オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 3年ぶり、ダークフルーツケーキを焼きました

<<   作成日時 : 2008/12/15 01:41   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 15

10月に転職してちょうど2ヶ月。
「入社してすぐにこれだけイロイロあった人は初めて・・・」と、先輩社員さんに言われるほどの怒涛の日々だった。

前職を退社して、今の会社に入社する前、身辺整理とヴァケイションを兼ねて3週間の暇を用意してあった。
その間に、ぷくたんと二人、寝台列車の旅で秋田ばあちゃんに会いに行ったのを、覚えている方もいらっしゃるかもしれない。

秋田ばあちゃんに久しぶりに会えて、ゆっくりと過ごし、別れ際には涙してしまった。
ほんとうに、滅多に会えないのだ。

その秋田ばあちゃんとのんびり喋っているときに、ばあちゃんが、

「はいむがホレ、年末に、クリスマスだどって送ってけるケーキ、あの干しぶどうとかいろいろ入ったヤヅ。ありゃあ、うんめよ。似だようなヤヅ、買って食ったったって、あぃんた味はすねもの。あ〜れ〜は〜、とぐべづ、うんめ〜よ。作んの大変だべになあ」

なんて、言うのだ。

ええええ〜?!である(笑)。

2006・2007年は、忙しすぎて送らなかったが、それまでは毎年、ダークフルーツケーキを作って送っていた。

例年、ケーキが到着すると、電話をかけてくれて、「楽しみに食べっからな〜」と言ってくれるが、食べた後の感想を聞いたことがなかったのだ、そういえば。

ばあちゃんは、常に和食を食べ、もなかや饅頭、漬物でお茶している。だからケーキなんて口に合わないかも・・・と思いつつ、同居しているおばちゃん達が喜んでくれればいいや・・・と思って送っていたので、ばあちゃんがケーキをそんなに美味しいと思ってくれているなんて、オラ知らなかった。

ばあちゃんの孫は、秋田ばあちゃんの内孫(オラのいとこ)が男2人、オラと弟で2人、合計4人のうち女の子はオラだけだったので、ある意味特別な存在なのかもしれない。だから、ケーキの味も格別に感じるのかもしれない。

なんだ、そうだったのか〜・・・・

その上、東京に帰る日が近づいてくると「次に会えんのは、いづだべなあ。会えねぐなっかもなあ」なんて、寂しげに空恐ろしいことを言うのだ。

これで今年のケーキを作らずにいたら、女が廃る!孫が廃る!

というわけで、今年は張り切って作ってみた。

1996年に漬けたレーズンと、2002年に漬けたオレンジピール、今年はくるみを止めてペカンナッツにしてみた。
北海道江別製粉のドルチェ(薄力粉)、北海道バター、平飼い鶏卵、沖縄の三温糖、アルミニウムフリーのベーキングパウダー、などなどできるだけ材料も厳選した。

小麦粉、卵、バター、砂糖は、それぞれ600g前後(ナイショ(笑))。
それに漬けフルーツ類が500g、ペカンナッツが150g。
合計3キロほどの材料を使ったので、混ぜるのも力が要る。

焼き上がりは、てっぺんが軽く割れ、まあまあの出来だった(^^) よかった。
香りは自信がある(でへへ)。ウチの分をあとで味見したら、なかなか満足な味だった。

大きめを6本、小さ目を3本焼いて、家族の多い秋田ばあちゃん・山形ママンにそれぞれ大2本ずつ送り、階下の相棒両親には小1本(お義父さんには持病がありたくさんあげると目の毒のため)、近所で一人暮らしをする相棒伯母さんにも小1本、あとはウチでチビチビ正月明けまで、またお客さんに出したりと、長く楽しむつもりだ。

★煮るのに失敗した黒豆ではありません。12年物のレーズンと漬け汁です。
画像


★オレンジピールとレーズンを混ぜて漬け込んだ6年もの。隣の汁は12年もの。
画像


★材料の計量中、予定数の卵を割ったらなんとピッタリ600g。全く調整してません。ホント。
画像


★9本焼いたうちの4本。熱いうちに塗ったシロップの砂糖が残って白く見えますな。
画像


★味見。紙型パウンドは、送るに都合はいいけれど、背が低くなる気がする。
画像


そういえば・・・
秋田ばあちゃんと別れを惜しみ、いとこの奥さんに秋田駅まで車で送ってもらいながらいろいろ話していたら、

「おばあちゃんね、最近、足も身体も弱って、夏の暑さに参って、もうだめかも・・・って気弱になって、外出もしなくなっていたのよ。でも、はいむちゃんが来るっていったら元気が出て、はいむちゃんと温泉にも行ったって聞いて、びっくりしたのよ〜。おばあちゃんが弱ったら困るから・・・はいむちゃんが来てくれてよかった。」

と、言ってくれた。
まあ、季節的にも過ごしやすくなり、夏ばても治ったのだろうけど、そう言ってくれる彼女の気持ちも嬉しかったし、ばあちゃんが少しでも元気になってくれたならよかった。

明日あたり、ケーキが到着すると思う。
元気に年越しを迎えてくれると嬉しいなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
はいむはうすのクリスマス2008(ローストチキンのレシピ?付き)
ウチは、結婚式記念日は10月15日、入籍記念日は12月23日である。 ...続きを見る
オラの日常
2008/12/26 01:33
秋田ばあちゃんに、会いに行こう!
明日の仕事のあと出発で、大好きな秋田ばあちゃんに会いに行くことにした。 ...続きを見る
 オラの日常
2012/05/02 09:02
毎年恒例、クリスマスのダークフルーツケーキ焼きました
毎年恒例、クリスマスのダークフルーツケーキを焼いた。 ...続きを見る
 オラの日常
2012/12/15 16:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
おいしそうなケーキが焼けましたね。
おばあちゃん、大よろこびでしょうね。おばあちゃん孝行、こんなうれしことはありませんよ。
森の生活
2008/12/15 15:04
ほれ〜 またそんな〜凝り性で体力使ってぇ〜
だけど皆さんの喜ぶ顔が浮かぶと 堪りませぬなー
おばあちゃん、よほどはいむさんのケーキにぞっこんだったのですね〜 感想を云って下さらないと判らない事ってありますが、そんなにも喜んで待ってて下さると造り甲斐がありますね。今頃は皆さんが幸せの坩堝かな・・
んで〜あんまり無理は禁物でやんすよ。ほんと。
nobara
2008/12/15 22:57
森の生活さん いやー、また自画自賛記事ですみません。
しかし、さっきお祖母ちゃんから電話がかかってきて、大変喜んでくれ「楽しみに食べっからな〜」を3年ぶりに聞きました(笑)。今年も、感想は聞けないかもしれませんが(年明けにわざわざ聞くのもおこがましいですもんね)、きっと、喜んで食べてくれているだろうと想像できますね(^^)
はいむ
2008/12/16 01:48
nobaraさん そうですねえ、無理は禁物なんですが・・・今年は、焼かずにいられませんでした(笑)。ほんと、お祖母ちゃんがそんなふうに思ってくれているなんてびっくりしたんです。それも、他社(笑)のものと比較までしているとは!!なんでも、聞いてみるものですね。
森の生活さんへのお返事にも書きましたが、三年ぶりの「楽しみに食べっからな」、聞けてよかったです(^^)
たぶん、お祖父ちゃんの仏壇にあげて、つぎに、みんなで食べてくれるのだと思います〜。
nobaraさんもお忙しく大活躍のご様子ですが、お身体に気をつけて、年末年始をお過ごしくださいね。
はいむ
2008/12/16 01:51
おこんにちは^^お元気そうざんす。
このダークフルーツケーキ美味しそう><
詳細レシピは内緒。。なのね。。
修行します..
Eママ
2008/12/16 08:33
はいむさん、ぷくたんげんきになってよかったです。
いろいろ行事が重なると結構きついですよね。
前の記事にも出てましたが、もう七五三なのですね。
ほがのいぇのおぼごずぁ、おがんのはいぇもんだなっす。
という感じですね。
それにしても、フルーツケーキのおいしそうなこと。
こちらにきていちばん辛いことは、美味しいケーキが食べられないこと、というぷるぷる杏人にも目の毒でございまする〜〜〜。
私は、子育てでいちばん大変だったときには、どんな理由であれ、こんなケーキを焼こうという気になれませんでした。
あっぱれな女ぶり、孫ぶりです!!
さぞや、おばあちゃんもお喜びでしょう。


ぷるぷる杏仁
2008/12/16 22:27
Eママさん どもども、オラもとうとうぷくから風邪をうつされた気配ですが、週末までには絶対治しますよ!!お会いできそうでウキウキです(^^)
ダークフルーツケーキは、Eママさんにお教えした例のレシピとあまり変わりありません。ただ、フルーツがわりとウェットなのと、漬け汁も入れるので、それをカバーするような配合になっているだけです(^^)
漬けフルーツさえあれば簡単に出来るので、ぜひチャレンジあれ〜。
はいむ
2008/12/16 23:46
ぷるぷる杏仁さん どもども、お褒めにあずかりまして・・・(^^; いつもながらの自画自賛でお恥ずかしい。スミマセン!
そちらに美味しいケーキが無いっていうのが意外で、甘味は充実しているのかと思っていましたよ。語学とか勉強もお忙しいのでしょう、材料さえあればできるというようなものでもないですよね。オラも、好きだからこそ忙しくてもなんとかヤル気になれますが、これが縫い物とか編み物だったら・・・絶対絶対、やらないです。ええ、やってないです(笑)。
ばあちゃんからは、また、これから食べる前フリの電話を貰い、嬉しかったです。こんどは、食べているところを想像できます(^^) ぷるぷる杏仁さんのあたりは、ドライフルーツが豊富にあるイメージなので、なにか漬け込んで、ホットケーキミックス(あるのでしょうか?)にでも混ぜて焼いてみてはいかがでしょう?
はいむ
2008/12/16 23:49
ぷるぷる杏仁さんに追伸です。
・・・その発音・・・たまりません(笑)。
里心、ついちゃうじゃないですか。今年は里帰り無しなのでしょうか?オラは正月前後、帰省しますが・・・
はいむ
2008/12/17 01:02
おはよう〜〜!!
おいしい手作りケーキをありがとう〜〜
味にうるさいトッティもフンタンもまろやかにおいしいなどと言い、早一本平らげてしまいました。
もう一本はひいじいとひいばあにお供えして2〜3日内にはなくなってしまうでしょう、日曜日はクリスマスを自宅でする予定なのでそこでもごちそうになります。
秋田のおばあちゃんにまで(母)送ってくれてありがとう!!
喜んでいましたよ、感想はまだ聞いていませんが・・・。
体調管理に気をつけてね!
山形ママン
2008/12/17 07:26
壁│'*)
>年明けにわざわざ聞くのもおこがましいですもんね
や、ちゃんと年明けに電話して「美味しかった?」って聞いてあげた方が良いです。
美味しかったケーキの感想はもちろんはいむさんから電話が来る事を何より喜んでくれる筈ですよ。
と言うか電話してあげてください。是非。
Kat-z
2008/12/17 19:47
山形ママン どもども、わざわざブログにまでUPしてくれてありがとう!それも60万ヒットの証拠写真つきで・・・(笑)ケーキを先に贈っておくなんて、オラなんて手回しがいいのかしら♪
気をつけてといわれた体調ですが、昨日寝込み、しかし1日で治しましたよ。これで暮れまで体調を崩さずに過ごせればいいんだけどね。
ママンも、いいクリスマスをね。楽しんでね。
はいむ
2008/12/19 22:38
Kat-zさん なるほどー、たしかに、年明けに電話してあげるのもいいですね!そういえば毎年、山形に帰省した際に秋田に電話をして年始の挨拶をしていたのですが、思えば、山形の家族6人と、ウチの3人で、計9人が、秋田の家族たちに入れ替わり立ち替わり挨拶するので、ケーキの感想どこじゃなかったんですね(笑)。東京に帰ってきてから、ゆっくり電話をかけることにします。ありがとうございます(^^)
はいむ
2008/12/19 22:40
たまたま通りかがりで絡みます~
とてもおばあちゃん想いの優しい人ですね
幸せのお裾分けありがとねュ
ゆうみまま
2009/05/18 18:43
ゆうみままさん はじめまして!お言葉ありがとうございます。すみません、自画自賛のようでお恥ずかしいのですが、秋田ばあちゃんには滅多に会えないだけに、どうしても今年は作ってあげなきゃ!と思いました。
またしばらく電話していないので、ぷくの声を聞かせがてら電話しようと思います。ありがとうございました(^^)
はいむ
2009/05/18 21:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
3年ぶり、ダークフルーツケーキを焼きました  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる