オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 車中泊キャンプの旅:その1 飯能編

<<   作成日時 : 2010/05/10 01:36   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 6

GWは、土曜を含めカレンダー通り1日〜5日の5連休となった。
前半は飯能へ、後半は栃木へ、両方とも車中泊ながらキャンプ場に行ってきたので、旅行記を。

本当は、今年のGWは長野に行くはずだった。
オラ知らなかったのだけど、東京から長野って遠いのだ。

ハタチの頃は箱根が大阪のあたりにあると思っていたオラ。
土地勘がないことを笑わば笑え。
(東京に来てから、コッチの人に山形が東北のどこにあるか聞くと、半数近くの人は間違うぞ。五十歩百歩である)

長野は埼玉の隣だと思っていたのだ。
実際、よく見たら、長野と埼玉は県境があってちゃんと隣である。
でも、高速道路で行こうとすると・・・。

2年前のぶどう狩りのとき、当たり前のように大渋滞に巻き込まれ、中央高速なんか二度と乗るもんかと思ったが、地図をよく見たら、その甲府のまだまだ、まーだまだ先が長野なのだ。

「遠い〜!長野が山梨より遠いなんて、知らなかったよう。なんか近場でいいとこないの?」と相棒に尋ねると、「小学校の時、飯能の名栗川でキャンプしたけど・・・」という答えが。

調べてみると、なんとまあ近くて、自然にあふれ、のんびりした感じで、えらく気に入ってしまった。

「いや、伊豆方面とか」「箱根とか」「油壺マリンパークとか」と、かすかに抵抗を試みる相棒の言葉を封じるかのように、やや強引に、「飯能がいいよう。名栗川、すごくいいじゃん。ほらほら、こんなキャンプ場とかあるし。温泉もあるよ〜。ぷくたん、BBQとか大好きじゃん。それにぷくはあんまり水族館とか喜ばなくない?」とたたみかけ、行先は飯能に決定した。

・・・決定しちゃったら、オラが責任を取らなければ・・・。

というわけで、相棒から頼まれてもいないのに(笑)、燃料や食材、煮炊き用品や道具などをほとんどオラが準備して、4月30日(金)の夜に車に積み込み(力仕事は相棒もちゃんとやってくれた)、夜中に出発!

時間だけに道路も混まず、スイスイと飯能に到着。
その時点で深夜になっていたので、なんとなく見つけた秘密の場所で車中泊。

翌朝は、目星をつけていた個人経営のキャンプ場に交渉し、とりあえず日中の使用料だけでデイキャンプ(昼間だけのキャンプ)をさせてもらい、居心地がよければそのまま一泊料金を払って車中泊させてもらえることになった。

小ぢんまりとしたプライベート川原(笑)は、キャンプ場のお客さんだけが使用可能で、直火でたき火OK。
鍋を借りて薪代を払えば鍋もできる。
目の前の川は澄みきってほどよい速さで流れ、空はどこまでも青く、ウグイスが鳴き、野の花がそこここに咲き乱れ、最高のロケーション。

ぷくたんは、浅い川原を見て大興奮。
砂場用のスコップとおわんを持って、一人さくさくと川原を掘っくり返してみたり、謎の生物を捕らまえてみたり(のちにカゲロウの幼虫と判明)、ぼーっと川を眺めてみたり、とにかく川が珍しくて仕方が無い様子。

★さくさくと掘っくりかえすぷくたん。
画像


★カゲロウの幼虫と、カワニナ。我が家のカワニナの倍くらいありそう。
このあと、ちゃんと放流しました。
画像


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ビバ、川原。

一人っ子のぷくたんが、こんなにも手を離れて、一心に遊んでくれたことがあろうか?いや、ない。

オラと相棒は、パラソルを立て、椅子を並べて深々と座り、お湯をわかしてコーヒーを飲んだり、食べ物をつまんだり、お昼のきつねうどんを煮込んだり、ボンヤリと川面を眺めて呆けたり、時々ぷくたんと川原を探索したり、また椅子に戻ってのんびりしたり、実に実に充実した一日を過ごしたのだ。

★BGMは、ウグイスの鳴き声。2羽が鳴き交わす。
画像


「明日もここがいい!ここで遊ぶ!ここに泊まる!」と言うぷくたんを見て、反対する必要などない。

キャンプ場のオヤジさんに泊まることを申し出て料金を払い、夕方にいったんキャンプ場を出て、「さわらびの湯」という公営浴場に風呂を浴びにいった。

このへんは材木で有名らしく、全館、木材でできていて、建物が非常に魅力的。
露天風呂は小さいけど開放的で、柵から外を覗くと目の前は名栗川。空気がとても気持ちいい。
お湯は循環させているらしく、やや塩素臭がするものの、肌あたりは悪くない。

座敷でしばらくゆっくりしてから、GWで19時閉館(いつもは18時閉館)のため、退館。

飯能市内に向かって車を走らせ、翌日の食材を買い出しして、キャンプ場に戻り、車内をサクサクと設営。
平らになった車内でゴロゴロ、ポップコーンをつまみながら家族3人で小宴会をし、21時過ぎに就寝。

よーーーーく寝て、翌朝は遅めに起床、朝ごはんを適当に用意して食べ、また川原でのんびり遊ぶ。

★翌日、さらに晴れ渡る空には雲ひとつ無く。ウグイスの声も冴える。
画像


この日はお昼頃から続々とお客さんがやってきて、小ぢんまりした川原は、タープやテントでいっぱいに。
それでも遊ぶ場所には事欠かず、思い思いの川遊びを楽しんでいた。
大型のカヌーを積んできたお客さんがいたので、川がカーブした死角の向こうでは船遊びができるのかも。

ぷくたんも昨日の物珍しさがなくなった分、オラ達を引っ張りまわす率が増え(笑)、やや相手が面倒だったが、それでも夕方までまたよくよく遊んで楽しんでいた。

2日間のヒットは、焼き芋!
山形の芋煮会では、濡らした新聞紙とアルミホイルで巻いたサツマイモをたき火で焼くので、同じようにしたところ、相棒とぷくたんに大ヒット。
オラでも歓声をあげるほど、黄金色に焼けたネットリほわほわの焼き芋は美味しく、3人で2日間で4本も食べてしまった。

★ねっとり、極甘。「この蜜のようなお芋!」とぷくたん。オラと言うことがソックリ。
画像


予定では5月1日〜3日まで放浪するはずだったが、ぷくたんも十分遊びきった様子なので、2日でキャンプを切り上げて、帰り道のスーパー銭湯で汗を流して夕食を食べて帰ることにして、2泊2日の小旅行は終了となった。

3日は家でゆっくりし、4日〜5日は、相棒はオケのアンサンブル演奏会のため個別行動を。
オラは、車中泊好きの人々が集まるというオフ会に参加することにして、ぷくたんと栃木へ。

そのへんは、次の記事でUPしたいと思っている。
UPするのが億劫にならないよう、長文を自制したいところ・・・である。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い 面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ほたる見の夕べ
暑くなってくると、一気に元気がなくなるのがオラの特徴である。 ...続きを見る
 オラの日常
2010/07/01 00:19
飯能・名栗川、ほたる見の夕べ
毎年恒例、ムスメが0歳児の頃から一緒の保育園で育った、 仲良しファミリー4組で、「ほたる見の夕べ」に行ってきた。 ...続きを見る
 オラの日常
2013/06/18 00:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
川原でBBQ(⌒∇⌒)
川原でキャンプ\(⌒∇⌒)/
どちらも大好物です。秋川周辺で昔はよく遊びました。
川のせせらぎ・・・なごみますよね〜。
お天気も良く、ぷくたんも存分に川原探検ができて、これぞゴールデン!なお休みになりましたね。
渋滞もなく、リラックマな3人の気持ちがふわりと伝わってきます(*^o^*)
ぷくたんとの栃木路もたのしみo(^-^)o
だって私のふるさとなんだもん。
日和
2010/05/10 03:13
飯能は十分に都心の通勤圏なのに信じられないほどの自然が
素晴らしいところなんですよね〜〜
中央道から長野道に乗るにも、一番の渋滞覚悟?
下手したら高速上で野宿になるかも?
佳いチョイスだったと思いますよ!
ぷくたんにも喜んで貰って面目躍如でしたねヘ(^o^)/

カゲロウの幼虫はnoba旦の垂涎の物です。
渓流釣りには喉から手が出るしろものですからね〜
釣りの前に石をひっくり返して確保するのです。
それがなければ高級イクラが必要ですよってにな。
私は連休「軍艦島」に上陸!
上陸寸前、船酔い「気分は悪くなかったの」
デッキで大波に叩きつけられ備え付けのクーラーBOXで胸を!
痛いよりも恥ずかしさでいっぱいになってその後もクリア。
家で咳するのも痛くて救急病院にいったら肋骨の8番目にヒビ!
それからはサポートをして静かな日々を強いられています。
勿論ジムもドクターストップ。コーラスもダメ!
体重計見たら、激太りしていっています。(あ゛〜〜〜ッ
nobara
2010/05/10 09:59
“かすかに抵抗を試みる相棒”さんの様子が伺え、笑いました。
飯能は、高校時代に友人の家に遊びに行っていました。
そう、まさしく穴場なんだろうなあ、と思ってはいたのですが、そのように友達の家に行くくらいの近さなので、こういった角度からのアプローチはございませんでした。
なんだか、良さそうですね。
まる
2010/05/10 21:15
◎日和さんも川原好きなんですね♪気持ちいいですよね〜。秋川は、今の会社に入ってから連れて行ってもらいました。東京では、今までのところ、まだぷくがいない頃に多摩川、そして転職して秋川、今回の名栗川、しか知らないんです。
オラ、山形では当たり前のように秋に川原で芋煮会をやるので、アウトドアが「趣味」だとは思っていなかったのですが、どうやら周囲からは「アウトドア好きな人」というレッテルを貼られつつあります(笑)。
今回の飯能行きは、たしかにかなーりリラックマでした。子連れなのにあんなにのんびりしたのは初めてです。いつもせわしなくて・・・。川に落ちる心配もほとんどしなくてよかったのは成長の証ですよね。
日和さん、栃木ご出身だったんですか〜!オラ、15年、10年ほど前に、2回日光に行ったきり、栃木は超初心者なんです。いいとこだな〜♪とこちらもすっかり気に入ってきました。
自然が残っていて、なのに幹線道路沿いにはなんでもあって便利。山形と似ていましたよ(^^)続きは近日中にUPしたいと思います。
はいむ
2010/05/10 23:52
◎nobaraさん!大丈夫ですか?カゲロウより中央道より、nobaraさんの肋骨が心配です(^^;
船に参っていたところをクーラーboxに直撃とは、さぞやお苦しかったと思います・・・。恥ずかしいと痛みは半減しますが、あとでうずいたことでしょう・・・。どうぞ静養なさって、快癒を目指してくださいね。ブログは好調のようでなによりでございました(笑)。体重などなんのその、快癒されてから引き締める方向性で(^^)
今回はほんと、長野の遠さにびっくりでした(笑)。関東の人にとっては知らない方がおかしいようなことですが、オラにとっては驚きでしたよ〜。前回の長野行きは千葉県民だったときなので、そのときは遠くて当然と思っていたようです(笑)。
カゲロウの幼虫は、ぷくが捕らまえてきたとき「いったい、なんじゃこりゃー!背中側にヒレみたいなのがついている・・・」と驚きました。しかし、じっと見ているうちに「カゲロウの子ども?」とインスピレーションが湧きまして。帰宅して調べたらビンゴでした。
これが渓流釣りに役立つとは、勉強になりました。ぷく大喜びで、カゲロウの幼虫にぷくが釣れてましたよ〜。
はいむ
2010/05/11 00:10
◎まるさん アハハ 実物の相棒をご存知なだけに、思い浮かびましたでしょう?おそらく、想像通りのシーンと思いますよ(笑)。
まるさんにとっての飯能は、友達の家、という感覚なんですね〜。オラにとっては、近くにこんないいところがあったなんて!なんで教えてくれなかったのよー、という感覚です(^^)
先にお誘いメールを送りましたが、お友達の家感覚の近場ではありますが、もしご一緒できればこんなに楽しいことはありません♪みんなで蛍を見にいけたら最高です!
カゲロウの幼虫と一緒に捕まえたカワニナは、蛍の幼虫の餌になるんですよね。カワニナがいっぱいいる川には蛍もいっぱいいるそうですよ。
はいむ
2010/05/11 00:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
車中泊キャンプの旅:その1 飯能編  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる