オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 山形の「だし」を3分で作る法(フードプロセッサー使用)

<<   作成日時 : 2011/08/05 23:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

ここ数年、山形の「だし」が普及しはじめている。

「だし」とは、夏野菜や香味野菜を細かく刻んで、
ねばりの強いチップ状の納豆昆布と混ぜ、しょうゆを加えたもの。
キュウリ、ナスを主として、ネギ、ミョウガ、青シソなどが香りを添える。

納豆昆布の旨みと、夏野菜の旨み、香り。
・・・見た目はなんというか、まあ、ひどいのだけど、味はやみつき間違いなし。

東京近郊のスーパーでも、すでに出来上がったパック詰めの「山形のだし」を、
納豆売り場か漬物売り場あたりで手に入れることができる。

しかし、オラにとってはイマイチ、漬物っぽい味というか、やや人工的な味というか?
豆腐やごはんに山盛りにして食べたいのに、味が濃すぎるし、価格も高すぎる。

オラの愛する「だし」は、もちょっと素朴で薄味なのだ。

で、素朴で薄味な「だし」が食べたくて、10年ほど前、フードプロセッサーを買ってしまった。
いまだに、他の用途ではほとんど使われていないフープロ。
すでに「だし」専用機といってよかろう。

「だし」があれば、ごはんは進むし、新鮮な野菜が山ほど食べられる。
ごはんと「だし」が同量でもいいくらいだ。

夏の夕方の3分があれば、「だし」ができる。
東京育ちの相棒もムスメも大好物、毎日食べたい「だし」を3分で作る法を書いておこう。

★山形の「だし」自家製バージョン
画像



★「だし」用、チップ状の納豆昆布(拡大図あり)。よそでは余り見かけない。
※山形以外の地方では、スーパーの昆布・わかめコーナーで、粉末・糸くず状の納豆昆布を売っている。
画像



★材料 たっぷり3〜4人分
(縮尺がおかしいのではなく、異常なほど大きなキュウリだったのだ)
画像


<欠かせないもの>
納豆昆布 大さじ1
なす 1〜2本
きゅうり 1〜2本

<あれば嬉しいもの、どれか1つでもOK> 
ねぎ 3分の1本
みょうが 1本
青シソ 2〜3枚

<調味料>
しょうゆ 適量


★作り方

フードプロセッサーに、納豆昆布を大さじ1、水を大さじ1入れ、ふやかしておく。
画像


ナス、キュウリ、ほかの野菜たちを、フープロに入る大きさに切り、めいっぱい詰め込む。
オラはここでしょうゆをひと回しかけてしまうが、初めてのときは、味付けせず進める。
画像


フープロを断続的にONして、お好みの細かさになるまでカット。
とろりとした感じに出来上がったら、味見をしながらしょうゆを加え、混ぜて、出来上がり!
画像



そうさのう、昔は、暑いなか必死で野菜を刻んで、
ようやく完成しても「つるつるっ♪」と3分で食べ終えてしまい、
実に美味しいのだけど労働力に見合わないというか、フクザツな心境だった。

今では、サクッと3分で美味しい「だし」が出来、野菜がたっぷりとれ、
家族が喜ぶ姿が見られるという、実に良い感じなのである。

「だし」は、冷やっこにかけるもよし、ごはんにかけて氷水をかけて冷茶漬けにするもよし、
そうめんつゆに入れて麺とすすりこむもよし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
そうなのよ。なぜか他地域ではだしは「漬物」扱いなのよ。
ちがうのよ〜だしはサラダと同類だとおもうの〜
「ご飯と同量でもいい」同意です。どんぶり一つ作って家族でわしわし食べるのが「だし」なのよ〜。
アフリカ料理にも似たようなのあるくらい、新鮮野菜の新鮮酵素たっぷりの夏のカラダに最適な食べ物。もっともっと広がってしまえ〜
たろ
2011/08/08 21:48
◎たろさん 同意同意!そうそう、サラダと同類よ〜。ごはんに合うサラダ。薄いパックからスプーンですくうんじゃなく、どんぶりからおたまですくう、くらいで行きたいよね(^^)
たろさんじゃなかったっけ、昔なじみの「だし」は煮物系で、細かく刻んだ煮物みたいな感じって言ってたの・・・と思って遡ってみたら、かれこれ7年前にUPした「だし」の時にコメントくれてたっけ。
相変わらずそれは食べたことがないんだけど、一度体験してみたいです(期待w)
はいむ
2011/08/09 00:08
だし!!
やっぱり山形の夏はこれでしょう。
ちなみに、我が家では必ずオクラが入ります。ねぎはおいしいんだけど、生だと「ねぎくったぞ〜」というのが口の中に後々まで残るので、あまり入れません。サラダというか、立派なおかずの一品ですね。
思えば広州でもなんとか材料を手に入れて、納豆昆布(=がごめ昆布が正式名称らしいよ)だけは送ってもらって、「特別なとき」に作ってましたね。最近、馬路村のゆずポンにはまり、それで味付けしてますが、ゆず風味もいけます。
ぷるぷる杏仁
2011/08/11 11:44
所変われば名前も変わるというか、この食べ物は「山形だし」って言うんですね。
全然知りませんでした。
食べ方としてはノリの佃煮とかなめ茸みたいにごはんと一緒に食べるのね。

うちにはフードプロセッサーが無くって普通のミキサー(ジュースとか作るやつね。)はあるんだけど、それでも出来るのかなあ??(謎)
そもそもこっちで納豆昆布って言うのが手に入るのかしら??

納豆昆布さえ手に入ったらなんとかまがい物は作れそう。
(^^ゞポリポリ



ちなみに、香川県で「だし」というと「うどんの汁」を指します。
(笑)
タイトルを見た瞬間、「山形はどんなだしでうどん食べてるんだろう?」って思っちゃった。
(^^ゞポリポリ
我ながら無知ですね〜〜。
漂流ハイゼット
URL
2011/08/13 02:43
◎ぷるぷる杏仁さん おひさしぶり!お元気だった?
そっかー、オクラも入れるといいのよね。なぜかウチのレパートリーにはオクラが入ってなかった(こんぶで満足してたのかも)から、こんど入れてみる。たしかに、ネギ入れるとあとあとまで口がネギ臭でいっぱいよね。ウチはムスメが生ネギあまり食べないので、それに合わせてごく少量入れることが多いです。
だしにゆずポンかあ。馬路村の美味しいよね(^^)オクラとゆずポンで新しい味に挑戦してみます!
しかし、異国にいるときは、だしが特別なご馳走・・・わかる気がします。だって、本当に他に同じ味のものがないんだものね。
はいむ
2011/08/15 23:40
◎漂流ハイゼットさん ご無沙汰しております(^^)
そうです、ご飯と一緒にトロトロ的な食べ物なのですが、塩味の濃さでいったら佃煮の3分の1くらいの塩加減でしょうか。だからサラダ感覚でたっぷり食べたいんです。
ミキサーも機種によるかもしれませんが、ミキサーの方が、刃が鈍い(鈍いかわりに丈夫・氷も砕ける)イメージなので、カットというよりクラッシュしてピューレ状になりそうですね〜。

あっ、その「だし」は、香川県の方が全国的に正解だと思います(笑)。山形の「だし」は、よそでは類似した食べ物がありませんものね。冷たいうどんのつけ汁に、山形のだしを入れてすすると、めっちゃ美味しいですよ〜。
そういえば、漂流さんが作ってくれたうどんの美味しさ、忘れられません。いつか香川にいったら漂流さんおすすめのお店、おしえてくださいね。いや、ご一緒していただけたら嬉しいです♪
はいむ
2011/08/15 23:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山形の「だし」を3分で作る法(フードプロセッサー使用)  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる