オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 結局(ぷくたんの災難その後)

<<   作成日時 : 2010/05/16 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

結局、翌日は相棒が休みをとってくれたので、ぷくたんを休ませることができた。

怪我をした当日の夜に野菜スープを作ったりして備え、翌朝は、オラも遅出でいいことにしてもらっていたので、ぷくたんペースで準備を進めていたが・・・

もともと、薬が大嫌いのぷくたん。
「あとで飲む」「飲みたくない」「あとで」と、なんとかして飲むまいとゴネる。

病気の時はそれでもちゃんと飲んでくれるのに、怪我が「念のため化膿しないように」という程度の薬であることを見抜いているかのようにゴネる。
(どっちかっていうと、親であるオラ達が「念のためっていう程度の薬だしなあ」と逡巡しているのを見抜いているのかもしれぬ。)

朝ごはん食べたくないだの、お腹が痛いだの、やっぱり食べるだの、いざ食卓につくと食べないだの、食べないで薬だけ飲めといえばイヤだの・・・

いいかげん、けが人にしても甘えすぎ!とオラの怒りも沸騰したところで、ぷくたんが噴水のように吐いてしまった(^^;

焦って相棒を呼んで手伝ってもらい、「そんなに具合悪かったのにやいやい言ってママも悪かったよ・・・」と言いつつ、観察してみると、吐いた物は、前日に飲みこんだ血液が固まったようなものが主だった。
(鮮血だったら喀血みたいで、オラが卒倒しそうだ)

そうか、血が固まったのが気持ち悪かったのか。

そのあたりでオラのタイムリミットがきたので、急いでベッドを整え、洗濯機を回し、うがい薬でうがいさせ、ぷくたんを横にならせた。

口を縫ってくれた総合病院に電話して、吐いたこと、吐いたのもあって薬が飲めないことを話すと、同時に処方されたうがい薬で口の中を清潔にしていれば、とりあえず化膿止めは飲まなくていいことになった。

そしてオラは出勤。

残された相棒は、グダグダするぷくたんに付き合って、頑張って一日を過ごしてくれた。

途中微熱が出たりしたが、まあ、ショックとストレスと、雑菌と戦っていたのか?その程度で、一日で熱は下がってくれた。

おかゆだの、細かく切って煮た野菜スープだの、短く切った麺類だの、思えば懐かしい離乳食作り。
しかし・・・離乳食の時はさして面倒とも思わなかった調理、ナゼこんなに面倒くさい?と考えたところ、おチビさんの頃と違って、味だの好みだのうるさくなっているからだと思い当った(^^;
まあ、面倒くさいなんていってはバチがあたる。
この程度で済んで元気にしていてくれるんだから、不幸中の幸いなのだ。

食べる量が少ないので、やや痩せたか?

土曜日は、楽しみにしていた遠足だけど、まだ流動食なのでお弁当は無理だし、遠足では親子競技があって、プチ運動会みたいな一日なのだ。
普段なら多少口元をぶつけてもナンてことはないが、ぷくたんをおんぶしてリレーで走り回ったり、ボール競技もあるはず。さぞや傷に響いて痛かろう。
説明すると、「こりゃだめだ」と理解したのか、遠足はすんなり諦めてくれた。

怪我から2日、少し元気も出てきたし、近場の公園のガタガタしない路面でスクーターに乗せたり、草花を摘んだりして静かに遊び、買い物などして、土曜は過ごしたのだった。

今日の日曜、かなり本調子になり、食べ物も細かく切ってやれば多少の固さでも食べられるようになり、話し言葉もだいぶはっきり発音できるようになり、ぷくたん節は全開。

「ねえねえ ママ! 今日は保育園やすみでしょ?パパもいないし、公園とかも行かないし・・・これは、ケーキとかクッキーとか作って遊べるねっ♪いいアイデアだと思わない?」

・・・ほんとにいいアイデアだ。

ということで、クッキーを作って楽しみ、出来上がったものをちゃんと食べられたので、口の方はかなり痛みも引いてよくなってきたことがわかった。

★ぷくたんと暮らす中で、もっとも和むひととき(笑)
画像


★出来栄えはなかなか。黒がぷくたん担当、白がオラ担当。
画像


傷は、口角の少し上の唇が切れているので、痕が残れば外から見えてしまう。
が、唇の一部だから、色がもともと赤くて助かった。

大きく切れた口の中は、抜糸前なので、傷口じたいは糸でよく見えない。
木曜の抜糸を楽しみに、きれいにくっつくことを願おうと思う。

ご心配くださって、メッセージやメールを下さった皆様、ありがとうございました。
なんとか無事、化膿もせずに回復できそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
子供の怪我って気になりますよねぇ。ご心労お察し申し上げます。
m(_ _)m

あの元気に走り回ってたぷくたんの怪我が順調に治っているみたいでとりあえず一安心かな。
漂流ハイゼット
2010/05/18 20:10
◎漂流ハイゼットさん ありがとうございます〜。ほんとに、今までにない怪我だったので、いろんな意味で大変でした。
ほんとにあの人ったら、元気者でしょう?(笑)
もう走り回っているのですが、抜糸前なので、ぶつけたりしたらどうなるんだろう?とこちらがドキドキです。
ひとまず、元気な姿で一安心(^^)ご心配いただいてありがとうございます!
はいむ
2010/05/19 00:23
大変だったですね〜
ぷくたん、偉かったですね〜
でも自分からクッキー作りのアイデアを出すなど・・
順調のようで先ずは一安心(なんて…私が云えませんが(^^;)

私も息子の1歳頃の裁ちばさみ事件を思い出しました。
結局テーピングでダメで(傷が塞がらなくて・・
再度、縫合した事です。季節もありますかね〜
口の中からの大量の出血は度肝が抜かれます。
この頃の傷だったらそんなにご心配には及ばないと思います。
お食事が早く、何でも出来るようになるといいですね。
どうぞ、お大事にね(*^-゚)⌒☆
nobara
2010/05/20 16:49
◎nobaraさん ありがとうございます!nobaraさんこそ、いかがですか〜?ブログを拝見するに、だいぶ良いような感じですが・・・チョボラもしばらくお止しになって、カルシウム類が全部ご自身の身体にいきわたるようご養生くださいね。
最初の3日間はけっこうショックが残って大変でしたが、日曜あたりから徐々にクッキー作りのアイデアを出すなど元気を見せ始め、今日、おかげさまで抜糸にこぎつけ、すっかり元気になりました。
息子さんの裁ちばさみ??こ こわ こわいい・・・・(^^;
こちらは早く回復できたので本当にラッキーでした。外から見たらほとんどわからない位置だったのも、不幸中の幸いでした。
若いってすごいですねえ(笑)細胞を製造する力が半端じゃないです!
はいむ
2010/05/20 23:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
結局(ぷくたんの災難その後)  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる