オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS ホカホカ花あんまん(レシピ付き)

<<   作成日時 : 2009/11/17 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

「蒸す」っていうのはめんどくさい・・・。
ずっとそう思っていたけど、大なべに目皿(蒸し皿)がついたものがあれば簡単に蒸せることに、今さら改めて気づいたのだ(笑)。

蒸すといえば、饅頭である。(ナゼ饅頭と断言・・・)
オラは、肉まんとあんまんが大好物なのだ。
ホワホワの熱く厚い生地をパックリ割ると、中身がこれまたホワホワ。
これは作らねばなるまい。

ということで、適当なところで生地を考え、作ってみた。
オラはどうしてもモチモチな感じが好きなのだ。
形も、単なる饅頭型ではなく、花みたいになればカワイイと思ったので、そうしてみた。
そのへんの自由がきくところが、手作りのいいところ。

それから、ちょっと面倒でも生地やあんこを分割するときに、スケール(グラムはかり)の台にラップをかけて、おおよそでも量りながら分割すると、あとが楽!
目分量でやると、慣れていてもけっこうな誤差が出る。
生地とあんこのつり合いがとれなくなるので、成型で楽をしたいならば量るのが吉。

★花あんまん(8個ぶん)

強力粉 150g
薄力粉 150g  (中力粉を300gでもOK)
砂糖 20g
塩 2g (3本指で大きくつまんで2回)
ドライイースト 4g (小さじ1強)
水 180cc (30度くらいのぬるま湯。小麦粉が国産なら、水を少な目に)

あんこ 300gほど

オーブンペーパー(手のひら大、5・6センチ角くらいに、8枚切っておく)

★作り方

1)生地の材料を全部混ぜ、捏ねる。

 ・ホームベーカリーの生地づくりコースなら、普通に捏ねるコースで、発酵は40分で設定。
 ・手捏ねなら、10分くらい休みなく捏ねればいいと思う(今回は手捏ねしなかったが、たぶん。)

2)一次発酵

 ・ホームベーカリーの生地づくりコースなら、そのまま発酵過程に進む。
 ・手捏ねなら、暖かいところか、オーブンの発酵コースで40分ほど。

3)生地を7〜8個に分けて、ベンチタイム。

 ・生地量はだいたい490〜500gなので、約60gずつに切り分けると、8個くらいできる。
 ・丸めて、表面が張るように生地を丸めこみ、とじ目を下にして間をあけて並べ、ラップをかけて15分おく。

ひとまとめの生地に、ざっくり、上から・下から切れ目を入れるとヒモ状になり、分割が楽。
先に8分割してから、丸めて、ラップをゆるくかけて休ませる。
分割


4)ベンチタイムの間に、あんこを40gくらいずつに分け、丸めておく。

丸めておくと作業しやすい。イコール、あんこの固さは、丸められる程度ということ。
あんこ丸める


5)丸めた生地を、真ん中を厚めに、フチを薄めに、手のひら大にのばし、あんこを包む。
  包んだら、切っておいたオーブンペーパーにのせる。

 ・フチは、あとで中心に寄せるので、やや薄めに。
 ・ちょっと大きめかな・・・くらいにのばす。
  小さいと、花型を作るときにフチを引っ張ってくっつけることになり、
  蒸したときに力がかかって、くっつけた真ん中が剥がれてあんこが出てしまう。

あんまん生地


まず対角線でくっつける。
あんまん成型1


残った対角線で、くっつける。
あんまん成型2


残った出っ張りも同じく、真ん中に寄せるように突っ込んで「米」の字型にくっつける。
できたら、オーブンペーパーにのせる。
あんまん花型


6)二次発酵は、ゆるくラップをかけて、暖かいところorオーブンの発酵コースで20分。

7)その間に蒸し器にお湯を十分沸騰するまで沸かしておく。

8)いったん火を止め(手が熱いので)、ゆとりをもってあんまんを並べ、ふきんかタオルを挟んでからフタをして、中火〜強火で15分ほど蒸して、出来上がり。
※4個ずつ、2回に分けて蒸してもよい。後半戦まちの4個は、涼しい場所で待機。

・挟んだふきんやタオルの端を垂らしておくと、火がついたりコゲたりするので、端はフタの上にのせ、絶対に垂らさない。

できあがり〜。蒸し器から出す時はトングがあると具合がよい。
生地はもっちもち。引きが強くて市販のあんまんとは一味違う旨さ!
あんまん出来上がり



***

大変スムーズに進んだかのようなレシピだが、なにしろ、インフルエンザが治癒し自宅待機期間でヒマを持て余したぷくたんを上手に操縦するために思い立った行事であったため、ぷくたんが成型し始めると時間がかかってしょうがない。

生地丸め係とか、あんこ分け分け係とか、紙(オーブンペーパー)くっつけ係とか、その時々で任命して進め・・・どうもいびつな形のあんまんがあるが、まあ、気にしないことである。

そして、そんなふうな横やりが入って、作業の進行がテキトーであったのに十分に美味しく作れたので、それはそれでのんびり楽しみながら親子でやるにはもってこいなのではないかと思う。

ぷくたんはもうすっかり、あんまんマスターの気分である(笑)。
中1日を置いて2回作ってしまったくらいだから、気に入りようが知れるというもの。

しかしこうして蒸しものにハマると、中華蒸籠がほしくなる。
セイロといえば高いものと相場が決まっているが、安価な店を見つけたのだ。
今ある大なべ蒸し器にぴったり乗る大きさで、セイロと、セイロ蓋で、2000円ほど。
大なべとセイロで合計二段を一気に蒸し上げられるとなると、魅力的だなあ・・・・・・・・
この物欲と戦うのが、また一苦労なり。(一応、買わない予定である。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
かわいい〜ヘ(^o^)/ もっこり具合がなんとも愛おしいあんまんですね。
この皮、ほんとにおいしそうです。ベーカリーっていろいろ用途があるんですね。便利だなぁ〜。それにしても、寒い日は蒸しが愛おしいですね〜。
湯気がごちそうの冬が来たねぇ・・・としみじみしてます。
同じ蒸しでも丼で茶碗蒸しが食べたくて、大きめの蒸し皿を探してきた私。大きすぎておぼろ豆腐みたいになっちゃいました(^0^;)まったく才能なくて嫌んなちゃいます。
インフル一過・・・みんな元気になられて、ほんとよかった(*^▽^*)
早速の連続アップおめでとうございます。そしてウチにまでコメントいただいて、すごくうれしかったです。(佐藤愛子さん、ちゃんと読み始めたのは最近なんです。実は、きっかけははいむさんなんですよ(^_-)-☆)
日和
2009/11/18 02:14
蒸籠、いる?
ぷるぷる杏仁
2009/11/19 19:58
◎日和さん 嬉しいお言葉ありがとうございます!でこぼこいびつですが、作る楽しさと出来上がった味がとても気に入りました。湯気がごちそう、まさに冬はそうですよね。夏は湯気を見るだけで鬱陶しいという人間のゲンキンさよ・・・(笑)。
どんぶり茶碗蒸し、魅力的ですねえ!!いやいや、おぼろ豆腐風でもかまいませんよ、オラは。茶碗蒸しが好きで好きで、子どもの頃は茶碗蒸しが出ると心から大喜びでした。いやー、丼にはあこがれますね〜。いいセン行ってると思います。なんとかうまいこと出来上がる方法がありそうですよね?
佐藤愛子さんを読まれたきっかけがオラ??ブログにUPしたっけ?と思い返してみれば、日和さんのブログを見て思い出しました。なるほど!ご縁というものは不思議なものですね〜。嬉しいです。
はいむ
2009/11/21 00:25
◎ぷるぷる杏仁さん え?なんとおっしゃいました??
いるって、いるって、そりゃもう本場にお住まいですから、もしかしたら身近に豊富にあるのかもしれませんが・・・いや、そんな、いるなんて言えませんよ〜、欲しいですけど〜(笑)。
それにしても本場ではこんないびつな饅頭など恥ずかしくて出せないような気がしてきました(^^; ま、ほれ、手作り感たっぷりってことで・・・。
はいむ
2009/11/21 00:27
うまそ〜
たろ
2011/08/21 15:31
◎たろさん!こっちにコメントをいただくとは(笑)うまいんですよー。こんどご一緒にいかが?と誘ってみる。
はいむ
2011/08/21 15:34
すまんすまん、過去記事だったのね〜こんどお相伴させてね〜
たろ
2011/08/21 20:08
◎たろさん いやいや、すまんことないのよ〜意外性があって嬉しかったのよ〜。なんかどっかでまたコテージ泊とかしてさ、あんまん頬張りたいねえ。
はいむ
2011/08/21 21:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ホカホカ花あんまん(レシピ付き)  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる