オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS ぷくたんと、春

<<   作成日時 : 2009/02/06 01:18   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

ちょっと「春」にはまだ早いか・・・。
大寒も終わり、節分を過ごし、花粉も飛び、そろそろ春の声が聞こえてきた気がするのだ。

今朝も、オラはぷくたんと一緒にご飯を食べていた。
相棒は早出の日だったので、先に出て、居なかった。

ぷ「豆まき、楽しかったねえ。鬼はもう居ないかなあ」
は「そうだねえ・・・ぷくの中の鬼はどうなったかなあ。きかんぼしなきゃ、居ないってことかなあ」
ぷ「そうだよ。豆でやっつけたからね。・・・あのお菓子(ひなあられ)、おひな様になってから食べるんだよね」
は「うん、そうだよ(笑) なにさ、急に。豆まきの話じゃなかったの?」
ぷ「・・・あのさ、豆まきが終わって、いっぱい寝て、おひな様になって、おひな様が終わったら、次は、なに?」
は「え〜〜? うーん、うーん・・・そうだ、卒園式だ」
ぷ「卒園式って、なあに?」
は「えっと、今の○○保育園にサヨナラして、大きい子もたくさんいる**保育園に行きますよ、っていう会」
ぷ「あーー!そっかあ。やったあ!やったあ♪」
は「あれ、ぷくは、やったあ!なの? **保育園に行ったら、お兄さんお姉さんがいっぱいで楽しいけど、○○保育園の△△先生には会えなくなるんだよ」
ぷ「・・・・・・・!!!! △△先生・・・・・・・・・ うええええええええ」
は「ありゃりゃりゃりゃ」

ありゃりゃ、と言いつつ、オラもグッと来てしまい、不覚にも涙腺が・・・・

・・・あ゛。もう8時じゃん!
泣いてる場合じゃないじゃん!出かけないと遅刻じゃん!!!

は「そうだ、△△先生は、卒園したらぷくたん家に遊びに行きますって言ってたから、きっと会えるよ。時々だけど、会えるよ。だから、泣かないで準備して、保育園行こう!」
ぷ「先生、来るの?ぷくたんち?」
は「そうそう。来るってお約束してたから、大丈夫」

やっと気を取り直して、登園の準備をしたぷくたんであった。

実は、保育園の規則で、「先生」と「園児」という関係のあいだは、お互いの家を行き来したりしてはいけないことになっている。

しかし、園児が卒園したり、先生が退職したりしたら、保育園の規則にはあてはまらないので、行き来していいことになっている。

「ぷくたん家に遊びに来る」というのは、その場しのぎの話ではなく、実は本当にお約束しているのだ(^^)

卒園したら、必ずや遊びに行きます!と言ってもらっていて、すでに、その日のメニューは、先生の好物のきりたんぽ鍋にしようというのも決まっている(笑)。

遊びに来てくれるとはいえ・・・はねっかえりで、きかんぼで、あまのじゃくなぷくたんを、いつも温かく・時にはガッツリ(笑)見守ってくれている先生方に、もうすぐ会えなくなるのは本当に寂しい。

今の保育園は「なんでこんなに?」というほど、素晴らしい先生方ばかり。
小学校入学までずっとお世話になりたいのは山々だが(クラスメイトの父兄達は、口をそろえて同じことを言う)、なにしろ乳児専門園なので、これ以上はどんなに頑張っても置いてもらえないのだ。

春は出会いと別れの季節。

自分が当事者(子ども・若者)の時は、自分の感情で精一杯、泣いたり笑ったりして過ごしてきたが、自分の子供が当事者になり、オラは見守る側になると、ぷくが泣いたり笑ったりしているのを見て、一緒に泣いたり笑ったりしながら、ものすごく切ない気持ちになってしまう。
嬉しさも、楽しさも、寂しさも、いっぱいいっぱい、味わっておくんだよ!!と、心の中で応援してしまうのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ぷくたんにも別れの季節ですか。ほんとうにたのしい保育園でしたね。ぷくたんの心がどんどん成長していくのがよくわかりましたよ。
森の生活
2009/02/06 08:24
あれ?どんな事情で?って読み進みましたが、納得。
できれば置いて戴きたいですがね〜コレも決まりなら(-_-;)
でもぷくたんなら、きっと次でも大丈夫かと。
実は我が娘は 幼稚園を首に成った事があってね〜
年長さんになると保育園から幼稚園に転園なさる方はあるけど、娘は保育園に。結果、弟もそこの市立保育園で受け入れて下さって、姉弟はそこでとっても楽しい時を過ごしました。私も凄く救われました。どうなる事かと途方にくれたあの日々が蘇がえります。noba旦もかなり駆けづり回ってくれたっけ!(そうだ、感謝を忘れちゃいけないと、急に思い出したのでした(^O^)
素敵な約束があるからぷくたんも納得してくれますね♪
nobara
2009/02/06 10:14
森の生活さん 最近、大人のようなことを言うようになりました。いつも見ていていただいてありがたいです。保育園は、ほんとにほんとに、言い尽くせないほどお世話になりました。これ以上ないほど恵まれました。あと1ヵ月半ほどになり、親も寂しくてなりません。貴重な日々を大事に過ごしたいと思います。
はいむ
2009/02/10 00:49
nobaraさん そうそう、最初に乳児専門園であることを説明すればよかったですね(^^;スミマセン。そういう事情があって、今年いったん卒園式を迎えます。
nobaraさんのお嬢さんが幼稚園を首に(え!)なったというのは以前もチラリとお聞きしたことがあったのですが、いったいどういう事情で・・・(^^; その後の保育園、よかったですね。今ではお嬢さんも息子さんもとても活躍なさっているとのことですし・・・子供の頃にたとえ途方にくれるようなことがあっても、前向きに頑張ることがよい結果を生むんですね。ぷくを育てる中でも、あまりにも元気がよすぎて悩むことも多かったですし、これからも多いと思います。これからも見守っていただければ嬉しいです。そして、経験談をお聞かせくださいね〜。
はいむ
2009/02/10 00:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ぷくたんと、春  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる