オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 国際宇宙ステーション(ISS)が見えた!

<<   作成日時 : 2010/01/26 00:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 13

今日の夕方、17時55分頃、宇宙飛行士野口さんが乗っている国際宇宙ステーションを肉眼で見ることができた!

予定より早めに観察することしばし・・・遠くに、強く光る星のような美しい点が見え始め、きれいな軌道を描いて、西の方から東の方へゆっくりと動いて見えなくなった。

なかなかドラマチックだった国際宇宙ステーション観察。
日没・日の出前後の2時間くらい、宇宙ステーションに太陽の光が当たって反射しているときに、自分の居場所の空近くを通ってくれれば見えるようだ。

見たい方はコチラ(国際宇宙ステーションを見よう!)

今後はしばらく明け方じゃないと見えないようだ。
早起きは苦手なので、今日見られてラッキーだった〜!



***御用と御急ぎのないかたは、↓の長文レポをどうぞ(笑)。

今朝、会社で社長が「昨日、宇宙ステーションがすっごく綺麗に見えたのよ〜。今日は17時51分頃らしいよ〜。屋上からみんなで見ようか(^-^)」とニコニコで話していた。

※この「社長」という呼び方、ご本人はあまりお好きでないようで、オラも呼びづらいのだけど、ここでは他に呼び方が見つからない。とりあえず「社長」と呼ばせていただこう・・・。

こういうイベントは大好きだが、あいにくとその時間はぷくたんのお迎えで保育園に行かねばならぬ。

ならば、いつもより10分ほど早めに迎えにいき自宅で見ようと思って、少し早めに保育園へ。

今日の遅番保育担当は、主任級のベテランで、気さくに話しかけてくれる楽しい先生だった。
なのでオラも気安く「○○先生、今日もうすぐ空を宇宙ステーションが通るのを見られるらしいですよ〜。あの野口さんが乗ってるのが・・・知ってました?」と話しかけた。

すると「えっっ??今日?今?いつ?あと10分? 見た〜い!子ども達にも見せた〜い!!・・・どうせもうお片付けの時間だし・・・

・・・みーーんなーーー!!これから宇宙ステーションがお空を通るから、お片付け!片付いたら、真っ暗にしてみんなでベランダに出て、見よーーーう!!」

と、いきなりイベントモードに突入(笑)。

オラも慌ててぷくたんに帰り支度をさせ、お片付けを手伝い、ベランダに出る準備を・・・
保育室の電気は消され、真っ暗になり、子ども達は大興奮で東のベランダへ。

あれ?

保育園のベランダは、東向き。
前情報の宇宙ステーションの通り道は、西北西から南南東(だったかな?)の空へ軌道を描くはず。
ってことは、東のベランダから見られるとしたら、軌道の最後の半分か、運が悪かったらちょこっとしか見えないはず・・・。

お迎えに来たお母さん達も、真っ暗な保育室にびっくりしつつ子どもと一緒に観察を始めている。
ヤバい。騒ぎの元を作ってしまったオラ、責任重大である(^^;

ぷくたんが遅番保育のみんなと一緒に東のベランダに出て夢中になっているのを確認し、オラは一人、西向きの保育園の玄関に走った!

ドキドキしながら見ていると、○○先生も走ってきた。

先生「見えた?来た〜?」

はいむ「いや、まだです・・・どうしよう、ちゃんと見えるかなあ・・・月も星も見えてるから、見えると思いますけど」

先生「うん、雲ひとつないものねえ・・・あれは?いや、飛行機かあ・・・よし、ベランダに戻ろう」

はいむ「私ちょっとこっちで見てます!・・・・・・・?! あ!!!先生!せんせーーーい!来たかも!」

玄関に走り戻ってきた先生も空を見て、軌道を確認するやベランダに走り戻り、子どもたちに「来たよ〜来たよ〜。あっちの空を見ていてね、屋根の方から出てくるから!!」と伝える。

オラは玄関に残り、西から南の空にきらめく大ぶりの星のような宇宙ステーションが描く軌道にウットリ・・・で、子ども達のいるベランダ方面に軌道が消えると、ベランダに走り戻って、ぷくたんと一緒に観察。

子ども達は大喜びで、「ロケットだ〜!」「宇宙船だ〜!」と口々に叫んで、大興奮。

あの星のような宇宙ステーションの中に、野口さん含めクルーの人たちが乗って頑張ってるんだ〜・・・何してるのかな〜。こっち見ててくれたら嬉しいな〜。なんて思いながら、思いのほかずいぶん感動したのだった。

先生に知らせてから、宇宙ステーションが過ぎるまで、あっという間の20分間・・・。
責任重大でドキドキしたけど、ちゃんと見えて良かった。
子ども達が喜んでくれて良かった。
そして○○先生だけでなく、遅番パートの先生方まで大喜びしてくれたのも良かった(^^;
お騒がせしてスミマセン。

宇宙ステーションは、強く星のように光ってとても綺麗な「点」だった。
「人工衛星」という名前は伊達じゃなかった。

夜に飛ぶ飛行機やヘリコプターの光は、近い空で、電気で「発光」している感じ。
宇宙ステーションの光は、ものすごく遠くの空で、太陽の光を受けて光っているので、まさに衛星のよう。

あんなところに人がいて、往復して滞在してプロジェクトを進めるって、ほんとにすごいこと。
オラが小さい時の夢物語が、実現しちゃってるんだなあ・・・。

というわけで、今夜は思いのほか楽しいイベントを体験できた。ぷくたんもいい思い出になった様子だ。
次回また日没頃に見られるときは、双眼鏡を用意して楽しもうと思う(^^)
仕事以外の情報にも敏感に、お楽しみを教えてくれた愛すべき社長にも感謝!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
◇◆ 野口さんに手を振ったァーー◆◇ 国際宇宙ステーションが通過  ★お年玉切手シート★
何気なく訪れたはいむさんちで国際宇宙ステーションが肉眼で見られる事を知りました。 ...続きを見る
nobaraの散歩道
2010/01/27 10:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
そうだったんですかぁ〜〜〜?!(°0°)残念・・・(>_<)
全然知りませんでした・・・肉眼で見えるって、それはそれは素敵なひとときでしょうね。人が地球を回っていて、それが地球から自分の目で確認できる・・・そう思うと、ヒューッと自分が遠く宇宙に飛んでくようで、身震いがします。自分も宇宙のひとつなんだ。
こんな経験ができるなんて、ほんとに夢みたいですね。
ぷくたんがアラフォーになるころの空はどんな風なんでしょうね(^_^)
次回の野口さん東京周回の時は、ぜひ、事前に教えてください<(_ _)>
日和
2010/01/26 01:38
うわ〜〜ステキ。
こっちでも見られるかしら?
ただ、ここのところ天気悪くてねぇ。乾季のはずなのに…
ぷるぷる杏仁
2010/01/26 09:00
うわぁ〜〜ドキドキして見ましたよん。
その、国際宇宙ステーションが見られるって事より、
おいおい、はいむさん、ここまで事を大きくして、
だいじょうぶかいな〜〜のはらはらでした。
はぁー良かったぁ〜
私もね〜こういうとき皆を巻き込んで大騒ぎするのよ〜
吾に返ったときに、ウン?大丈夫だろうか?と
不安が急に押し寄せてくるの・・
おチビさんたちにもそのママ達にも先生達にも感動を
与える事ができていがったな〜(安堵と感動)
出来るなら私も見たいよ〜〜福岡は何時頃だろ?
調べてみますね〜素敵な社長さんで幸せね〜♪
nobara
2010/01/26 17:48
それでね。国際宇宙ステーションさんのHPを見たらば@@
福岡1/26 18:12西北西〜18:14南西〜18:16南南東ってあるじゃない?いやぁ〜慌てたのなんのって。カメさんをセットしてベランダで待ちました。アレかな?コレかな? 金星さんと間違ったりしたのですが、思ったより早く西北から南南東(丁度小高いマンションがあるの)に消えて行きました。写真は設定がうまくいかず残念!でもはいむさんと同じようにいろいろ想像しながら一人感激しちゃいました。(グリルの焼き椎茸を炭にしちゃいましたが・・エヘヘ(-_-;))
宇宙っていいな〜夢がいっぱいですよね〜
カメさんより双眼鏡にすれば良かったのね〜
次は2/2・3・4の早朝みたいです。がんばろっかな。
nobara
2010/01/26 19:10
◎日和さん テレビで国際宇宙ステーションの話を放送しているとき、肉眼で見えるなんて教えてくれましたかねえ・・・?全然知らなくって。やはり日和さんもご存知なかったようですね〜。もっともっと肉眼で見えるってアピールして欲しいですね♪実際でも、日本列島は長いので、場所によって見える日時が全然違うので、全国放送しちゃうと問い合わせが大変なのでしょうか(笑)。
見慣れた飛行機やヘリコプターとは全然違う感動がありましたよ☆
オラも少なくとももう一度見たいと思っているので、もしここで予告できそうならUPしますね。さあ、この感動をもう一度・・・(^^)
はいむ
2010/01/27 00:15
◎ぷるぷる杏仁さん おお、そちらでも見られるのでは?
どうも軌道からすると、緯度が低い(赤道に近い?)方が出現頻度が高そうなんだけど・・・ぷるぷる杏仁さんの地域でISS観測情報が出ているホームページなど、ないでしょうか。中国語はからっきしなので、探して差し上げようという努力すらできないオラなのですが(^^;
輸送船がISSにドッキングしたり、ISSを出発したり、その勢いとかで軌道が変わっちゃうらしく、先々まであまり予想できないようなんです。日本に戻ってからでも見れるといいですねえ。
はいむ
2010/01/27 00:22
◎nobaraさん すごい!すごい強運の持ち主ですねえ!
オラも見てみたら、今日の観測は福岡近辺のみOKとなっていて、本州以北は見えないという予測でしたね。いやー、1個めのコメントをいただいてから数分で観測できちゃうなんて、ほんとすごい運です!
カメラは残念でしたね〜。やっぱりなかなか難しいみたいです。でも、シャッターを開放に近いような設定にして、長時間露光でかまえていると、まるで長い長い流れ星のような軌道を全部写し取ることができるみたいなので、いつか空気の澄んでいるときにチャレンジしてみたいものです。
今まで特にISSについて興味を持ってるわけじゃなかったのですが、実際に見るとほんといろいろ想像しちゃって、すっかりファンになってしまいました。
nobaraさんなら早朝でもいけそうですね!オラは・・・とてもムリそうです(^^; また、夕方を狙いますよ〜。・・・グリルの椎茸ちゃんは、ご愁傷様でした〜!
あっ、そうそう。オラ保育園では大騒ぎしたわけじゃないんですよ〜(と自己弁護)、先生に一言言っただけなんですよ〜(^^; (ソレを大騒ぎというのかも??あはは)
はいむ
2010/01/27 00:27
ISSですか!いいなぁ、見てみたい!!ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
日時を見てチャレンジしてみようと思います。

まだ若かりし、ン十年前、オフロードバイクにテントと寝袋をくくりつけ、あちらこちらと放浪のツーリングをしていた時、和歌山県の山中で人工衛星を見ました。以前、理科の先生に「山の中なら人工衛星が肉眼で見える」と言われていたのですが、本当に見ると感激ですね。人家のあるところから30分も入っていった山中でテントを張り、1人お酒を飲みながら月のない星空を見上げていたら、ゆっくりゆっくりと動く光る点がありました。あれだ!あれこそ人工衛星だ!
o(・∇・o)(o・∇・)o ヤッタ!

あとで同じ理科の先生に聞いたら「たぶん間違いないだろう」と言っていました。なんか宇宙を感じるのってそういう時ですね。

昔読んだマンガで「地球と宇宙の境目?そんなものないさ。ここが宇宙だよ」という台詞があり、いたく感動した覚えがあります。なんかロマンですねぇ。

2010/01/30 21:00
◎Kさん、人工衛星のことにかけてはずいぶんと先輩じゃありませんか〜!オラ、ISS以外の人工衛星が肉眼で見えるっていうのは、たった今知りました(笑)。ありがとうございます!
ISSは、完成するとサッカーコートくらいの大きさになるというので、他の人工衛星に比べたらずっと大きくて見やすいのだと思います。山の中まで行かないと見れないなんて・・・プレミア感があって、なんだか羨ましいです。
オラも若い頃はよく山形の山の中に星を眺めに行きましたが、サンルーフ付の小さい車だったので、バイクに比べたらなんと軟弱なこと(笑)。でも山のように積雪のある冬でも星を見にいけるので、やっぱり車じゃないと当時はダメだったのでしょう。
「地球と宇宙の境目」たしかに、言われてみればそうですよね。
「ワレワレハウチュウジンデアル」と聞いて「地球以外の星から来た人が、自分は宇宙人だ、って認識あるのかしら?」と微妙に違和感を感じていたのが、スッキリした思いです(違いますかね笑)
はいむ
2010/02/01 22:50
おはようございます。
先ほど観られました!ISS!
5:54頃〜ということで、こちらはもうちょっと明るいので、どうだろ〜とドキドキしながら、鼻毛を凍らせながら(^_^;)ワン'Sと空見上げてました。

急に現れてけっこうなスピードで周ってるんですね〜。「野口さ〜ん」なんて手をふっちゃいました(*^m^*)


はいむさんがブログ記事にあげてくださったおかげで、久し振りにロマンチックな気分になれました!(今朝は冷え込んだけど)

ありがとうございました!
何日か続くみたいなので空を見上げる朝が続きそうです。
ももことら
2010/02/04 06:34
◎ももことらさん うわーー!北海道の5時54分ですか!そんな時間に鼻毛を凍らせながら(笑笑)見てくださったなんて、嬉しいです。ありがとうございます!(←オラがお礼を言うのもおこがましいのですが笑)今年一番の冷え込みじゃありませんでしたか?お疲れ様でした〜。
そうそう、予想以上に早いんですよね。
流れ星というほどの勢いじゃないんですが、飛行機とかと比べたらほんとに段違いで、流れるような動きですよね。
うー、興奮を思い出しました。オラも手を振りましたよ〜。こっち見てるかなあ?なんて思いますよね。
ももことらさんはワンちゃん(達?)を飼ってらっしゃるんですね。北海道でワンコと暮らすなんて、憧れそのものです。いいなあ・・・早起きの苦手なオラですが、ワンちゃんがいたら起きれるかなあ?
オラはまた夕方に見られる日を狙ってみようと思います。ほんっと、朝はダメで・・・(笑)
はいむ
2010/02/04 23:26
こんにちは。

そうそう、昨日の朝はこの冬1番の冷え込みで―25℃の中での観測ショーでした(@_@)
―20℃を越えると鼻毛が凍るので温度計を見なくても体感計で、あ〜、今朝はキテんな〜と観念します…。
最近では珍しくなりましたけどね。

明朝も冷えるらしいですが、5:04頃からワンх4と土手の上で待ち構えようと思います。3/4達は好きに走り回ってると思いますが…。


余談ですが、知人の牧場にポニーを預かってもらってます。
ぷくたんに乗ってもらいたいなぁ(^-^)
オーガニック牛乳の生産農家なんです。
HPもあるので、気が向いたらのぞいてみてください。
「津別、山田牧場」で見つかるとおもいます。
ももことら
2010/02/05 13:40
◎ももことらさん なんと!ポニーを預かってもらっている??これは、東京在住のオラにとっては「日本の話?」ってくらいビックリですよ〜!山田牧場さんもアクセスしてみました。すごいこだわりの牧場さんで、その環境や皆さんの優しさが伝わってきました。幸せなポニーちゃんですねえ・・・。地図を見てみたら、サロマ湖の方なんですね(ざっくりしすぎ?)。数年前に北海道を半周旅行したときに近くを通っていたかもしれません。
そしてワンちゃんは4匹も!北海道の大地の広さであればきっと余裕、走り回るワンちゃんの幸せぶりが目に浮かびます。マイナス25度でも足は凍らないんですねえ(笑)。
オラは蔵王のナイタースキーによく行ってましたが、ダイヤモンドダストが出るくらいになると鼻の中がシパシパしてました。でもさすがにマイナス20度以下の寒さは想像もつきませんよ〜。
北海道、憧れますが、厳しいですねえ!うーん、でもやっぱり行きたいです。
はいむ
2010/02/06 01:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
国際宇宙ステーション(ISS)が見えた!  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる