オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 電球型蛍光灯の寿命

<<   作成日時 : 2010/03/24 23:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

電球の話など、専門家に任せて、子育てネタをUPするべきでは・・・(^^;

なんでわざわUPしたかっていうと、電球型蛍光灯が8年もって、寿命を迎えたからなのだ。

公称の寿命は8年くらいらしいけど、同じメーカーでもこんなにもったのは初めてだ。
改築であちこちに取りつけて以来、今までもったのはその1個だけ。

ウチは電球型蛍光灯を愛用していて、リビングその他、あちこちの照明に使用している。
「長寿命」といわれる電球型蛍光灯も、それなりに球切れをおこし、今まで何度も交換してきた。

ナゼこの1個だけ、こんなに長持ちしたのか・・・

これは我が家の通路となっている場所に1灯だけポツンとある電球で、夜に一度点灯したら、寝るまで消すことはない。

「もったいない!」と思われるかもしれないが、その通路の片端にスイッチがあり、反対端にはスイッチがない。
電気を消したら漆黒の闇になる環境なので、手探りで通り抜けなければならぬ。

危なくてしょうがないので、仕方なく、点灯しっぱなしにしている。

※我が家は築30年を超えてから改築して住んでいるので、電気配線に無理があり、スイッチの増設はできない。

使用時間はリビングより長いくらいだし・・・やっぱり点灯・消灯の回数が少ないから長持ちしたんだろうな。

電球型蛍光灯を使っている場合、こまめに消す方式と、少しなら点灯しっぱなしにする式、どっちがエコなのかなー?

そろそろ、電球型蛍光灯もサヨナラされるのかもしれない。
LED電灯もできたことだし、白熱球の生産終了のニュースも聞こえてきた。

そんな今ごろになって、電球型蛍光灯の豆知識。

リビング灯に多いシャンデリア型になっている場合、電球型蛍光灯のメーカーは統一する。
でないと、けっこう顕著に色味が違って、非常にちぐはぐな感じになる。

うっかりメーカーを間違っちゃったら、1灯で利用できる場所で使えば大丈夫。
当たり前か・・・(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
電球型蛍光灯の寿命  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる