オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS デート、そしてスタレビ保谷へ

<<   作成日時 : 2010/03/11 01:18   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

先週の土曜日(6日)は、のんさんとデート、そして、スタレビのライヴだった。

オラの、のんさんとスタレビへの愛(笑)について、ブログで熱く語ったことがあった。(←気になる方はこちらをクリック)

のんさんには、いつもいつもチケットではお世話になり、ライヴといえばご一緒させていただいている。
感激をともにできる友達と一緒に行けるというのは、幸せなこと。

今回は、保谷こもれびホールが会場だった。
いつもの都内公演に比べたらずいぶん近くて、同じ多摩地区として「地元の」と言いたくなる嬉しさだ。

600席強のホールって、あまりにも小さくない?と思っていたら、あとでサポートメンバーの添田さんのブログで、ツアー中一番小さい会場だと書いてあった。

やっぱし・・・だってオラが20年も前に行っていた仙台電力ホールだって、もう少し大きかった気がする。
東京公演で600席だからして、案の定、ファンクラブ先行発売でもチケットは抽選となってしまったようだ。

その抽選をみごと勝ち抜いてくださったのんさんのおかげで、オラも、コンパクトなスタレビを楽しむことができた。
ほんとうに、感謝!


その、のんさん。

今回は、ライヴ前にオラの家に遊びに来てくれた(^^)

オラは一昨年、のんさんのご自宅に泊めていただいたので、いつかウチにも遊びに来てほしかったのだ。
保谷公演があってようやく夢叶ったというところ。

なんというか、のんさんとは、しゃべっていてネタが尽きることがない。

すでにのんさんのブログにライヴの詳細レポがUPされていて、そこに、のんさんとオラの不思議なご縁についても書いてくださった。

身長(←ココ重要)や、体質や、自分&家族の年齢構成、一時期は知らずに近所に住んでいたとか、同時期に同じ趣味を知らずに始めてたとか、これまた知らずに同じ資格試験を同時に受けようとしてたとか、本当に不気味なくらいいろんなことがカブるのだ。

今までは「前世姉妹だった」と思っていたが、あまりにもリアルに似すぎているので「異父母姉妹だ!」ということに落ち着き、ランチの会計のときには、何も知らないマスターから「ごきょうだいですか?」と言われたほど。(大笑い)

今回の保谷公演は、オラにとって半年ぶりのライヴ、かつ、20年前を思い出す小さい会場ということで、特別感いっぱいだったのにもかかわらず、なんだかのんさんとのデートが嬉しすぎて、何日も前からソワソワして計画を立てて、ライヴの前にはもう一仕事終わった気になってしまった。

それでボーーッとしてしまい、会場に向かうのが遅くなり、開演ぎりぎりセーフで間に合った。
運転してくれた相棒には感謝(^^; 途中の渋滞では、車内で走り出したいほどあせってしまった。

さて。


今回のホールは、音がよかった〜!

半年前の東京厚生年金会館(2days)は、かなり音が悪くて、構成とか演出には大満足だったけど、音に集中できなかったのだ。

今回は、全部の楽器の音がそれぞれよく聞こえて、音が割れたりゴシャつくこともなく、各人のマイクもいい具合にバランスよく、とても満足。
音に集中できるので、ずっとリラックスしたまま、演出とかも十分楽しむことができて、まさに「ビバ!保谷」。
音響がよかったのか、広さがよかったのかわからないけど、全部の音がバランスよく、目で見るステージと、耳で聴こえる音の距離感がちょうどよくて、全身包まれる感じに浸りきれた。

いつものように全曲レポといきたいところだが、時間がない・・・。
いや、実はのんさんの全曲レポを見たら、あまりにも感想が重なっていて、オラが書く必要を感じなかったから。
呵呵大笑。

とにかく、大満足。
彼らのステージにも満足だけど、自分を含むお客さんにも満足(おこがましいオラ)。

たとえ会場が小さくても、最後に要ちゃんに「最高のバックコーラス&ダンサーはオマエらだっ!」と言ってもらえるように、手を抜かず息を抜かず、「We are Stardust Revue!」のつもりで楽しみきる感じ。

あと、「ご当地アカペラ」のコーナーでは、長年愛してきた「保谷名物かりんとう(旭製菓)」を歌詞に取り込んでもらって、これまた大満足!
なにしろオラは千葉に住んでいたときから旭製菓のファンだった。
他のお客さんが持っていた旭製菓のかりんとうは、ステージにお召し上げとなってしまい、開封・味見のうえ、アカペラの中では要ちゃんが齧る音で打楽器として使用されたのだ。(すごいアドリブ!惚れ直す〜)

・・・のんさんの足元にあった、手土産のかりんとうがステージお召し上げにならなくてよかった・・・笑。

もひとつ満足なのは、10月公演から半年間の変遷について。

毎回、毎回、良いと思ったチャレンジは全部実現しているんだろうなあ・・・と思わせられる、演奏全体がさらに練れて磨かれた感じになっていた。歌とコーラスもだし、各楽器のソロもすごい。胸がドキドキするほどすごい。

のんさんは毎月1回は通って聞き込んで、この変遷をずいぶん見守っていらしたんだろうなあ・・・と思うと、喉から手が出るほど羨ましい〜!(ご家族揃ってファンだからこそ、遠征も可なところがイイなあ)

オラは遠征が難しいので、次回は5月末の東京2daysで戻ってきてくれるまでおあずけ。

(あっ、全国どこに住んでいても「この街に戻って来てくれた」と思えるのがツアーバンドのファン冥利たるところ)

ツアーのラストを飾る2daysも、のんさんにお願いしてご一緒にチケットをとっていただく予定。
ラストまで、いったいどのくらい彼らは進化しちゃうんだろう?
弥が上にも期待が高まるオラであった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
姉さん!ブログにまで登場させていただきありがとうございました。
おかげ様で、本当に楽しゅうございました(^^)
お邪魔してお茶をいただいていた時点で、楽しみにしていたことが終わったかのような充足感に浸ったのは否めないですねぇ(笑)
久々にぷくたんにも会えて、楽しかったです♪

とは言え、ライヴも素晴らしかったですね。
次はファイナルご一緒できるの楽しみです!!
(こっちも一般発売に入ってるので入手できたと思われます)

あと、あと、もしもリンクから私のレポに飛んでくださった方がいたら・・・ちょっとビョーキなので若干視点がオカシイですが、無視してくださーい。あしからずー(爆)
のん
2010/03/11 16:55
◎のんさん どーもどーも、姉ですw
こちらこそ、楽しかったですよ〜。反芻動物のように反芻してます(笑)。なんでしょうねえ、ほんとに16時の時点で一仕事終わってもう帰るか〜てな感じでしたよね。車中でぷくと遊んでいただいてありがとうございました。あのときののんさんの反応の早さにはびっくり。あんなに楽しそうなぷくを見たのは久しぶりでしたよ〜ほんと。
で、もちろん、ライヴは素晴らしかったですよね。
のんさんのレポ読んで、いちいちうなずいてます。もちろんのんさんの方が聴きこんでらっしゃるので、あと、あのお方の小技とかwwオラにはない感想も出てくるわけですが・・・ほぼ同意です!うん。ファイナル、とれてそうですか!よし、また5月末まで元気で生きていけそうです♪楽しみにしていますですよ〜。
はいむ
2010/03/12 00:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
デート、そしてスタレビ保谷へ  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる