オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 車中泊キャンプの旅:その2 栃木へ出発前に・・・準備編(レシピ付き)

<<   作成日時 : 2010/05/12 00:26   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

写真が無くてスミマセン。

さてさて、飯能から戻って、5月3日は完全なオフとなった。

4日・5日は、相棒のアマチュアオケのアンサンブル演奏会がある。
オラも応援に行く予定だったが、めちゃ遠くて、会場は狭くて、演奏時間が長いとのことで、子ども連れは無理・・・ならば、前々から気になっていた、車中泊SNS(サークルみたいなもの)のオフ会が栃木で開催されるので、そちらに母子2人で参加させてもらおう!と思い立った。

そうなると3日は、飯能で車中泊して不便だったところを改善したくなる。

今まで車のウィンドウに貼っていた銀マット(アルミシート)は、100円ショップで手に入れた、薄手でペナペナしたもの。ウィンドウの形に切って、車中泊の夜に、ガムテープみたいな養生テープで窓の内側にはりつけていた。

このテープで貼る作業が面倒くさくてしかたがない。
いよいよ重い腰をあげて、しっかりした窓マットを制作することにした。

ホームセンターで1センチ厚のアルミ断熱ロールマットを買う。
120センチ×200センチのロールを、2巻。〆て1960円。

車中泊の先輩方のブログに載っていた、霧吹きで濡らした車のウィンドウにビニールを貼り付けて型を取る方式で、かなり精密にウィンドウの型をとり、アルミマットから各窓の分を切りだしていく。
やや、型より大きめに切りだすと、窓枠に突っ張るようにはめ込むことができ、テープや吸盤いらずでしっかり窓に固定できるようになる。

セレナを含め、最近の車はだいたいドアに窓枠があって窓があるので、アルミマットをはめこんだままドアの開閉ができる。窓枠のない車だと、そうはいかないかも。


それから、適当なカゴに分散して持ち歩いていた料理道具を、1つのツールボックスにまとめることにした。

買ったのはこれ。(←アイリスオーヤマ商品情報へ)

これに決めるまで、迷った迷った。
いまは実にいろんな種類のツールボックスを売っていて、目移りして大変。

ポイントは、インナートレーが、ボックスの面積の半分の大きさだったこと。
ボックスの半分は背の低いものを入れて、上にトレーを置き、小物を整理。
あとの半分は背の高いボトルやツールを立てて入れられる。フタも高さがあるので、かなり余裕がある。
これでショルダーベルトがついていたら最高だったなあ。

カレー皿・汁椀が5個ずつ、麺類用どんぶり3個、とり皿3枚、コップ10個、チャッカマン、トング3本、おたま、竹ベラ、薄型まな板、キッチンバサミ、包丁(小)、はし・スプーン、小ビン調味料(醤油、ポン酢、焼肉タレ、オリーブオイル、塩、こしょう、砂糖)、粉せっけん、スポンジ、たわし、カセットコンロ用ガス、うちわ、S字フックなど、全部入ってぴったりおさまった。

残念ながら、大口径のフライパンは入らず。当たり前か・・・(笑)。

カゴに放り込む式は、楽なのだが、車内に収納するときに積み重ねられないので、場所をロスする。
このツールボックスなら、重量物も上に重ねられるので、安心感が絶大。

セレナには「ラゲッジアンダーボックス」なる床下収納庫があり、かなりの容量で非常に便利。
この床下収納の面積は、クーラーボックスと前述のツールボックスを並べて入れられ、まだまだ余裕がある。
高さ(深さ)は、収納した両ボックスが床面より顔を出してしまうので、床下収納のフタはできない。

もともと車中泊の時はフタを外して自宅に置いていくので、この点は問題なし。

フタをしてしまうと、いったん車外に出てリアゲートを開け、フタの上のものを全部よけなければ、中のものを取り出すことができなくなってしまう。

悪天候のときや夜中、車外に出ずに、寝床の設営や荷物の整理なども全部車内でできるよう、フタは外すことにしているのだ。

あとはトイレ。
夜中に、女・子どもだけで公衆トイレに行くのはちょっと不安。
だけど、今のところポータブルトイレを車内に置くほど車中泊の頻度が高くないので、しばらくはトイレなしで様子を見ることにした。(ということは、置く可能性もあるのか・・・w)
ぷくたんが赤ちゃんの時に使っていたオマルをとりあえず持ち歩くか。
オマルの中にはペットシーツを敷くと、漏れたりせずに、捨てるのも楽。

ついでに、オラが使ってみて「便利!」と思った道具をいくつか紹介。

★イワタニ カセットフーBO-
小さいながら風防がついているので、屋外でも使いやすい。
火力は強すぎるほどで、最大火力で使ったことがないくらい。
これに、小さなスタンド型風防をプラスして使っているので、調理楽々♪
※風防をプラスするときは、カセットガスの方を覆ってはなりませぬ。
加熱・爆発の可能性があるので、注意。ご自分の責任の上でどうぞ。
※くやしいのはコチラ。オラの欲しい機能を全て網羅してお洒落。
BO-を買う前に発売されてたら、高価だけど絶対マーベラスにしてたと思う。

★炒め鍋フライパン
アウトドア用じゃない、普通の家庭用フライパンで十分と思う。
炒め鍋兼用で十分深さがあり、底が平らなヤツがいいと思う。
炒める・煮る・餃子やホットケーキを焼く、全て1つでこなせる。
中華鍋ふうの、底が丸いヤツは、平らなものを焼くときに不便。
テフロン加工の普通の鍋でもいいと思うが、深すぎるとやっぱり焼くのが不便?
ポイントは、鍋と取っ手の間の金属部分が長いこと。
炎が風であおられても、取っ手が溶けないように・・・。

★養生テープ
オラは布製のものより、ポリエチレン繊維のものが好き。
愛用しているのは、寺岡製作所のPカットテープというもの。
手で簡単に切れて、粘着力が強いのに、はがしてもノリ残りがない。便利〜♪
ホームセンターで250〜300円くらい。高いけど価値あり。
アウトドア以外でもあちこち使っちゃう。


***

今回のオフ会で作ったもののレシピを。

★具だくさんちゃんぽんラーメン

<用意するもの>
・お肉はコマギレなど適当に。
・野菜はたっぷりざく切りにしておく。
・水
・「お鍋ひとつで」シリーズの生麺or冷凍麺 ゆでこぼし不要。

<作り方>
・炒め鍋フライパンで、いきなり、お肉を炒める。脂が出てちょうどよろしい。
・野菜を投入して炒める。
・水を適量、ドボドボと投入。
 デイキャンプなら、自宅で沸かしたお湯をポットで持参すると早い。
・沸騰したら、ゆでこぼし不要の麺を投入。
・付属のタレを投入。 できあがり!

栃木で作った時は、水が足りなくて、汁にとろみがつき、麺がボソボソになってしまった。
あとで水を追加して煮直したものの、遺憾である。
次回はちゃんと水をたっぷり入れるようにしよう。


★炭火で焼こう 棒焼きパン
パンを巻きつける金串を忘れてしまい、メンバーさんに竹串をいただいてしまった。
この焚き火台だと、ちょうどいい遠火で、串不要で焼き上がることも判明。


今回だけでなく、あちこちでレシピのご要望をいただいた、棒焼きパン。
下は栃木に持参したレシピ。他にもレパートリー有り♪

生地は自宅で捏ね、クーラーボックスで氷温で持参するのが吉。

<用意するもの>
・強力粉 400g
・ブラウンシュガー 30g
・はちみつ 10g
・塩 6g
・バター 25g
・スキムミルク 10g
・イースト 小さじ1
・水 260〜270cc (国産小麦なら260、外国産なら270が目安。べたつかない程度)

・BBQ用の長い金串、BBQコンロなどの炭火

<作り方>
・上の材料を捏ねる。難しい話はナシ(笑)。よーくよく捏ねる。
 >>ホームベーカリーがあれば、材料を一気に入れて、「生地づくりコース・発酵ゼロ」で。

・捏ねあがったら、大きめの食品保存用ビニール袋に入れ、空気を抜き、袋の口をネジネジネジ・・・とひねる。

・ひねった先の方で固く結ぶ。
 >>要は、運搬途中で発酵して膨らむので、生地周辺に最大限の余裕をもって、袋を閉じる。

・三重にビニール袋に入れ、どれも、空気は抜いて、余裕をもって、袋を閉じる。
 >>一重だと、袋に傷がついたら、膨張したベッタベタの生地がそこから溢れて・・・キャー!

・クーラーボックスに入れ、氷温で熟成しつつ、出番を待つ。

・現地で焼くしばらく前にクーラーボックスから出し、常温に生地を慣らして、発酵を促す。

・適当にちぎって、しっかり串に巻き付け、炭火にかざしてじわじわと回しながら焼く。

・強火・近火すぎると、表面だけ黒こげになって中身が生になってしまう。
 >>じわじわ焼いて、指で押して凹みが戻らないなら、まだ。
    ぐぐっと押し返してくるようになったら、できあがり。

現地では、よく手を洗ってから焼きましょう♪
べたついた時のために、手につける強力粉を少々持っていくと心強いです。


あー・・・今回は写真がないのが残念。
用意したグッズだの、道具類を、写真入りで紹介できたらよかったのになあ。
写真入りでいつかページを作り直したいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
はいむさ〜ん♪もう車中泊の達人の域だねっ!
準備を楽しんでやっちゃうところがすごい!
元来面倒くさがり屋の私にはとてもマネできません(笑)
そうそうBBQといえばはいむさんのパン♪
レシピをお聞きしたいと思ってたところなの。
とっても嬉し〜♪
続編も楽しみにしてるね❤
えるえる
2010/05/12 12:20
柏倉ではごちそうさまでした〜〜。
あのおいしいパンのレシピありがとうございます。
m(._.)m ペコッ

柏倉で食べさせてもらってからおいしかったので、また食べたかったんですよね〜〜。
良かった、難しいのかと思ったら混ぜてコネコネするだけなのね。
(^-^)
そのぐらいだったら私にも出来るかも。

続編の柏倉オフ篇を楽しみにしてます〜〜。
漂流ハイゼット
2010/05/12 20:12
◎えるえるさん いやーいやいやいや、オラなんて車中泊の超ひよっこですよ〜。車中泊のオフ会では、車中泊のままずっと生活できそうなくらい快適な車ばっかり見せていただいて。えるえるさんのお次にコメントを下さった漂流ハイゼットさんも、軽キャンパーを自作されてて、すごかったです。
えるえるさんが面倒くさがり屋とはとても思えないんだけど・・・あの料理やキャラ弁、とてもまねできません。きっと、お互い、マメの方向性が違ってるんだね♪ ちょっとずつ得意分野が違うって、いいよね(^^)ほんと、一緒になにかやるときはいつもチームワークの良さを感じちゃう。
棒焼きパン、これは園BBQの初回の時のレシピとほぼ一緒。2回目、3回目は、豆乳はちみつバージョン、豆乳黒糖バージョン。
きっとえるえるさん得意のレシピの、水分量を5%くらい減らせば、どれもイケるんじゃないかな。
続編、どうぞ御用と御急ぎのないときにお付き合いくださいまし!
はいむ
2010/05/12 23:49
◎漂流さん こちらまでおいでいただきありがとうございます!柏倉ではお世話になりました(^^) 今でも漂流さんが作ってくれた釜玉うどんの美味しさが忘れられませんよ〜。
またオフ会に参加できるときは、パンくらいしかとりえがないので(笑)、きっと生地を持参すると思います。こんどは串を忘れないようにしなきゃ!
そーなんです、難しいことはなんにもなくて、捏ねるだけなんです。
生地は、最初手に粘って捏ねづらくても、数分がんばると手から離れることが多いです。数分経っても粘ってダメなら、粉を少量足すかんじです。
続編、今日は眠くなっちゃったので、明日以降がんばります☆ほんとに良い方ばかりに恵まれて、このシヤワセをUPせずにはおれません♪
はいむ
2010/05/12 23:55
柏倉オフではごちそうさまでした
パンもちゃんぽんも旨かったですよ
レシピありがとうです
ハンガーも料理が好きなので
今度、家族に作ってみます!
柏倉オフ、つづきUP楽しみにしていますね
今度は相棒も参加ですね

もちろん

オフ会限定、ハンガーログエース託児所もオープンしますからね♪
ハンガー
2010/05/13 01:28
◎ハンガーさん あらら すみません!お返事が抜けておりました・・・ぷく事件で動転していたのか、失礼いたしました。
ハンガーさん、料理もお好きなんですか!すごーい。あの車改造テクニックに、料理好き、子どもから好かれ、誰からも愛される。いやー、ほんと素敵だっ・・・と感服です。
ハンガーログエース託児所はすごかったですね。勝手に上がりこんで(スミマセン)本当に本当に楽しそうに遊んでいました。快く上がらせていただいて感謝です。あんなすごいキャビンが手作りできるなんて。新しい目標をいただいた思いですよ〜。
(持ち上げすぎじゃなく!ほんとですよー。)
はいむ
2010/05/20 23:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
車中泊キャンプの旅:その2 栃木へ出発前に・・・準備編(レシピ付き)  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる