オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS ピアノの発表会がありました

<<   作成日時 : 2009/06/29 00:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

いろいろとあって、今頃UPとなってしまったが、

ぷくたんのピアノの発表会があった。

同居しているお義母さんがピアノなどを教えているので、ぷくたんが3歳半を過ぎたころからレッスンしてもらえることになっていた。

しかしこの年齢だと、1対1でのレッスンはけっこう難しい。
この年齢では集中力が続かないうえ、ある程度の緊張感がほしい「お稽古ごと」なのに、先生がいつもの「おばあちゃん」とあっては、難しさもひとしお。

というわけで、昨年12月ころから、ぷくたんが生まれたときからのお友達にお付き合いいただいて、グループレッスンを受けることになったのだった。

そういえば、偶然なのだけど、3人グループレッスンのメンバーは、↑のリンク先にある写真の3人がそのまま揃ってレッスンを受けることになった。改めて見ると、ちっちゃーいなあ!!そして大きくなったもんだなあ!!

有名な「チューリップ」の歌を、右手でメロディーだけを弾き、最後の最後に一拍だけママが和音で伴奏をつけるという、出番だった。

1人1回ずつ、同じチューリップを3人が順繰りに弾いていく。

ここまでは長かった(笑)。

たとえば子供にピアノを与えて、メロディをそのまま、指で押さえて順番を教えて、ただただ「チューリップを弾ける」ようにするのは、案外簡単かもしれない。

でも、お義母さんの教え方は違った。
将来楽譜につながるリズムと音符の関連性を紙に書かせ、リズムを打ち、音階を覚え、指で弾いていくまで、半年間。歩みは遅々として半年かかってやっとチューリップだったが、3人は、ちゃんと楽譜と、独特のリズムフリガナを見ながら弾けるようになったのだ。

すごいなあ。
その道、50年。お義母さんの歴史あってこそのチューリップだったのだ。

ま、ま、そちらは休題として(笑)。

3人はそれぞれ自宅でも練習し、家族も協力し、当日を迎えた。
ウチは同居しているので、通学(?)も徒歩10秒だったが、あと2人はちょっと距離があるので、発表会前の土日をみんな潰して毎回のようにレッスンが入るのも大変だったと思う。

「チューリップ」と、あとは、「おんま(お馬)はみんな」の打楽器合奏、それと大きい子たちの「お弁当箱の歌」の和太鼓合奏に合わせて手遊びと歌での応援出演と、出番は3曲。

待ち時間中に発散するのが一番大変だったという話もあるが(笑)、ちゃんと発表会をこなし、3人とも頑張った!

★大きくなったもんです。がんばった。
画像


「やまがたばあちゃん」こと山形ママンのブログで先行UPしてもらったように、山形ダディ&ママンも駆けつけてくれて、ぷくたんはものすごく大喜びで、張り切って頑張ることができた。

遠いのに、わざわざ来てくれて嬉しかった。
山形の孫たちの面倒もあるので、いつも日帰りで来てくれる山形ママンが家に泊まってくれたのも嬉しかった。
(山形ダディは、稲城市の、ダディ弟(オラの叔父さん)の家に泊めてもらった)

山形ママンとオラは、オラが成人して独立したころからか、友達というか姉妹のようなふうに話せるようになった。
もちろん、いつも親として見守ってくれて心強い気持ちには変わりはない。
いつまでたっても子どもは子どもで、ふがいないオラを笑いながらいつも助けてくれる。
でも、会えば、仕事のこと友達のこと、親戚のこと家事のこと、化粧品のこと趣味のこと、心おきなくなんでも話せるというのはすごく嬉しい。

いつも山形の孫たちの世話があるので、山形−東京を日帰りして、そんな日程でもファイトで顔を見せてくれるママンだが、今回は泊まってくれたので、たっぷり深夜まで話せて、それもすごく嬉しくて、大満足だった。

結婚して遠く離れて暮らすようになって、「近くに嫁いでいつも会えたら親孝行なのになあ」とよく思うようになったし、山形ママンが秋田から山形に嫁いでどんな気持ちだったのかもわかるようになった(と思う)。
こんどは、ダディも家に泊まって欲しいなあ。

そんなことで、忙しい2日間、ダディとママンも、満足して帰ってくれたかな、と思う。

楽しいピアノのグループレッスンもあと半年、4歳半くらいになったら、グループではなく1対1のレッスンに昇格する。メンバーと一緒じゃないのは寂しいけれど、ぷくたんは「おばあちゃんだけど、ピアノのときは先生なんだよ」と言って、理解しているようだし、ちゃんと成長して、「その時期」はきちんと近付いているようなのだ。

次回はたぶん2年後。どんな曲を発表できるんだろう?楽しみだなあ。


※オラが寝込んだ風邪。
もしかしたら?
山形の孫二がひき、孫一がひき、ダディ、ママンと来て、それをオラがもらい3日寝込み、お義母さんが1日寝込み、相棒が3日寝込んで、終息したようだ。感染しなかったぷくたん。エライ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
発表会よくがんばりましたぁ
ぷくたんもはいむさんも(笑)
お母さんとの時間もいつもよりたくさん過ごせてよかったね
それから相棒さんはもうすっかりよくなりましたか?
やっかいな風邪がはいむ家を蔓延しちゃったねぇ。。。
ホントぷくたん感染らなくてよかったねっ
えるえる
2009/06/29 01:02
ママンさんのブログでも読ませていただきました。
お義母さんのレッスンは見事ですね。子供たちのことを十分考慮され子供たちに合わせたたのしい発表会でしたね。ぷくたん、お見事でした。
森の生活
2009/06/29 01:23
先日、ご自宅にお邪魔して山形ママン様と念願の初対面&
初「生」オシャベリをしてきました。予想していた通りの
すばらしいお母様でした。これからもずっと山形のことを
イタリアにいながらにしていろいろ教えていただけること、
心からありがたく、そしてはいむ様のこのページを通して
お知り合いになれたことを本当にうれしく思います。どうぞ
末永くお幸せに! いつかイタリアへも遊びに来て下さい!
みこった
2009/06/29 14:21
おう〜〜トラバありがとう〜〜
先にアップしちゃってごめんね!!お疲れ様。
子供の成長は早いから、あんなかわいいさかりを見られてうれしかったよ!
なにもわからない子ども達に、しっかり指導するお母上は大したものですねぇ、ほんとに感心しました。
これからも、ぷくたん頑張って楽しく覚えてね。
またこの次も行くからね。

沢山お話が出来て楽しかったよ。電話とも違って、いいものだね。
里帰りの時はまたゆっくりしましょう〜〜
体のほう皆良くなってよかったぁ〜責任感じちゃうからぁぅ〜〜
山形ママン
2009/06/29 22:36
◎えるえるさん ありがとうございます〜。
4歳になってすぐ発表会に出られるなんて思いませんでした。
お手伝いもあって本当に忙しく大変だったので、山形の母が来てくれて助かりました。それにほんと、いつもよりたくさん過ごせたのが嬉しかったです。山形で過ごすのともまた違って。
えるえるさんはいつもご実家孝行ができていいなあ・・・とよく思うんですよ〜。地元で暮らすって、本当にうらやましいです。そんなこともあまり思ったことがなかったんですけど、保育園関係のママさんたちに地元の方が多かったので、「ああ、すごいなあ。いいなあ」って思いました。
そして風邪(笑)ほんと、ぷくに感染しなかったのが嘘みたいです。昨日じつはちょっと遊びすぎちゃって、ぷくグッタリふうだったのですが、今日には全快。こちらも成長を感じますねえ。
はいむ
2009/06/29 22:54
◎森の生活さん ママンのブログもいつも見ていただいてありがとうございます。
ピアノのレッスンは毎回ママも同席なので、一部始終を見ているのですが、ほんとお義母さんの教え方は不思議で、誰からも教わらずにお義母さんが編み出したレッスン方法で、自然と楽譜に導入されるのをみて驚きました。身近でそんなふうに教えてもらえて、本当に幸運だったと思います。これからどんな曲が弾けるようになるのか楽しみです。
はいむ
2009/06/29 22:55
◎みこったさん ありがとうございます!
そんなに仰っていただくと恐縮なのですが(^^; わざわざ実家までお運びいただいて、いろいろ珍しいお話を聞かせていただけて、ありがとうございました!ママンこと母と電話で話した時にみこったさんとの会話が、すごく深みがあって楽しかったと申しておりました。
みこったさんとママンのご縁がオラのブログ?とびっくりして、その頃のコメントを探してしまいました(笑)。なんと甘酢ショウガがご縁の発端だったとは〜!やってくれます、ガリさん、いい仕事してくれました(^^)
もしかしたらみこったさんは、オラがイギリスをとても好きなことをご存じかもしれませんが、なぜかというと、車が左側通行で、下手な英語でもなんとかなるので、レンタカーを借りて自由旅行できるからなんです。普通のツアーだと、なじめない感じで・・・。
実はイタリアは本当に本当に行ってみたくて、相棒とも心から「行きたいよねえ!」と言っているのですが、言葉と車の壁があり、自由旅行に踏み切れなかったんです。なので・・・必ずやいつかイタリアに行きたいです。ママンともども、今後ともよろしくお願いいたします。
はいむ
2009/06/29 23:10
◎山形ママン どもども、いやー、先行UPしてくれて助かりました(笑)。
いろいろとあって後でUPしようと思っていたら、まさかぶっ倒れるとは・・・。
ネタばらししちゃってごめんね。最初はママンから感染されたつもりはなかったんだけど、ママン自身が「きっとそうだよ」と言うから、「じゃあそうなのかも」と思っちゃった。
上でみこったさんからコメントいただいたけれど、おいでいただいて本当によかったねえ。それこそ近くに住んでいたら、絶対オラまでお邪魔しちゃっていたよ。ブログ3年目を迎えて、よいご縁がいっぱいできてよかったねえ。
遠路はるばるママンにも来てもらったけど、「見られてうれしかった」と聞くと、わざわざ来てもらったけどよかったなあと思います。
相棒とオラが山形に住みたがるもんだから、ぷくまで影響されちゃって「山形に引っ越そうよー」とか言ってるよ。
はいむ
2009/06/29 23:18
素敵な発表会ですね。
それに、お義母さまの教え方も魅力的です。
近くに住んでいたなら絶対教わりに行くのに(私も娘も、夫も?)。
ぷくたんも、本当にすっかりおねえさんですね。
我が家の娘もファンですよ。ああ、会いたいですねぇ。
ぷるぷる杏仁
2009/06/30 14:41
◎ぷるぷる杏仁さん ほんとに、会いたいですねえ。何年、会ってないかしら?
お義母さんの教え方は本当に個性的で、今までオラも、YAMA**のレッスンや個人レッスンで下手ながらもピアノを習ったことがあるのですが、一度も見たことがないやり方です。
ぷくは大きくなりましたねえ。語録もまたUPしようと思っているのですが、以前は、赤ちゃん面白語録だったのが、最近では一丁前こいてる語録になってしまいそうです。
ファンだなんて。ありがとうございます!帰国されたら会いましょう。必ずや!
はいむ
2009/06/30 22:55
山形ママンの所でおおかたの様子を見させて戴きました。
ぷくたんも偉かったですね〜そしてはいむママも。
娘の発表会の時「猫踏んじゃった」をnoba旦と連弾の企画があったのですが、noba旦は舞い上がって途中から真っ白になった?事があるの。ほんとに、ちっちゃい子は度胸がありますね(笑)
はいむさんとママンの関係。我が家もそうです。
娘とはありがたいものです。一番手強いのもね(*^-゚)⌒☆
>風邪も???一族で仲の宜しい事ぉーー(^O^)
今度は夏の帰省ですね・・楽しみですね♪
nobara
2009/07/01 11:21
◎nobaraさん あちらもこちらも、見ていただいてありがとうございます。お嬢さんの発表会、そんな思い出があったんですね〜。「パパと」連弾の企画って面白いですね。真っ白になったのもいい思い出でしょうか(^^)
nobaraさんのお嬢さんは、フリーで活躍なさっていたような記憶がありますが、今は離ればなれですね。なんとなく、親元を子供が旅立つイメージですが、nobaraさんのところは親御さんの方が動かれたんですよね。どちらにしても、休みのときに会えるのは嬉しいものですね〜。早くこいこい夏休みです(笑)
はいむ
2009/07/01 22:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ピアノの発表会がありました  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる