オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 歯を抜きました

<<   作成日時 : 2009/10/31 13:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

旅行のブログをUPしようと思っていたが、突然、歯を抜いたのでソチラを。

一生のうちで歯を抜くことは、そうあることではない(と思っている)。
年老いてもできるだけ自分の歯を残して、それこそ8020(80歳で20本の歯を)で居たいものだ。

オラはものすごく歯医者恐怖症だった。
子どもの頃に怖い歯医者さんでイヤな目に遭ったらしく、成人してからも、歯医者の予約の日は緊張のあまり吐いてから出かけるほど。治療が終わると、治療イスの上に人型の汗が残るくらい(もちろん洋服の背後も人型の汗)。

転機が訪れたのは10数年前、千葉の喫茶店に勤めている時、常連だった歯医者さんとお友達になり、それからその歯医者さんにかかっている間は、歯医者恐怖症からなんとか解放されていた。

その時点で調子が悪かった歯を全部治してもらい、それ以降は絶対に絶対に虫歯にならないように、歯ブラシを数種類用意して、歯を大切にしてきたのだ。

しかし、恐怖の時はやってきた。
数日前から、奥歯が、固いものをかむとシクッと痛むのだ。冷たいものも微妙にしみる気がする。
今の段階なら、簡単な治療で大丈夫かもしれない・・・。

10年ぶりの歯医者さん(え!)。
千葉から多摩に引っ越してしまい、あの先生はもう高齢のため歯医者を引退・・・。
ついに、あれこれリサーチして、即日予約をとって、某歯医者さんを訪れた。
ご夫婦ともに歯医者さんをされていて、一つの医院を経営されている。

※10年ぶりの歯医者さん → 数か月ごとに予防歯科に通ったり、妊娠出産の頃に歯科に行ったりすべきなのはわかっていたけれど、怖くて行けなかったのだ!本当に、本当に、歯医者さんが怖いの(涙)。
でもそのかわり、本当に一生懸命、歯を大切にしてきたのだ(^^;

診察とレントゲンの結果、シクッとする奥歯は、昔に詰めた中がちょっと虫歯になっている様子とのこと。

しかしそれよりなにより、下あごの2本の八重歯を抜いたほうがいい、という話になった。

そう、30年前に下あごの八重歯が生えてから、ずっとずっと悩んで、何度も抜こうか矯正しようか迷っていたのだ。
でも8020で居るためには、出来る限り抜かない方がいいのかも、とも思って、我慢していたのだ。

見た目も悪いし、噛む時もまったく参加せず、頻繁に唇を噛んでは口内炎になり、歯も磨きづらい。
それに完全な八重歯なのでその内側は歯が揃っていて、抜いたあと残された歯だけで隙間もできないから、抜いてしまえば悩みはとりあえず解消するはず・・・。

「抜くなら、もう少し若いころだったら、回復も早かったでしょうけれど・・・でも今ならまだ大丈夫と思いますよ」
「奥歯の虫歯は数日たったところで急変するようなものでもないので、先に1本、八重歯を抜いて、傷跡が治るのを待ちながら奥歯の治療をして、傷跡が落ち着いたらもう1本の八重歯を抜くというのがいいかもしれません」
と言われると・・・・

「ま まさか 今日 抜くんですか」 と、しどろもどろで聞いてみたら、
「いやいや、虫歯の治療をして、決心ができたら抜くようでも大丈夫ですよ。早い方がいいですけど」という微妙なお返事。

処刑台に上がったまま数日待つのもイヤなので、思い切って、第一小臼歯の八重歯を抜いてもらうことにした。

詳細は避けるが・・・決心が決まったら、話は早かった・・・。
終わって、茫然とフラフラしているオラを、担当してくれただんな様先生が励ましてくれ、奥様先生もわざわざ出てきて帰りまで励ましてくれた。優しい先生でよかった・・・。

そんなわけで、何の心の準備もないままに、ただ、長年の悩みは1本解消できたのだ・・・。

てか、抜くってわかっていたらごはんを食べてから行ったのに、会社が終わってすぐ行って歯を抜いてしまったので、ごはんが食べられなかった(^^; ま、軽いダイエットと思って、お粥でも食べて過ごすことにしよう。

さて・・・残るもう1本の歯は、下あご犬歯なのだ。
犬歯は、根っこが長くて大変丈夫な歯ということで、できるかぎり抜かないというのが主流のよう。
本当は、内側にちゃんと並んでいる小臼歯を抜いて、犬歯を動かして、矯正したほうがいいのかもしれない。
しかし、矯正するには大変な時間と労力とお金もかかるし、見た目上は、ただ抜いただけでも問題なさそうなのだ。

ああ、でも犬歯を抜くなんて・・・きっとおっそろしく根が深く、丈夫で、抜くのが大変で、もったいないんだろうなあ。

とりあえず今後は奥歯の治療が始まるので、しばらくの猶予期間になる。
この期間のあいだに、先生ともよく相談して、抜いてそのままにするのか、矯正したほうがいいのか、決めようと思う。

1本抜いたところは、以前から悩んでいた下唇が八重歯の形にでこぼこしていたのがなくなり、抜いた側だけ見た目上とてもスッキリして嬉しい。痛みもほとんどなく、穴ぼこの中は順調に血餅ができたようなので、しばらく大事にすれば大丈夫そうだ。

ああ、犬歯。犬歯。ああ・・・・・・・・・(悩)


※じつは、上あごの歯が1本足りないなあ・・・と思っていたら、まだ生えていない小臼歯が埋没していた。
これはどうするのか、怖くてまだ聞いていない。嗚呼・・・嗚呼・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
抜歯したとですか?!(゚Д゚)・・・その喪失感、わかります。歯医者嫌い、わかるぅぅぅです。私も学生時代にとんでもない藪に取り押さえられ2本も「その場で」抜歯された苦い経験が(T^T)←(てか、ここ1年で折れたり、親知らずだりで、もう3本も抜かれてしまった(>_<)
二十歳ごろ偶然治療していただいた女医さんがとてもすばらしく、やっと不信感から解放されたけど、本院は赤坂に移転になり先生も引退され、十年あまりも歯科院難民だったのです。だからその間、はいむさんと同じように、ブラッシングに気を配り(当然のようにソニッケアー買いましたよ。アパタイトとかも懲りました)なんとか過ごしてのですが、煎餅で折れちゃったので観念しました(~_~;)
いまは3Dレントゲンまであって、角度や深度や歯根の長さ太さが一目瞭然!( ・_・;)・・・インプラント前に顎の骨の厚みや長さを確認するために撮ったのですが、それをモニターでくりくりと回して見せられた私は、ただただ感心して、安心したものです。スゴイ進化です。
きっと犬歯も大丈夫ですよ(^_^)
十分に相談して、方法をしっかり尋ねて、面倒がらずに答えてくれる先生なら、この先も安心ですよね。
抜歯時の痛さと経過で、身をもって先生の腕を計る訳ですがσ(^◇^;)、順調そうだし、イイ先生に出会えてよかったですね(^_^)

私は、8020に早くも赤信号でがっつり凹みましたが、8020まで現役でいそうな歯科院に出会え、長い難民生活に(^.^)/~~~できました。
ある意味、運がよかったかなと思えるこの頃です。
日和
2009/10/31 17:56
私も、尋常じゃなく歯医者が苦手でした。
診察台に上がるのに、足が震えてつかまらずには歩けないぐらい(爆)
抜歯なんて・・・気を失うかも・・・。
なのに子どもの頃から歯が弱く、すごく虫歯になりやすかったんです・・・

でも、3ヶ月に一回の定期診察にかかって歯磨き指導をされるようになってからはや5年ぐらい、すっかり虫歯と縁がなくなって逆に、その恐怖症もおさまりました。
この記事、他人事ではありませぬ・・・・。

まだ宿題があるようですが、頑張ってくださいませ。。
のん
2009/10/31 21:30
こんばんは。

私もいくつか爆弾を抱えてるので、他人事ではありません…。
自分にあった歯医者さんと出会うのも難しいですよね。


さてさて!
2DAYS第1夜!!
楽しかったです〜(*^_^*)
今夜は旭川に泊まって、明日札幌に移動しま〜す。
…雪降ってますが、何か?(; ̄_ ̄)=3
ももことら
2009/10/31 22:31
日和さん まさに先日親知らずを抜かれたばかりではありませんか!あの時は抜糸についてしかかかれていなかったように思いますが、まだまだ、自分の身にこんなことが起ころうなんて想像もしていませんでした。日和さんもひどい目に遭われたんですねえ・・・一度に2本を抜くなんてこと、あるんですね・・・。隣り合わせの歯だったのでしょうか?違う場所の歯だとしたら、その後、食べるのに困って大変ですよねえ。今はよい歯医者さんに出会えたようで、なによりでした。赤信号とのことですが、今20本以上あるのなら、それを絶対に失わないようにがんばっていこうではありませんか(←なんか変な組合員みたいな口調でスミマセン)。
ソニッケアーはやっぱりイイのでしょうか?オラはブラウンの回転式電動にしたのですが、その後ソニッケアーを知り、また、ウォーターピックとかドルツにも興味津々です。
お煎餅で折れると聞いて、固いお煎餅は食べるのをやめようと決意しました。固いお煎餅を我慢してもたいしたことありませんが、食べて1本の歯が折れたら一生にかかわります(^^;(おおげさ?)
インプラントの前はすごい診断術を使いますよね。最近仕事上でインプラントについて調査する機会があり、3Dレントゲンや、CT映像を立体化する技術だの、すごいなあと感心しました。
今ようやく行き始めた医院は、そこまでの機械は無さそうで・・・どこまで相談に乗ってくれるのかも、これからが正念場だと思います。奥歯の治療は難しいものでは無さそうなので、その間に先生の感触を確かめて、多角的に考えて抜いてくれるようだったら、お任せしようと思います。
イマイチの感触だったら、奥歯の治療が終わるまでにセカンドオピニオンというのでしょうか、それも考えてみたいと思います。
はいむ
2009/11/02 00:15
のんさんも歯医者さんが苦手なんですか?ちょっと驚きました〜。少なからず医療的な分野にお詳しいので、その辺はホレ、理性的に、まったく問題ないのかと勝手に想像していました。
まさか歯医者恐怖症まで一緒だったとは・・・。今回も、抜歯の前、麻酔の時とか、少し待ち時間があるじゃないですか・・・その間中、「気を確かに持て!トイレは行ったか?行った。相棒を呼ぶか?いや、呼んでどうする。なんか掴んでおくものが欲しいよー。タオル?ぬいぐるみ?ああ、あの子どもイスにおいてあるミッフィー持って来て掴んでようかな・・・アホみたいか・・・(涙)」と、挙動不審もいいところでした。
私も歯が弱くて・・・いや、弱いというか、当時は歯磨き法といえばローリング法しか習わなかったので、歯周ポケットの中がぜんぜん磨けていなかったのではないかと疑っています。
恐怖症を抱えたのんさんでも、ちゃんと定期診察にかかっていらっしゃるんですね・・・ちゃんと自分にあった方法を指導してもらい、診てもらえば、虫歯と縁が無くなるんですよね。わかっていたのですが・・・。今回の先生が信頼できるようであれば、宿題もこのままお願いし、その後の定期通院もずっとお願いしようと思っています。ああ・・・犬歯・・・失神したらどうしよう・・・とりあえず、診療前はトイレに行き、失禁だけは避けたいと思います(涙)。
はいむ
2009/11/02 00:25
ももことらさん おー!歯のネタより後半の☆ネタの方に目が行くオラ・・・。
今頃、2日目の夜も終わり、胸いっぱいで心も身体も雪に負けずホカホカなのではないでしょうか!
楽しかったですよね〜?いやー、間違いなく楽しかったと思います。オリジナルコーナーなどどんな歌になったのでしょうか。CDとも違うアレンジがいっぱい挟み込まれて、曲も充実でしたよね。
あとは1ヵ月後の熊谷ですよね。いいなあ・・・次が決まっているのは羨ましい限りです。ほんとに、毎月1回は行きたいものですね。
・・・思い出したように歯の話ですが、ももことらさんも爆弾を抱えていらっしゃるんですか〜。今回オラは、自分では爆弾というより悩みの種だと思っていたほうがドカーンと大爆発したので、変にショックでしたよ〜。以前から爆弾かも?と思っていた奥歯の方は、そんな大掛かりな爆発にはならずにすむと信じたいです・・・。
はいむ
2009/11/02 00:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
歯を抜きました  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる