オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS ぷくたん、英会話を初体験。

<<   作成日時 : 2010/07/18 23:41   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は、ご主人のアメリカ赴任について渡米される、前職の先輩宅にお邪魔して送別会だった。
紆余曲折あってご本人宅で開かせてもらったという(^^; なんとも恐縮なのだが、久しぶりに旧メンバーで集まっての会、話しても話しても話は尽きず、おいとまを告げる頃、19時近くになっていたことに全く気づかないほどだった。

アメリカかあ・・・。
英語もおぼつかないオラだが、海外に住んでみたいなあ。
できれば日本よりずっと人口密度の低い、できれば住宅環境が全然違う広々としたところに。

まあそんな憧れを目の当たりにしてきた昨日の今日、ぷくたんが初・英会話の体験レッスンに参加した。

これまでは、英会話スクールに通う前段階としてベネッセの「こどもちゃれんじEnglish」を楽しんできた。
さすが子どもの吸収力、日本語とか英語とか気にすることなく、耳で聞くがままに覚え、発音し、教材が届くのを心待ちにしてきた。付録のDVDも毎日のように見て、タッチパネル式のレッスンボードも愛用し、内容をすっかり覚えている。

その中に出てくる会話を日常でも時々使ってみて、特に日本語と英語のハードルなくぷくたんがついてくるのを見て、これはやっぱり英会話に通わせよう、と、ようやく重たい腰があがったのだ。

※オラのへんてこりんな発音で、せっかくの柔軟な耳をスポイルしてはならぬ。
今まで、ぷくたんが英語の「綴り」とは違う発音をしていても、あえて、ぷくたんの耳にそう聞こえるならばそう言わせておこうと、修正しないできたのだ。作戦はあながち間違っていなかったのか、放置を続けるうちにどんどん発音がきれいになってきた。そろそろちゃんとした先生から修正しつつ教えてもらいたい。


残念ながらウチのあたりは、英語関係においては都会の孤島(^^;
土日も開講していて、ネイティブの先生が教えてくれるところとなると、市内の教室は条件的に全滅。
隣の市まで足を伸ばしてようやく希望のスクールが見つかった。

※日本人の先生に英会話を教わる良さもあると思うが、見た目や人種を意識する前にいろんな人と触れ合ってみるのはどうだろう?と思ったため。ちなみに今回選んだスクールは、年齢が進んで文法的な疑問・質問がフツフツと湧いてきたときに、日本人先生がクラスに入ってダブル講師でレッスンしてくれるコースもある。

体験レッスンを申し込むと、事前に電話があり、説明を30分、その後で体験レッスンを30分行うということで日程調整があった。

予約日の今日、ちょっとドキドキしながら、親子3人でスクールに到着。
まず、コーディネーターの女性からレッスンのシステムなどの説明を受ける。
ぷくたんはヒマをもてあまし、早くレッスンしたくてウズウズの様子。

次に、お待ちかね体験レッスンのため1対1で先生とぷくたんが教室に入り、オラ達は窓からレッスンの様子を眺めることになった。

※本番のレッスンは生徒数人と先生1人。

優しく明るく素敵な男性の先生が出てきて、教室にぷくたんを誘いいれてくれた。
しかしここで!案の定、ぷくたんがグネグネと身体をくねらせて、窓のオラ達の方ばかり見て、先生のことなど眼中にない様子となった。

なにが案の定なのかというと・・・。

保育園の行事など、毎日の練習ではクラス1ノリノリといっていいほど一生懸命踊ったり歌ったりするぷくたんなのに、参観日となると必ず!必ず!親と目が合ったが最後、グネグネして何にもやらなくなるのだ。
だからいつも撮影したビデオには棒立ちグネグネ状態のぷくたんしかうつらないことになる。

予想的中!とばかりに、相棒とオラはぷくたんに手を振ると、そそくさと教室から見えない部屋に退散し、(本当は体験レッスンの様子を穴が開くほど見たいに決まっているのだが)終わるまで待つことになった。

オラ達が見えなくなると、ぷくたんは先生とのコミュニケーションに集中し、楽しみまくっている様子が聞こえてきた。よしよし、やっぱりぷくたんだ(笑)。

その間、オラたちは別室でゆっくりとカリキュラムの説明などを受けることができた。

コーディネーターの女性は相当驚いた様子。

だいたい幼稚園や保育園で母子分離の状態に慣れていても、初めての体験レッスンに緊張してしまい、教室に入るまで15分以上かかったり、どうしても入室できずに親も一緒に入ったりして、30分間、レッスンらしいことがなにもできずに終わるパターンも多いのだそう。
こうして体験レッスンの日からいきなり1対1で問題なくレッスンする子を見たのは初めてだ、と言っていた。

そうか、そのために事前に30分間の説明タイムをとったのか・・・。

最後に英語の歌を歌ったり踊ったりしている様子が聴こえてきて、レッスンは終わったようだ。
ニコニコと教室から出てきて、すっかり先生になついて、楽しかった様子が見てとれる。
そしてオラ達を見つけると、とたんにまたグネグネと変なテンションのぷくたんに戻ってしまった(笑)。

「英語教室、どうだった?次はどうする?」と聞いたら「またくる〜」と言っているし、コーディネーターさんも先生も明るく優しく子どもに接してくれ、教室の雰囲気も楽しく、子ども専門のスクールというのも気に入ったし・・・入学手続きをすることになった。

手続きの間、帰宅しようとしている先生に自分から話しかけて甘えたぐらいにして(笑)、ぷくたんの中では、英会話スクール恐るるに足らず、と思ったようだ。

レッスン曜日の関係で、せっかくなついた先生とは違う方が担任に決まったが、こんどの先生はイギリス出身の方だそう☆ぷくたんも担任の先生の写真を見て「この先生でもいいよ」と納得していたし、オラ達としては願ったり叶ったり。
いまはアメリカ英語が主流となっているが、個人的趣向により、イギリス英語はWelcome♪

こちらの先生方は日本語がほとんどできない方が多いそうで、親と先生のやりとりは英語か、英語が苦手な場合はコーディネーターさんを通じてすることになるとのこと。アメリカ英語が聞き取れない残念な耳のオラには、そういう意味でもイギリス出身の先生でありがたい(^^)

ナンとなく幸先がいいような感じで、今日の体験レッスンはお開きとなった。

次回は7月31日。
あと13個寝たら英語の日♪と、本人も楽しみにしている様子。よかったよかった。

★体験レッスンに出かける前、待ちきれず、手に先生へのプレゼントを持って駆け出すぷくたん。
折り紙で作ったメダルを先生にプレゼントするのだそう。先生が大げさに喜んでくれてよかった。
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ぷくたん、英会話を初体験。  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる