オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS ほたる見の夕べ

<<   作成日時 : 2010/06/30 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 12

暑くなってくると、一気に元気がなくなるのがオラの特徴である。

これがロタ島だのモルディブだの、そのあたりの島であれば、元気いっぱいなのだ。
黒のタートル、黒のスパッツ、シュノーケルにブーツにフィンをつけ、ノタノタと海を漂っていればいいのだから、いくら暑くてもおかまいなしなのだ。

これが湿度ムンムン、息よりも気温&湿度が高いような東京で日常生活を暮らしながらの夏では、元気などひとたまりもないのだ。苦手な蚊もいっぱいいるしなあ。

だからして、大好きなアウトドア煮炊き系イベントも、真夏はシーズンオフ。
BBQったって、車中泊ったって、暑すぎっべよ!と、思わず山形弁も出るというもの。

真夏になる前に、蛍でも見に行こうかなあ・・・というわけで企画したのが「ほたる見の夕べ」だった。

GWに車中泊してきたキャンプ場は、夏になると蛍が出るとのこと。
ほたる??と聞いて、うっかり、「いつものパパママ飲み友達の4家族で行きたいなあ・・・」と思いついてしまったのだ。

蛍の時期、そのキャンプ場に1棟だけあるログキャビンの予約はもう土日全部が埋まっているとのこと。
でも環境がめちゃめちゃ良く、どうせ行くならゼヒそこで!と心は決まっていたので、強行軍覚悟で金曜夜から土曜にかけて、予約してしまった。

4家族全員だと15人、10畳強のログキャビン、金曜夜からの強行軍・・・そんな無茶はイヤな人もいるかもしれない・・・という予想に反して、皆さんOK!とのこと(笑)。

金曜の夜はいつもどおり仕事を終えて、自宅に戻って大急ぎでシャワーを浴び、軽く夕食を食べて、飯能に出発した。

ログキャビンに到着したのはもう10時近く(^^;
それでも子ども達は浮かれちゃって、寝る様子は全くない。
広々とした敷地に、お客さんはオラ達だけ。多少騒いでも迷惑になる様子がなく安心した。
(たまたまテント泊のお客さんも居ず、蛍を見にチョコっと立ち寄った人がいただけ)

キャンプ場のプライベート河原は、ログキャビンの目の前。
ほんの少し土手を下りるだけで、広い河原に出ることができる。

蛍のため真っ暗にしてあるログキャビンから河原に降りると、思ったより少なかったが、川の対岸にいくつかの光が見えた!

オラの山形出身というイメージからすると蛍なんて珍しくもなさそうだが、実は、野性の蛍を見るのはほぼ初めて!
オラの実家は山形の中心地。身近に蛍が見られるところなんて、ないのだ。

蛍の光はなかなか強く、緑がかった黄色の蛍光色はボウッと光りながら移動し、さながらヒトダマのよう。
ふわ、ふわ、と飛んで、暗闇の中で所在を主張しているのだ。

子ども達も蛍を見て、満足。
・・・っていうか、一瞬見ただけで満足しきって、あとは子どもどうし遊び始めてしまった。

ま・・・まあ、そうだよなあ。
季節を味わうとか、蛍の貴重さとか、郷愁とか、まあそういうのは大人のロマンなわけだ。

キャンプ場のおじちゃんが言うには「今日は蛍はどこいっちゃったんだろう?」というほどで、本当ならもっといっぱい飛ぶのだそうだ。あとで知ったが、蛍は蒸し暑い夜ほどよく飛ぶらしい。涼しい夜だったので、少なかったのかもしれない。

ログキャビンで興奮しきっている子ども達をひとしきり遊ばせ、なんとか寝かしつけると、やっと大人の時間(^^)

いつもホームパーティでおしゃべりしまくっているはずのパパママ飲み友達、よく考えたら、子ども達ナシでおしゃべりするのは初めて。

ログキャビンの庭に集まって、遠く光る蛍を眺めつつ、酒盛りが続く。
肌寒いくらい涼しくて、蚊もほとんどいないし、なんと快適なこと。

参加したメンバーが直前の北海道旅行で買ってきてくれたサッポロCLASSICビール、国産の珍しいワイン、日本酒、メンバーそれぞれがチーズや果物などを持ち寄り、楽しい話から真面目な話まで語ること午前3時。
ようやくみんなお神輿をあげて、ログキャビンでの雑魚寝や車中泊に分かれて、爆睡したのだった。

翌朝は、もちろん子ども達が一番先に起き出し、仕方なくパパママも起きて、朝食を。
ログキャビン付属のキッチンで簡単に準備して、プライベート河原のいい位置にタープを張り、イス・テーブルを並べてみんなで軽い朝ごはんとなった。

子どもたちはもう適当に食べて川に突撃☆
大人は昨日の眠気を引きずったまま、ダラダラ、ナゴナゴとおしゃべりしながらBBQ開始!

今回も山形ダディに発送を依頼して、いつもの特選米沢牛のお店からお肉を送ってもらっていた。
それに持ち寄りの野菜類を焼き、味もボリュームも大満足。
数種類ある肉を開封するたび、撮影隊が肉をとりまき、焼き上がった肉を頬張ると「ぐむ〜〜〜〜!!」と悶絶して食べてくれたので、企画担当のオラもホッと一安心。

★山形ダディ、いつも手配をありがとう♪
画像


そしてBBQ半ばでシェフ「まるさん」が登場。
キャンプ場のオーナーさんが手作りで積んだレンガ製のピザ窯で、得意のピザを焼いてくれたのだ。

GWに車中泊した時にちょうどレンガ積み中だったピザ窯、今回オラ達がお客さん使用第一号だったそうで、今後どんなふうにお客さんに窯をレンタルしたらいいのか、テスト的にやってみてほしい、とのこと。

張り切って薪を燃やし、まるさんの野性の勘による焼き加減の工夫により、ベストの焼き具合を探り当て、パリッパリの美味しいピザが出来上がった。

★絶品!!遠赤効果か、薪の火の旨みか・・・そしてこの美しく積まれた薪窯よ。
画像


まるさんのピザはいつも本当に美味しいのだけど、今回の石薪窯で焼いたピザは、目が飛び出るほど美味しかった!あの生地のパリッパリ感、チーズのとろけ具合、ほんのわずかについた煙の香り。
本当に最高だった。

残念ながら途中から雨がぱらつきはじめ、夕方にかけてはけっこうな土砂降りに。
直前に思いつきで購入したタープが大役立ちで、日よけのはずが、雨よけとして立派に役立ってくれた。

また、メンバーの中の一人のママさんが、アウトドアの達人だった。
オラなんぞ最初から「タープを買ったものの、立て方がわかりません」と自己申告(^^;
「大丈夫、私が立てられるから」という言葉に頼り切り、立て方を教えてもらい、BBQの炭火おこしも全部やってもらい・・・申し訳ないくらい活躍していただいた。

そしてデザートは、えるえるさんイチオシのフルーツゼリーとチョコレート。子ども達の目の色がかわり、急にイイ子になった気がする(笑)。たらふく食べてもデザートは別腹。

・・・しっかり食べきった頃に、雨は土砂降りに・・・。
大人は昨日からの疲れが出て、無口に雨の降りしきる川面を眺めたり、イスに座ってうたた寝をしたり。
子ども達は思うように川遊びできずに、ずぶぬれで陸遊びばかり、ちょっとつまらなそう。
(ずぶぬれでも全然寒くない、変に蒸し暑いくらいの日だったので助かった。誰も風邪をひかなかった様子)

しかし誰ひとり「帰ろうか」と言いだすことなく、えんえん、ダラダラ(^^)
この楽しい時間をできるだけ長く過ごしたいけど、無理やり盛り上げる必要もなく、なんというか気楽なメンバーで居心地がいいのだ。

夕刻が近づき、いいかげん片付けないと・・・と、土砂降りの中、一致団結で一気に片付け、車に積み込み、解散となった。

無理やり企画したようなものだったけど、「金曜無理やりスタート、土曜帰り」のコースは「明日が日曜ってサイコー♪」と意外に気に入ってもらえたようで、次回も金曜スタートになりそうな勢い。
もう「また来よう。来年?いや、秋か・・・いや、ちょくちょく来てもいいよねえ」という話になっていた。
場所もすごく気に入ってもらえたようで、「いい場所を紹介してくれてありがとう」なんて言われちゃって、幹事としては嬉しい限り(^^)

本当にご近所さんに恵まれて、幸せだと思う(^^)
子ども達も可愛いし(親バカ)、親たちもイマドキのモンスターペアレンツ的な人はいないし、みんな美味しいもの・美味しいお酒が好きで、行動的。夫婦仲良く、子ども達も仲良く、気楽に誘えて、気楽に乗れて、気楽に断れる(笑)。
忙しい毎日だもの、気楽に断れることも大事なのだ。「残念だったね」といって、気兼ねなくまた誘い合えるのが嬉しいよね・・・と、ちょうど話題になったところ。

ほたる見の夕べが終わって3日ほど経つが、楽しかった余韻はまだまだ残っていて、思い出してはニヤニヤ楽しんでいるオラであった。

※帰ってきてびっくり!!オラのカメラにはぷくたん含め、子ども達の写真が一枚もないのだ〜。
肉とピザの写真しかない(笑)。まあ雨だったので、カメラを取り出すこと自体が少なかったのだけど、いくらなんでも(笑)。次回は子ども達はもちろん、全員集合でちゃんとした写真を撮ろうと決意。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
9月25日 運動会でした
9月25日(土)は、ぷくたんの保育園の運動会だった。 昨年は、新型インフルエンザのため運動会が延期になり、ちょうど相棒とぷくたんの北海道二人旅と重なったため欠席してしまった。だから、ぷくたんにとって生まれて初めての運動会である。 ...続きを見る
 オラの日常
2010/09/30 01:28
飯能・名栗川、ほたる見の夕べ
毎年恒例、ムスメが0歳児の頃から一緒の保育園で育った、 仲良しファミリー4組で、「ほたる見の夕べ」に行ってきた。 ...続きを見る
 オラの日常
2013/06/18 00:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ひょ〜〜〜〜(⌒∇⌒) たのしそうですね〜〜〜〜

先週は、最寄り駅の前に「ホタル鑑賞」テントが張られて、唐突にホタルの夕べが提供されたばかり。
え?ホタルが見れるの?昼間だけど・・・てな具合に偶然通りがかって並んでみたが、たかが5〜6人の列が全然進まない。そりゃそうですよね。
「お!ひかってるね。アレがホタル。見た?じゃあ出よう」なんてなるはずもない。結局10分と待てずに列を離れた私は、はいむさんの有力情報に「飯能でリベンジ?」と小さくガッツポーズしました。
一昨年も、ホタルが見れる温泉で、わずかに時期尚早。どんだけ待っても真っ暗闇体験の持ち主です。
いつもながらおいしそうなお肉!だけど、やっぱホタルが羨ましい(*^o^*)

石窯ピザももちろん羨ましいけどo(^-^)o

飯能では、ホタルが涼しさで反応がσ(^◇^;)わるかったようですが、
東京はホットヨガ・スタジオのような蒸し暑さでした。
とてもいいタイミングの避暑休日でしたね(^_-)
日和
2010/07/01 01:36
くぁ〜、何から何までおいしそう!!!
このお肉とピザがぁ〜食べたい(>_<)

蛍は、昔は家の周りに群で飛んでましたけど、最近は探して数匹見つかるかな〜って程度になってしまいました。
一年を通して水のたまってる所が無くなってきたせいなんだと思います。
かつては、タニシもドジョウもタガメもゲンゴロウも沢山居ましたけど、だんだん保護してる所じゃないと見れなくなるんでしょうねぇ〜
いつもは田舎が悔しいといってますけど、ちょっと寂しいですね。
ken
URL
2010/07/01 07:12
楽しそうぉ〜〜〜〜ですね〜〜
もとい、楽しいに決まっていますね〜〜
大雨で中洲に取り残される?心配のない所で
「金曜無理やりスタート、土曜帰り」のコースは
キャンプに限らず最高ですねヘ(^o^)/
我が家もいっつもそうしています。東京日帰りでも(笑)
次が日曜日というのは本当に貴重ですもんね。
さんざめくようなホタルは甲府に居たとき、
お田植えの前のイベントで何度か経験しました。
福岡でも探しているのですが・・なかなかです。
ピザもだけどダディお手配のお肉にジュルぅ〜ですヘ(^o^)/
nobara
2010/07/01 09:32
う〜〜楽しそう。
うちも田舎のくせに蛍を見ようと思うと結構山の方に行かないと居ませんねえ。
あとは保護されてる所かなあ。

焼きたてピザが旨そう〜〜。
お肉も霜降りでおいしそう〜〜。
( ̄¬ ̄) ジュル・・・
こういうイベントも良いもんですね。


>夫婦仲良く、子ども達も仲良く、気楽に誘えて、気楽に乗れて、気楽に断れる(笑)。

気軽に断れるって言うのはほんとに大事だと思う。
みんな予定があって普通だもん。
どっちの予定を優先するかはその人次第だし、気軽に断れるならまた次気軽に誘えるもんね。
良いお友達ですねぇ〜〜。(^^)
大事にしなくっちゃ。ですよ。
漂流ハイゼット
2010/07/02 00:10
おお〜〜
旨そう!
これが噂の、山形ギュウ!ですね
楽しそうだし、うれしそうだし!
よかったですね♪

はいむさんの周囲には・・・

旨い物が集まるのかな

ハンガーも連れてって〜(笑)

ハンガー
2010/07/02 04:09
ホタル見てきましたかぁ〜。楽しかったでしょう。
ホタルが少なかったのは夜遅かったからだと思いますよー。
次回はもうちょっと早く行きましょう!
ma-
2010/07/02 05:50
◎日和さん うふふ 楽しかったです〜〜!
そうそう、オラが過去に山形で見たホタルは、ホタル鑑賞テントというか、小学校の行程で、わりと大きな蚊帳の中にホタルを放してくれて、それを見たっきり。日和さんもぜひ飯能でリベンジを!
「どんだけ待っても真っ暗」それはツライ〜(^^; まあ、生き物なのでそんな日もあるとわかっていても、せっかくだからホレ、見たいじゃないですか。
飯能って、東京からほんの少ししか離れていないのに、ほんとに涼しかったです。川っぺりというのもあるのでしょうけど、ほんとに気持ちいいです(^^) 真夏まえの最後のキャンプかと思っていましたが、あの涼しさならまた行きたいかも・・・♪
はいむ
2010/07/02 21:15
◎kenさん でしょでしょ、美味しいんですよ〜(スミマセン)。
お肉はホント、期待を裏切らないですし、ピザはいつもに増して、やっぱり薪はいいですねえ。
kenさんのお住まいのあたりではホタルが飛ぶんですね〜!スゴイ。どうして山形でホタルを見たことが無かったのかなあと考えた時に、山形は田んぼばっかりで、水田の間しか水が貯まっていないんですねえ。
実家のすぐ前は山形城址でお堀があるのですが、めっちゃ水深があるので、ホタルどころではないのかもしれません。
そういえば、先週あたり、東京都内はゲンゴロウが絶滅したと報道されていました。
いやいや、田舎っていいと思いますよ。オラ本当はムスメが小さいうちに田舎に引っ越して、外遊びをいっぱいして育てたいんですが、義両親と同居してて、引っ越しは状況的に難しいので・・・退職してから田舎暮らしが夢なんですよ。
はいむ
2010/07/02 21:23
◎nobaraさん あはは 本当に楽しかったですよ〜〜。
nobaraさんも、金曜無理やりスタート、土曜帰りがお好きなんですね!ウチでは初めてだったのですが、すっかり気に入っちゃって・・・よく考えたら、車中泊なんか最適ですよね。金曜の夜にちょっと止まって、土曜日いっぱい活動して帰ってくるのなんて・・・。
甲府では、ホタルは早い時期に出てくるのでしょうか。イベントとのことなので、飼育されたホタルでしょうか・・・。さんざめくホタルなんて、見てみたいですねえ。今回ももうちょっと早い時間に行けば、もっと出たのかもしれませんね。本当はまた近々行きたいのですが、でも、来年でもきっとまた見に行くと思います!
ダディ手配のお肉、たまりません〜。ダディには手数をかけて申し訳ないのですが、でも、腰軽く請け負ってくれるので、ありがたいですねえ。ほんと!
はいむ
2010/07/02 21:27
◎漂流ハイゼットさん そうですか、そちらでも山の方に行かないとホタル見られないんですね。山形だとなんとなく、冬が寒すぎて居ないのかなあ?水田ばっかりだから乾季があって居ないのかなあ?・・・というと、四国なら暖かいし、もっと居るのかなあ?というイメージでしたよ〜。
このメンバーで行くと、本当に、美味しいもの以外食卓にのらないので、すごいんですよー。それぞれ得意分野があって、楽しめます。「気軽に断れる」っていうのは、大事だなあと、最近気づきました。以前は、断ることも、断られることも、なんだか次回がなくなりそうで不安な気がしていたのですが、このメンバーだと、大丈夫と思うんです。でも・・・楽しいおしゃべりと美味しい食べ物を思うと、万難を排して参加したくなるんですけどね(笑)。
車中泊で知り合ったメンバーさんもそうですが、この年になって新しい友達が増えて、とても良い関係っていうのは、嬉しいことですね(^^)大切にしたいと思います。
はいむ
2010/07/02 21:34
◎ハンガーさん そう、これが噂の☆写真のはちょっと黒ずんでいますが、サガリ(東京でいうハラミ)なので、こんな色をしています。絶品なんですよ〜。
というか!キャンプの直前に車がいかに美しくなったか!書きたかったんですが・・・ちょっと遠慮しちゃいました。ホトボリが冷めた頃、書いてみようかなあ。
オラの周囲ですか♪旨いもの、集まってきますよう。みんなオラが食道楽だと知っているので、同病相憐れむ、あ、ちがった、類は友を呼ぶで(笑)。
ハンガーさんもこんど一緒に行きましょう♪ファミリーですよファミリー。綺麗な奥様とカワイイお子さん、ぜひウチの家族と遊んでやって下さいね。
はいむ
2010/07/02 21:37
◎ma-さん ホタルの夕べ、楽しかったですよ〜。ほんと、出発までは大変でしたけど、企画してよかったです。
ホタルって、もっと早い時間だとよく飛ぶんですか?知らなかった〜。来年はもっと早く到着できるようにがんばります〜!ma-さんのところも、もうホタル飛んでますよね(^^)そちらも盛り上がっているでしょうか。いつかまたお邪魔させていただきますね。
はいむ
2010/07/02 21:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ほたる見の夕べ  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる