オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS エヴリンの小さな花が咲きました(8/7写真追加)

<<   作成日時 : 2009/08/06 23:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

イングリッシュローズの「エヴリン」が、小さな小さな花を咲かせてくれた。
あまりにも小さくて、ミニバラ並。こんなエヴリンは見たことがない(笑)

★小さいけれど、この端正な花びらは、まさしくエヴリン。優雅な香りも健在。
 写真はアップで大きくなったが、実物は直径5センチくらい。
エヴリン


昨日のブログで、バラの蕾を泣く泣く摘蕾していると書いた。

摘んだ蕾は「まさか、咲くわけないよなあ・・・」とあきらめの境地で活けてあって、その中の一つが咲いてくれたのだ〜。嬉しさも倍増である(^^)

2004年、我が家のエヴリンはこちら

「エヴリン」は、イングリッシュローズ(デビッド・オースチンの作出したバラ)で、CRABTREE & EVELYN社の香水のイメージを実現して、社名を冠したバラとのこと。

今、CRABTREE & EVELYNの日本サイトを見てみたら、「クラブツリー&イヴリン」と書いてあって、なんだかショック(笑)。エヴリンじゃなくてイヴリンかあ・・・。まあたしかにどっちも正しいんだろうけど、なんかオラの中では「エヴリン」のイメージなんだよなあ・・・。

ちなみにサイトはこちら>CRABTREE & EVELYN
TOPには、香水エヴリンとともに、パッケージにデザインされたエヴリンローズを見ることができる。

★8/7に追加 朝になったら開いてました・・・綺麗すぎです。親馬鹿御免。
画像


***

オラの大好きなイギリス旅行の際に、ストラットフォード・アポン・エイボンという、ウィリアム・シェイクスピアで有名な街で、CRABTREE & EVELYNの支店を訪ねたことがある。

支店のある建物は、実際にシェイクスピアの孫娘だか誰かが住んでいた(←ああ、歯がゆい!思い出せないあたりが、イギリスへのブランクを感じさせるぅ)家で、その素敵な風情ある建物の1階がお店となっていて、2階・3階はティールームとなっていた。

憧れのエヴリンローズの香水や小物を買い、2階に上がって味わったアフタヌーンティの美味しかったこと。
イギリス滞在中はとにかく毎日お茶しまくっていたが、歴史あるホテルや、ひなびた街のティールームのどこと比べても、あの2階のティールームで味わったスコーンが一番美味しかった。

・・・と、このエヴリンを見ていると、話し出したらキリがないほどにいろんな思い出がよみがえってくるのだ。

香水をつけなくなって久しいが、明日は久しぶりにつけてみるかなあ。
・・・変質しているかも・・・(^^;


※ついでに、イギリスについて思い出語りをしているページはこちら。
 相も変わらぬ長文なので、御用と御急ぎのない方だけどうぞ〜。

思い出のイギリス(1)

思い出のイギリス(2)

コーヒーミルとイギリス(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
造花?っと思っちゃいました(~_~;)←だってバックに葉っぱがないから…
すごい生命力!そしてキレイ…はいむさんの躾けの賜物でしょう(^.^)b
バラ好きイングランド好きのはいむさんご一家に、英国ツアーを是非、企画して欲しい。そしてガイドして欲しいと、ココロから願う日和ですm(ToT)m
私、恥ずかしながら、英国(てか米国・豪州以外)は未踏の地!
ぜひぜひ、オラがツアーを!!!
日和
2009/08/07 00:50
きれいですねぇ。ため息が出るほど端正なばらですね。
色も素敵、きっと香りもいいんだろうなぁ。
ぷるぷる杏仁
2009/08/07 18:57
◎日和さん ありがとうございます〜。もうあきらめていただけに、ほんとすごい生命力です。葉っぱは、1枚目の写真の、花の左に写っている、花びらほどの大きさの葉っぱがこの子のものです・・・たった3枚の葉っぱをつけた細枝の蕾が咲くなんて。もうひとつ、虫食いになったもっと大きな蕾も、咲きかけてきました(^^)
英国ツアーは、再来年に山形の両親を連れていきたいんです。そしてやっぱり、お友達もイギリスに連れて行きたいですねえ。日和さんのように言ってくださるかたもいて、ほんとよかったらガイドしてさしあげたいのですが、なにぶんにも英語が堪能ではないので(笑)頼りないことこの上なしです。あ、オラと日和さんは逆ですねえ。オラ、米国・豪州は未踏の地なんですよ。モルディブ、香港、ロタ島、あとは全部英国なんです。米国は好きな小説の舞台に、豪州は仲良しの多い国なので、行ってみたいんですよ〜。豪州なら自分で運転できますしね。英国は自分で運転できるのが最高です(^^)
はいむ
2009/08/08 00:06
◎ぷるぷる杏仁さん ありがとうございます!
朝になったら、ふわりと開いていて感激・・・おほめの言葉に気を良くして、写真を追加してしまいました。
摘んだ蕾を水で咲かせると、香りは薄くなってしまいますが、それでもほのかに甘い優しい顔りがします。摘まずにそのまま咲かせた時の感激を楽しみに、今は摘蕾・・・涙を飲んだはずが、こうして喜ばせてもらえるなんて、バラ好き冥利に尽きます(^^)
じっさい、実物を近くで見ると、思わず知らずため息が出ます・・・親馬鹿御免で・・・(笑)。
はいむ
2009/08/08 00:09
なんて上品で美しい・・語彙が乏しく綺麗としかいいようがないのですが花の名前を知らない私でも見惚れます。香りも届けてほしい〜くんくん。
イギリスの思い出も読ませてもらいました。ぜひはいむファミリーでの旅行を実現してほしいです!いまから旅日記が楽しみ♪
私はロンドンしか行ったことがないのですが、クリームティで英国を堪能した気分になれました。クロテッドクリームの存在に衝撃を受け日本で生クリームを添えたスコーンが出てくるたび激怒(?)していましたが、自家製クロテッドクリームを秋冬だけ出すカフェをみつけてこれだーと納得の味に出会えました。そうカロリーさえ気にしなければ・・・花より団子ですみません。
全く関係ない話ですが、出産時に臍帯血の提供の話になりもちろん提供と思いきや、渡英歴のあるかたはお断りと言われてしまいました。
狂牛病のため?今はポン安なので大勢行くならいまだ〜
熊猫珈琲
2009/08/08 22:02
◎熊猫珈琲さん ありがとうございます、親馬鹿としては嬉しい限りです(^^) 充実させてからくっきり咲かせたほうが、香りも段違いに強いのですが、この大きさでも香る根性に惚れます(笑)。
熊猫珈琲さんはロンドンに行かれたんですね!ほんと、英国といえばクロテッドクリーム。最近では高級スーパーに行くと中沢のクロテッドが手に入るので助かります(^^)もしまだご存じなければ、成城石井・紀ノ国屋・明治屋あたりで見つかりますので、ぜひお試しあれ・・・カロリーさえ気にしなければ・・・。
ああ、臍帯血もNGなんですね!オラ献血が好きだったのに、渡英してからダメになってしまいました。狂牛病のためだそうです。残念・・・。オラも「もちろん提供♪」と思っていたのですが、残念ながら病院側からなんの提示もなく、終わってしまいました。今おもえば、病院側からお断りだったんですね(^^;
再来年の英国ツアーは、両親以上に大勢になりそうな予感・・・頼りないツアコンで大丈夫なのか心配です(^^;
はいむ
2009/08/10 00:15
おおおおおおーーーーーぉぉぉーーおおー
好みのお色です。名前も素敵ねェ。 エヴリン
摘蕾でもこんなに見事に咲いてくれたんですね〜
写真が室内??って疑問でしたが、成る程、読めました。
香りも室内ならかなり感じられる?ですかね。
良かったですね〜私も小旅行でベランダのお花が心配でしたが
小さい鉢は流しに置いて、外のはたっぷりとあげて、どうにか無事でした。ただやっと咲いたシルクジャスミンには可哀想な事をしました。残り花に期待です。<月橘ともいいます。
nobara
2009/08/10 20:39
小さくても鯛 >>>じゃあない!!美しいねぇ。

ほんと、美しいと言う言葉がぴったりだなれ。
んだったなぁ〜〜んだがらイギリスさ行くべぇ〜〜といっている声が聞えてきそうです。
今ちびちびと小銭を溜めております。
山形ママン
2009/08/10 23:23
◎nobaraさん ありがとうございます!この色のエヴリンは、実はあまりなくって、枝で咲いたものは、最初は羽衣のような薄ピンクから、咲き切るころにこのクリーム色になります。摘蕾で咲くことは、少ないんですよね。まだ小さいうちに摘んでしまうので、咲く前にダメになっちゃいますね。
nobaraさんの大事なお花たち、無事でなによりです!シルクジャスミンというのは不勉強にも初耳で、ネットで調べました。うーん、香りマニア(?)としては、嗅いでみたーいです!ご近所のお庭に咲いていないかなあ・・・。
はいむ
2009/08/11 22:05
◎山形ママン おほほ 鯛ですよ、鯛。まさに!
んだったな〜ぁ、イギリスさいがんなねのったな〜ぁ。
小銭も積もれば山となる。再来年まで、燃料サーチャージ0円が続くといいんだけどねえ。そう、稲城のご夫妻が、一緒に行きたそうでしたよ。車2台でがんばりますか?
はいむ
2009/08/11 22:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
エヴリンの小さな花が咲きました(8/7写真追加)  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる