オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 豚タンの塩ダレ炒め(簡単、塩ダレのレシピ付き)

<<   作成日時 : 2011/06/12 00:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

だいぶ前から、楽天市場で愛用している豚肉屋さんがこちら、「おのみちサンポーク」。
どのお肉もはずれなく美味しいのに、意外と安く、
パイカ(軟骨)や豚タン、ウデ肉など、近所でなかなか売っていない部位も売っている。。
そして、パッケージのほとんどが真空パックなので、冷蔵庫で場所をとらない。

ご近所さんの飲み友達と「おのみちサンポーク友の会」と称して共同購入していたのだけど、どうも最近その友の会の主催がオラではなく、まるさんに代替わりした模様(笑)。

先日、まるさんによる「友の会」が催されたので、素早く乗せていただいたのだ。

今回は、ウデ肉と豚タンをお願いした。

ウデ肉は、やや硬め(とはいえ、おのみち内では硬いということ)だけど、旨みがあり、煮込むとホロホロに。
焼きそばからカレーまで重宝するので、冷凍300gパックを3袋。

それから豚タンは、今回初めて。
牛タンより柔らかくて美味しいとのことなので、スライスされている冷凍200g×2袋、初挑戦。

届けていただいた本日さっそく、豚タンの塩ダレ炒めを作ってみた。
200gで333円を2パック使ったので、お肉代は400gで666円。

結果、実に美味しい!
硬い部分は牛タンと同じくらい。
でもかなりの厚切りなので、直径の小さい、特に厚く切られたところが、めちゃめちゃ柔らかい。
ジューシー!

塩ダレは、勘で適当に作成。
でも、アミノ酸やら謎の調味料の入った市販の塩ダレより、素材の旨みを邪魔せず素直な味で、すごく美味しくできた。ので、レシピをUPすることにした。


★豚タンの塩ダレ炒め

・生にんにく 1〜3片 すりおろす(量はお好み)

・日本酒 大さじ2

・みりん 大さじ1

・塩 ひとつまみ

・豚タン スライス(できれば厚切り) 400g

===

・ごま油 フライパンにひく

・塩 岩塩・海塩など、おいしいとこ

・こしょう できれば挽きたて なければビンの

・レモン 最後にかけて食べる用


※つけあわせに、もやし・しめじ・ピーマンなどを炒めておくとGood♪

★作り方

ビニール袋の中に直接、生にんにくをすりおろし、日本酒、みりん、塩ひとつまみで溶きのばす。

豚タンスライスを袋に入れ、もみこむようになじませる。

・これは見やすいよう、ボウルの中でもみこんだもの

豚タン 塩ダレ


つけこみ時間は適当。
今回は10分以下だったが、塩分を控えてあるので長くても大丈夫なはず。

フライパンに適量のごま油をひき、まず強火で、下ごしらえした豚タンを炒める。

炒めはじめの段階で、塩・こしょうで味付け。

牛タンと違って火を通さなければならないので、
途中で火を中火にし、適宜ひっくり返しながら、赤みがなくなるまで炒め、

出来上がり!

・注:これは1本がエリンギほどもある巨大しめじ。皿の直径は30センチ。
   やたらとタンが小さく見えるのは気のせいです。
豚タン 塩ダレ


最後に、個々にお皿にとってから、レモン汁をかけて食べると・・・美味しい!

硬いところは濃い味わいがあるし、柔らかいところはジューシーで甘く、塩・こしょう・ガーリック・レモン汁の味が混沌として、まあ旨いこと旨いこと。
さらに挽きたてのこしょうをプラスすると、鮮烈でまた旨い。

歯が生え変わり期で噛みづらいぷくたんは、韓国ふうにはさみで切って、完食!
肉類が苦手な彼女も、豚タンに魅了されたようだ。

検索せずとも見つけられるよう、オラ超おすすめの、
選んで楽しい豚肉バイキングと、冷凍豚タンへのリンクを貼っておこうと思う。




  




**********

で・・・と、100万アクセスありがとうございました(笑)。
なぜ「笑」がついているのかというと、一応、100万アクセスキリ番記念プレゼントを用意していたものの、今回は該当者の方からご連絡がなかったので。

たぶん、ひっそりと今朝10時頃に到達したと思うのだけど、なにぶんにも間遠更新のこのブログゆえ、現在はレシピ検索で見てくれる人がほとんどのよう。100万、100万と騒ぐ自分が恥ずかしい気持ちもあり、結果ひっそり終わってしまったので、恥ずか寂しい半分、ホッとした半分(←プレゼントのケーキを焼くヒマがとれるか心配だった)。

ともあれ、これからも細々と続けていこうと思う。
憧れの一眼レフを手に入れてから撮影枚数も激増しているので、写真もたくさんUPできたらなあと思っている。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
な・・・な、なんと!!!!
100万アクセス到達とは(^▽^)////☆

旨げな肉だす(^_^)じゅる・・・と、普通にアクセスしてしまったです>_<
そのように臍を咬むはいむサポーター(フォロワーって方がナウ?)多数とお察し申し上げまする。。。

そんでも、いつもどおり、間違いのない美味しさを届けていただき、ヨダレじゅるじゅるでございます。
牛タンはどわ〜いすきでありんすが、ブタちゃんもいずれ菖蒲か燕子花!
おいしそうです!!
101万アクセスに、弾みがつく逸品んでござんすねぇ〜(^_^)←『仁』の野風さんに、今さらながらハマってしまって(^0^;) ついつい花魁言葉でありんす(~_~;)
日和
2011/06/12 03:19
100万アクセスおめでとうございます!!!
and活用レシピありがとうございます。
その内パイカ物もお願いしますm(__)m

同じく「おのみちサンポーク」マニアより(笑)

かつては色々買いましたけど、今は焼肉用バラ肉とパイカばかり買ってます。
一回買うと冷凍庫が埋まってしまいますけどね(^^ゞ
はいむさんちはお仲間と共同購入できて羨ましい限りです。
ken
2011/06/12 21:20
またおいしそうな写真が…
塩ダレよさそう!今度作ってみよう
それにしても、うで肉なんて部分もあるのね、初めて聞いた〜。
うでって事は前足よね…もも肉とも違うんだろうなあ…
たろ
2011/06/13 23:15
100万アクセスおめでとうございまーす!!

豚タンおいしそうですねぇ。ビールにも合いそう
食べたいよぅ〜。「おのみちサンポーク」さん、行ってきまーす
ゆらっこ
2011/06/14 23:39
◎日和さん ハマってますねえ!!
さっそくのご来訪ありがとうございました。ほんとにお肉やお魚は美味しくて、ついつい贅沢してしまいます。あ、日ごろは野菜主体なんですけどね(笑)たまーに爆発するようです。
豚タンは、牛タンとはまた違った味わいで、薄くて硬いところはちょっとジャーキー的な楽しみがあり、厚くて柔らかいところは噛んでびっくり!という楽しみがあります。ゼヒゼヒ。味わってみてくださいな。これからも細々と続けていきますので、よろしくお願いいたします!
はいむ
2011/06/15 00:49
◎kenさん そうそう、kenさんもおのみちマニアさんなんですよね。焼いて良し煮てよし、ほんとに美味しくて手ごろで助かります。パイカはお手軽ソースで焼いて食べるのも美味しいので、今度作ったらUPさせていただきますね。
バラはほんとに、焼いても角煮にしても巻いても・・これまた使い道は限りなく、美味しいですよね。しかしあの脂肪分、直行でオラのハラあたりにつくのではないかと思うとそうそう試せない小心者です。ああ、なーんにも気にしないで思い切りバラにかぶりついてみたいですー(笑)。
はいむ
2011/06/15 00:53
◎たろさん ありがとう!そうなのよ、ウデってあまり聞かないでしょう?時々お肉屋さんとか家庭科の教科書にある、牛や豚を横から見た断面図で部位ごとのお肉の名前がかいてあるやつ、あれに書いてあるのを見た覚えがあります。モモは淡白で脂肪がなくて均一な感じだけど、ウデはもうすこし均一じゃなく、硬いところ・柔らかいところがあるんだけど、特に圧力鍋でカレーとかシチューで煮込むとホロホロ、最高です。
はいむ
2011/06/15 00:58
◎ゆらっこさん ご無沙汰してます〜(^^)
塩ダレってほどタレっぽくないですが、肉の旨みと合ってさっぱりしていて、ムスメもすっかりハマったようです。肉料理で「また作って」と言われることは少ないのですが、今回は違いました!
ビールにも合います!胡椒をあとで追加するとピリッとしてすごく美味しかったですよ。
はいむ
2011/06/15 01:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
豚タンの塩ダレ炒め(簡単、塩ダレのレシピ付き)  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる