をつけなければ、好きな厚さのオニオンスライスができる。

ベンリナーは受け皿がついていないので、ボウルや鍋に直接のせて使う。

スライスするときに力がかかるので、シンクの中にボウル・鍋を置いてベンリナーをのせ、
ベンリナーの末端をシンクのアチラ側の内壁に当て、力をかけてたときズレないようにする。

そんなわけで5分とかからずこんな山のような大根サラダができたというわけ。

画像



サテ、この便利で頑丈で、実は世界的にも有名らしい「元祖スライサー」を、
ナゼ、買い換えたのか。

不肖のオラ、長年の使用のあいだに、まず安全器をどこかにやってしまった。

安全器がないと、きゅうりは斜めに長く持って千切りできるが、
大根やにんじんは手を切るのが怖くて全然千切りできなくなってしまう。

さらに、櫛刃の細目と粗目を、一度にどこかにやってしまった。
(たぶん、2歳頃のムスメが手を切らないよう、しまいこみすぎて場所を忘れた)

安全器も櫛刃も、本当にしつこく、大掃除のときも探したのだが、全然出てこない。

さらにメインの刃も磨いで使っていたものの、そろそろ買い換えたくなってきた。

・・・で、部品購入しようと思ったところ、送料を含めると、楽天の安売り店で新品を買うのと
価格が変わらなくなってしまった。

まあ18年も使ったし、そろそろ良いのではないか・・・と、新品で購入したのだった。

画像


しかし、購入してみると、旧型は各調整ねじが金属製だったのに、
新型はプラスチックになり、いまいち剛性感がない。
さらに、色合いが・・・(^^; 
気分を変えてもよいかと、昔は無かった緑を選んだものの、どうも色合いが気に入らず、
アイボリーにすればよかった・・・いやいや、価格が同じでも部品購入でよかった・・・
と後悔した次第。全く、エコじゃないなあ、オラ。(反省)

18年使っても、まだまだ本体はどこもびくともしていないので、
新しい方から刃を外して、古いほうに付け替えて使おうかな〜と思っているところだ。

そういえば「スーパーベンリナー」なる、幅広タイプも出ている。
こちらはプロ用とのことで高価だけど、ねじが金属製とのこと。

・・・国際的にも評価が高く、海外のシェフも愛用!とか誇らしげに書いてあるのに、
どーしてねじをプラスチック製にしちゃったのかなあ・・・
もちろん使えないわけじゃないんだけど、安定感が犠牲になっているのになあ。

と、そんな疑問をもちつつも、送料まで含めて最安値(2012年3月現在)の
お店へのリンクを貼っておこうと思う(笑)。Amazonなどと比較しても、この2軒が安かった。
そういえばオラは、キッチンダイレクトをなにかと愛用しているな〜と気づいた次第。


万能野菜調理器 ベンリナー 交換刃3種類付
キッチンダイレクト 楽天市場店
プロのコックさんからご家庭の奥様まで 野菜の下ごしらえが手早く、簡単に、美しくできます。 刃物は、特

  
【ベンリナー】 万能野菜調理器ベンリナー jk_h
明治33年創業 本気の切味 實光包丁
仕様・規格 ●サイズ:270×92×H12 ●厚み調節:約0.5?3mm 平刃、クシ刃(細目、中目、



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
これ、いいねえ!
とんかつ屋のふわふわキャベツ、きっとこれだわ。
たろ
2012/03/30 09:59
我が家にもあります!!うちの母が愛用。確かに安全器がないとかなりキケンで、めんどくさがりやの母は何度かつけずに自分の手を削ってます(T_T)
ところで、遅ればせながらぷくたん、ご卒園・ご入学おめでとう。小学校かぁ、いいなぁ。
ぷるぷる杏仁
2012/03/30 22:09
◎たろさん そう!キャベツもね、千切り具合が自由自在なの!!
でも・・・当初はキャベツもこれで千切りしていたんだけど、最近、キャベツだけは別の道具で千切りにしているの。ナゼかというと、キャベツはデカくて重たいので、往復運動が疲れるのよ〜!
そのうち、キャベツを楽々とふわふわ千切りできる道具をご紹介しますね。って、だから道具だらけになるんだわ、ウチ。
あ、明日山形に帰ります☆午後、平清水に焼き物に行く予定。一泊でとんぼ返りですが、山形を楽しみますよ〜。
はいむ
2012/03/31 01:11
◎ぷるぷる杏仁さん わーい、お揃いご愛用の方がいた♪と思ったら・・・そう、手を削るとすごいのよね。ほんとにスパッと気持ちいいくらい行くのよね・・・。オラ、手を削るのが一番の恐怖なので、めちゃめちゃ用心深い(小心者ともいう)んです。
ありがとうございます、おかげさまで卒園・入学です。小学生がなつかしい・・・でしょう?なんだか親子ともども、楽しみだけど緊張、といったところです。
たろさんにも書きましたが、明日から私単身で帰省します。ふふ。山形を楽しもうっと☆
はいむ
2012/03/31 01:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ベンリナー(野菜スライサー)買い替えました  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる