オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 自転車の補助輪はずし、頑張り中。(親は手を出さぬ法)

<<   作成日時 : 2011/04/25 01:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 11

昨年の今頃、自転車の補助輪はずしにとりくんでいたぷくたん。
(もうぷくたんっていう名前が似合わなくなって久しいが、しかたない)

いいセンまで行っていたのだが、ピアノや英語のレッスンが始まり忙しくなり、猛暑で自転車よりプールがよくなり、いつのまにか寒くなり(笑)そうしているうちに、自転車の乗り方を忘れてしまったようなのだ。

周囲の友達がみんな補助輪を卒業する中、背だけは一番大きいのに、まだ補助輪付・・・

彼女のプライドが許さなかったらしく、「がんばる!」と言い出した。

言い出したときが始め時。
ずいぶん前に「たまちくさん」から補助輪付で子供用自転車をお下がりでいただき、いよいよその補助輪を外すときがきたのだ。

歩いて10分強の自転車屋さんまで補助輪付で乗ってゆき(オラは横を歩いてゆき)、補助輪を外し、スタンドをつけてもらった。

さてさて、自転車の補助輪はずしといえば思い浮かぶ、自転車をこぐ子供の後ろで、必死で荷台を押さえる親の図。
「手を離さないで〜」から始まって「手を離していいよ〜」になり、親の手から巣立っていく・・・子供の成長にホロリ。

そんな図式がグローバルスタンダード的なのだが、オラは違う。

悪いけど、ぷくたんには自力で乗れるようになってもらう。
荷台なんぞ持って練習に付き合ったりして、オラのガラスの腰に影響があったら困るのだ。

補助輪なしにまたがり、両足でツイ〜ツイ〜と地面を蹴って、前に進む。
進みながらバランスをとる方法を覚える。

覚えたら、片足だけペダルに乗せて、漕ぎ出してみる。

このへんで、倒れそうになった方角にハンドルを切ると、立ち直れることを学ぶ。

で、徐々に両足でペダルを漕げるようになる。

理想的にはそんな進み具合だが、ぷくたんは、片足ペダル漕ぎ出しのあたりからが長かった。

まあ、長くてもいいのだ。自力で学んでもらわねばならぬ。
励まし、褒め、励まし、褒め、オラは口を出すが手は出さぬ。
本人が会得しかかっているときは、口も慎み、我慢我慢。

・・・そんなとき、ぷくたんが会得法を編み出した。

今日、練習に使った公園には、目視でようやくわかる程度のなだらかな坂があった。
その坂の上からスタートすると、漕がなくてもしばらくバランスを保ったまま前進できることに気づいたのだ。

何度か、両足離しでバランスをとる練習をしたあと、片足で漕ぎ出しそのままバランスをとって前進する練習。
次は、片足で漕ぎ出したあと、バランスがとれてから反対足もペダルにのせ、漕ぐ練習。

急にめきめき上達し、だいぶ、漕げるようになってきた。

ちょうど帰る時間になったので、公園の帰りは、裏道を通って練習しながら自宅へ。

もう、坂は要らなくなった。
スタートから10回くらいペダルを回して漕げるようになった。

惜しいところでタイムアップだったが、手ごたえあり。
次回はもう乗れるようになるだろう。

今回の公園は、坂の絶妙なゆるさがよかった。
漕がないとスタートできないほどゆるい坂で、途中から平坦になっている。
バランスがとれてペダルに足が乗った頃にちょうど平坦になるので、そこからは自力で漕がねばならぬ。
ちょうどいい練習になったのだ。

ちょっと場所をずらすとほんのわずかに傾斜がきつい坂があって、そちらだと、バランスが取れたあたりで急にスピードが出すぎて、怖くなってダメだった。

あー。安心したわー。

どんくさいオラに似ず、そこそこ普通に運動神経はありそうだ。
そのうえ、ガラスの腰にまったく影響することなく、自転車のりを完成できそうだ。

たくさん褒めて、本人も満足し、良い日曜となったのだった。

★超真剣。
補助輪はずし


★オラのリュックを背負って。クラスで一番の身長でも、まだまだちびちび。もうしばらくちびちびでいいよ〜。
リュック


★東京はもう葉桜。
葉桜 東京

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます〜。

自転車の練習かぁ。
私も確かそのくらいの頃だったような…。
乗れだしたら早いですよね。あちこち探検にも行ったですねぇ。


それにしても、ぷくたん足長っ!!
現代っ子(古)ってスゴーイ(@_@)


葉桜の季節ですかぁ。いちばん気持ちイイ季節ですよね♪
こちらは、ふきのとうが終わりつつあって、地面が黄緑色になってきました。
ももことら
2011/04/25 07:50
凄いわね〜ぷくたん!
偉いぞ!ぷくたん!
ほぼ半日で習得なんて???びっくりです。
私も息子の時を思い出したわ〜
後ろをもつやり方でなく前籠を引く方法でした。
やっぱり保育園の時だったかな・・
『おかあさんのお陰で乗れるようになった』と
随分、本人に感謝された。『オッホン。誰のお陰?』って
なんども彼に恩を売ったのだけど・・・
今はなぁんにも感謝してくれないワ。
先日も上京の時無洗米5sを抱えて行ったのに。
『悪いね〜』で終わりでした。チッキショウヘ(^o^)/
nobara
2011/04/25 16:35
◎ももことらさん ありがとうございます!あと少しですねー。昔は子供だけで平気で探検とか行きましたけど(もちろんオラも行きました)、今は世の中的に怖くて、子供を一人では出せなくなりましたね〜。

ぷく、足長いですかね?自宅で見ていると昔ながらの子ですよー。ただ、背は非常に高いですねえ(微妙に凹)。

北海道でもふきのとうが終わったんですね!いよいよ春ですねえ。あ、熊谷のチケット届きましたよ(^^)ふふっ。
はいむ
2011/04/25 23:12
はいむさん、ものすご〜〜〜くご無沙汰してます。
まぁちゃんですけど・・・、憶えてますか?
久しぶりにお邪魔したら、ぷくたんがめっちゃ
大きくなってる〜〜
すっかり浦島太郎の気分です(笑)。
自転車、ホント頑張ったね♪
まぁちゃん
2011/04/25 23:14
◎nobaraさん ありがとうございます!
ええっ、前かごを引く方法!これは新しい!初めて聞きましたよ〜。自転車に轢かれないのですか?轢くほどスピードは出てないのかな・・・。我が家では上のとおり、オラは手を出さない方式だったので、「こりゃ恩は売れないな」と思っていたら、夜になって「ママ、ぷくのために補助輪とってスタンドつけて、練習につきあって、荷物もってついてきてくれてありがとう」とか殊勝げに言われ、驚きました!
nobaraさん、無洗米5キロも持っていらしたんですか〜(^^; そりゃすごいです。息子さん、驚いて「悪いね〜」しかいえなかったのでは(笑)。しかし・・・やはり、いくつになっても親はありがたいものですね〜。息子さんにかわって、感謝申し上げます〜。
はいむ
2011/04/25 23:19
◎まあちゃんさん!お久しぶりです!・・・というか、実はこっそりブログは毎日覗いているので(笑)、個人的には全然お久しぶり感覚じゃないんですよ〜。半年前からめっちゃ更新されてるじゃないですか。楽しみにしているんですよ〜。
同い年の子がいるのに、よその家の子の成長は早いですよね!こうちゃんもすっかり大きくなっちゃって。おにいちゃん・おねえちゃんに揉まれてるから、言葉も達者だし・・・。
ぷくようやく頑張りました。あと一息ですね!
はいむ
2011/04/25 23:23
お久しぶり〜。偽善の話に、なんと書こうか考え込んでるうちに新しい書き込みが!
あ〜いいわ〜子供のうなじ〜。ここに子供のかわいらしさの80%は出てる気がするのよねえ。
ぷくたんとうとう補助輪卒業?半日でマスターするとはすごい!
自転車乗れると行動範囲が広がってまた楽し。
さくら、こちらは満開。舞鶴山頂上は、波平さん状態(木の下半分だけ)状態で咲いておりました。きれいに上だけつぼみってことは、あの辺りに気温の境目があるのかなあ?
たろ
2011/04/30 11:36
こんばんは。

わ〜!いいですね〜!熊谷チケット♪

思いがけず、ぷーになってしまったので時間はたっぷりあるのですが…(^_^;)
行田の前日に当日券で龍ヶ崎に参戦して、2連戦にしようかなと思ってます。
あるかな…当日券(^_^;)


ぷくたん、自転車ガンバッテますか?
そうですよね、確かに今は子どもだけで外遊びっていうのはコワイ世の中なんでしょうね…(>_<)
ある意味かわいそう。

余震は収まってきていますか?
3年前まで乳搾りの仕事をしていたので、福島原発問題で取り残されてしまった牛馬豚鶏などの家畜たち、そして犬猫たちを思うとやりきれなさでいっぱいになります。
なんだか最近のほうが泣いてしまっています…。

ももことら
2011/05/01 01:28
◎たろさん あの話は結論は出ないわよね・・・どうしても書きたくて書いてしまったのだけど。見てくれてありがとう!
うなじ(笑)たしかに子供のうなじはカワイイ。しかし80%とは!オラどこだろう、横顔と髪の分け目かな(笑)。
自転車は早くも一昨日スイスイになっちゃって、凸凹道もなんなく乗れるようになりました。早いね〜!このへんは田舎のわりに車通りが激しいので、もう少し練習したら行動範囲が広がることでしょう(^^)
・・・桜の咲き具合を波平さんであらわす友人がいて嬉しいです。ウケルわ(笑)
はいむ
2011/05/02 01:25
◎ももことらさん あら!ぷーさんなのですか〜。大丈夫ですか?ということもなくお時間を利用して楽しまれているならばよかった(^^) 2連戦スゴイ〜。龍ヶ崎はまだありそうですよね。当日まで残っているかどうかですよねえ。茨城、微妙ですねー。もっと地方なら当日券ありそうですけどねえ。どうせ本州に渡られるのなら、一度で二度美味しいほうがいいですよね♪
自転車は、もうスイスイですよー。本人も喜んじゃって、広い公園で一生懸命走ってます。子供は早いなあ。しかしほんと、タラちゃんの時代と違って、公園でもおちおち安心していられないのが悲しいところです。
余震は、2〜3日に1回くらい「おっ」というのがありますが、間遠になってきました。ももことらさん、乳搾りのお仕事されてたんですか〜!興味あります。オラ1回しか牛さんのおっぱい触ったことないんですよ。でも、そのぬくもり、どっしりした重さを思い出すと、今の家畜たち、犬猫たちのことを思い、つらくなります・・・毎日触れ合って過ごしたももことらさんならなおのことでしょう。なんとか、ならないものでしょうかねえ・・・ほんとに・・・
はいむ
2011/05/02 01:34
おお〜〜すばらしい、力学を取り入れた?この方法はPRに値するかも!
我が家の前の坂道ではちょっときつかったけれど、でも坂道走法はいいと思う。
ぷくたんえらかったねえ。
連休は親の方が遊び歩いて、山形にこられずにごめんね。
今度逢ったらうんとごほうびあげなくてはね。
山形ママン
2011/05/18 10:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
自転車の補助輪はずし、頑張り中。(親は手を出さぬ法)  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる