オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS B型インフルエンザ現る

<<   作成日時 : 2011/03/02 23:09   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2月初旬に、ニセインフルエンザ(症状は限りなくクロに近いのに、検査キットでウイルスが出ない)にかかったオラ達夫婦。ぷくたんは隔離し、階下でごはんや通園のお世話になりながら、オラ達はひたすら2階で3日3晩苦しんだのだ。

ニセインフルエンザ騒ぎも終息し、ご迷惑をかけた会社や階下の人々にお礼をいいつつ、平常運用にもどったある日。

ぷくたんのクラスでB型インフルエンザが発生した。

げげっ・・・と思った翌日、朝、ちょっと食欲が無いぷくたん、みるみるうちに体温が上がり、こりゃ間違いないか?といった風情。

すぐ小児科の隔離外来に連れて行ったところ、「熱が出てすぐなのでインフルエンザ検査はできないけれど、たぶん間違いないでしょうからタミフルを始めましょう」とのこと。

ひじょーーーに苦いタミフルを、恒例のコンデンスミルクで練って飲ませ、大好物のぶどうジュースで口直しをさせ・・・翌日、もう一度隔離外来に赴くと、案の定、B型インフルであることが判明。

ついでに、その日は30名のクラスのうち14名が欠席ということが判明。

インフルエンザってことは、オラも会社を休まねばならぬ。
しかし健康体のオラ、ぷくたんの看病をしつつボーーッとしていては申し訳ない。

毎日1時間〜2時間ずつ会社に顔を出し、必要なものを持ち帰って、できる範囲で自宅で仕事をさせてもらった。

発症が水曜だったので、水・木・金とそうやって過ごし、ぷくたんも元気になった金曜日からは、感染防止のため自宅謹慎期間。

土日は自宅で暇つぶしに加熱の必要な(ウイルスの消毒になりそうな)お菓子を作ってみたり、工作してみたりして、ようやく28日月曜日から登園し、平常運用に戻ったのであった。

***

今回のインフルエンザ闘病でわかったのは、もうすぐ6歳、意外ともう2時間程度なら留守番させても大丈夫ということ。
(タミフル・高熱で異常行動することもあるので、あくまでも様子を見て!)

ウチは幸い、階下におじいちゃん・おばあちゃんがいる。
インフルエンザ感染を避けるため、用がなければぷくたんと会わないようにしてもらい、2階からすごい物音が聞こえた場合や、地震などの場合に対応をお願いしておける。

ぷくたんはインターホンを自在に使えるので、用があるときや困ったときは、すぐに1階に連絡できる。

あまり推奨できないのはわかっているけれど、子供番組を見せ、工作道具やアイロンビーズなどを預け、往復30分の時間を含めて2〜2時間半くらい、3日間留守にしたけれど、全然平気だった模様。
「今日もお仕事いくの?」・・・「もう帰ってきたの?」という感じだった。

もしかしたら平気な顔の下で我慢してくれているのかもしれないが・・・
いや、でも、一日中一緒にいるとお互いストレスが溜まる部分があって、でも2時間くらい出勤し、ぷくたんは気ままに一人遊びし、「待っててくれてありがとう!」と言って帰ると、お互いニコニコして再会できたような気がする。

大人になったなあ。
そうだ、ぷくたんより数日早く生まれた子は、もう4月から小学校だもの。

まあ、インフルエンザなど特別な感染症でなければ、おじいちゃん・おばあちゃんに預かってもらって出勤すればいいだけなんだけど(笑)。


さて、保育園ではこんどはA型インフルエンザが流行し、バタバタと倒れている様子。
嗚呼・・・もう十分成長は感じたので、もうもらってこなくていいから。
と思うオラであった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
B型インフルエンザ現る  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる