オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS バッサリ薔薇の剪定、植え替え、新芽、蕾、オラのがーでん(超長文・画像)

<<   作成日時 : 2008/04/19 01:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

ぷくたんが生まれてから、もうずーーーーーっと、がーでん(という名の物干し台)のことをほとんどブログに書けなかった。

1歳まではオラも自宅で専業主婦していたのだが、とにかく寝ない・抱っこばっかりの子だったので、がーでんの世話など夢のまた夢であった。ぷくたんがやや落ち着いた頃は真冬だった・・・。

1〜2歳の頃は、ぷくたんは保育園に入り、オラは職場復帰して、パート&遠距離通勤で、青息吐息だった。がーでんどころではなかったのだ。

ぷくたんが3歳になった今、ようやくオラががーでんの世話をしている間、一緒にがーでんに出たり、部屋で待っていたり、できるようになった。
(がーでんにはバラ(とげ)がいっぱいなので、ヨチヨチの頃は危なくてダメだった)

今年のバラの開花シーズンに合わせた剪定は1月のはずだった。
がーでんに出て改めてしみじみ見ると、各鉢は雑草がはびこり、おしゃれな樽鉢に植えていたものは樽が劣化して崩れ始めており、特にバラの大鉢(大樽)はもう寿命・・・。剪定もだが、とうとうハラをくくって植え替え必須という状態だった。

着々と園芸土や肥料、バークチップなどを買い集め、1月は忙しくてダメ、2月は山形の祖父の不幸があり、3月に入ってすぐ、ようやく土日とオラの仕事休みの木曜に、とにかく頑張った。

バラの大鉢は2つ、アブラハムダービーと、ペニーレーン。この鉢は直径60cmほどあり、一抱え以上ある感じ。

バラの中鉢は5つ、イエローシンプリシティ、グロワールドムッシュ、エヴリン、ウィリアムシェイクスピア2000、ハマナス。このハマナスが、秋に病気をしてから枯れてしまって、今回は更新なしとした(涙)残念。

バラ以外は、中鉢ブルーベリーが2つ、中鉢ラズベリーが1つ、中鉢八重咲きドクダミが1つ、野菜用の大プランターに水仙が1つ。

最後の水仙はあまりにもプランターが大きいのと、プランターの中で小宇宙のごとく植物が絡み合い、なんだか絶妙のバランスで放っておいても毎年水仙が咲くので、このまま放置することにした(笑)。

合計11鉢を植え替えるのだ。嗚呼・・・。

一抱え以上ある大鉢からは、最長5mくらいツルバラがトレリスに絡まっており、まずはツルを切らないことには鉢を動かせない。というわけで剪定から開始。
今回は・・・今あるバラの枝やツルを全てぶった切り、全て高さ30cmくらいに切り揃えることにした。バラ好きさんならわかる用語「大苗」の状態に戻すのだ。

意を決して植木バサミで枝を切る。
(ここからはオラの素人話なので、ハズレもあると思われます。注意・・)

今回は最長で5mくらい枝を切る。そんなときオラは枝先からちょっとずつ切っていく。

・バラだったら、必ず革手袋を用意。ゴムなどは役に立たない。
・お店などでもらう紙手さげ袋を二重にして用意
・その紙袋に入る長さに枝を切っていく
・枝分かれしていたら、枝は必ずカット。袋に入れる時は全て真っ直ぐな枝にする。

特にバラの場合トゲがあり、普通のビニールゴミ袋では何重にしようともすぐ裂けてしまうし、袋に入れず束にした場合、ある種の武器みたいになってしまう!そんな束をゴミ捨て場に出したら、ごみ収集の人が怪我してしまう。
捨てやすさを考えたら紙袋は絶対に外せないアイテムなのだ。
・・・住宅密集地では、焚き火はご法度なだけに・・・。

いやー、切った切った。紙袋2つ分になった。
表現が難しいが、カットした枝が分枝している場合、そのまま袋に入れると場所をとるのだ。空間がムダになる。袋にいっぱい詰めたかったら、全ての枝をまっすぐに切り揃えるのがおすすめ。たぶん枝のまま入れていたら4袋くらいになったろう。
面倒みたいでしょ?でもお試しあれ。慣れればずいぶん楽に枝を捨てられるのだ。

特にぶっとい枝は直径3cm位あったかな・・・。
オラの植木バサミは「直径2.8cmまで切れます」と書いてあるもので、渾身の力で切ってもダメな部位があった。縦にハサミを入れ、横にハサミを入れ、斜めに入れ・・・を繰り返し、だんだんに切り進んで、やっと苗状態まで剪定することができた。

このあたりで、革手袋をも突き通したトゲで、手は数箇所血が滲んでいる(笑)。
オラはバラ科植物にアレルギーがあるので、腫れて痒い〜。でも、頑張る。

持ち上げるだけで精一杯の大鉢を引きずって前に出す。
うーん・・・。土も固くなって掻き出すことができないので、樽の壊れた部分を崩壊させることで鉢を壊して植え替えることにした。

↑すでに十分文章が長いので省略するが・・・鉢を壊し、XLサイズのプラスチック鉢に植え替え・・・大きい方から5鉢終わったところで、丸一日が終わり、オラは腰痛になり、まさにグッタリだった。

翌週も、続きの6鉢を頑張った。

ブルーベリーは、春が近くなってから剪定すると花芽がなくなってしまうので、切るわけにもいかず、ヤブのような樹形のをそのまま植え替える。

全部終わった時にはオラはヘロヘロ、腰痛、クタビレ、顔色なし、といった様相だった。

しかし終わった「がーでん」は、数年ぶりに見るすがすがしいほどスッキリ状態だった!
しかし・・・オラのカメラのメモリも、なんだか異常なほどにスッキリだった・・・??

せっかく「使用前の荒れ果てたがーでん」「使用後のうるわしい(大げさ)がーでん」両方を撮影しておいたのに、画像がどっかに行ってしまったのだ。PCの中も検索かけまくって探したのだが、出てこなかった。
そうだ、なんかPCが調子悪い時期があったではないか。今は小康状態だけど、あの時、ナニカあったのか・・・・????怖〜い!

なので、最近撮影した写真を。

昨年ブログ友達の方からいただきものをした鉢からご紹介しよう。

★たまちくさんからいただいた、ラズベリーの苗

もしかして覚えていらっしゃる方もいるかも?
たまちくさんから実生のラズベリーの芽をいただいて、大切に大切に育てていたのに・・・実はそれは「タケニグサ」というあまり芳しくない植物で、タケニグサの横から生えてきた脆弱な芽が本物のラズベリーだった・・・という事件を・・・。
(たまちくさんが悪いわけではない(笑)。勝手にまぎれこんだタケニグサが悪いのだ。だってちゃんと横から本物のラズベリーが生えてきたのだから、たまちくさんは間違っていないのです)

詳しくはコチラ(オレンジの字をクリックで過去記事)
・たまちくさんから芽をいただき、大切に育てている様子
・その続編!園芸の大先輩nobaraさんから「タケニグサ」を教えていただいた驚愕のエピソード。その時、本物のラズベリーは「小ちゃん」として大切にしていた。よかったー!

芽をいただいたのは一昨年の夏!すごい昔だあ。
本物のラズベリーだった小ちゃんが芽を出したのが、昨年の3月ごろだから、ちょうど芽を出してから1年ほどである。1年でこの成長ぶり!!もうツボミもいっぱいついて、順調に行けば収穫もできるかも!!
感激の成長ぶりである。たまちくさんが育てたラズベリーから収穫した貴重なタネをまいて、オラに下さったからこそ、こうして楽しめるのだ。

たまちくさん、ありがとうございました。
ああこのツボミ!大切に育てて、また成長ぶりをレポートしますね。
画像


★nobaraさんからいただいた八重咲きのドクダミ

##実は・・・nobaraさん、ごめんなさい。
八重咲きのドクダミと一緒に、葉の色がグラデーションになっている五色ドクダミもいただいたのですが、冬、八重ドクダミは数枚の葉が残っていたのに、五色ドクダミは地上部が枯れてしまい、諦めずに水は遣っていたのですが・・・春になって、芽を出しませんでした。
今年の植え替えでも諦めきれずにほじくりかえしてみたのですが、地下茎も枯れてしまっていて、望みはなかったようです(涙)。せっかくのプレゼントだったのに、本当に申し訳ありません。##

いただいた時の様子は、上のラズベリーのリンク「続編!」に一緒に出てくるので、よろしければご覧あれ。その時は「お姉さま」としてnobaraさんを登場させてしまったのだけれど・・・。

八重ドクダミの方は、春になって元気良く葉を広げ、新しい地下茎も出し、前途洋洋たる感じだった。これも大事に地下茎を傷つけないように掘り上げ、新しい鉢に移した。
移してすぐ、新芽が一つダメになってしまってショックを受けたが、今ではすっかりピンピンになって、今年の開花が楽しみなところ。

nobaraさん、ありがとうございました。
こちらも大切に育てて、開花まで楽しみに、レポートしたいと思います。
画像


さて、あとはがーでんに元々あった植物たちである。

★毎年ほっといても咲いてくれる水仙(とハハコグサ)

上の項に出演していただいたnobaraさん。
実はオラが君の名は?(不明草)として、がーでんに勝手に生えてきた雑草を「これはなんでしょう?」とブログ上で呼びかけたときに、真っ先に「母子草(ハハコグサ)」と教えて下さったのがnobaraさん!それが初めての出会いで、あのときコメントを下さらなかったら、お知り合いにならずに終わってしまっていたかも?という縁結びのハハコグサ。

どうやら雑草というくくりの花らしいけど、けっこうカワイイのと、やはり縁結びしてくれた恩があるので、抜くに抜けず(笑)、もう3年目。
共存しているのか、水仙はほっといても花を咲かせるし、ハハコグサもほどほどにはびこっている。この関係を崩さない方がいいような気がして、この鉢はアンタッチャブルとしたのだ。下の写真では、水仙の下のほうに見える黄色っぽいチビっこい花がハハコグサである。

・・・でもこの水仙、オラが球根を植えた時は、素晴らしくゴージャスな八重の芳香水仙で、なんだか年々シンプル化して、とうとう原種に戻ってしまったようなのだ(笑)。
まあよい、オラのがーでんにはこの方が似合うのだ(←負け惜しみ?)。

画像


★新顔、四季生りイチゴ

イチゴ大好きなぷくたんのために、生協のカタログにて2株購入。
ほんとは、長年「タキイ友の会」という園芸メーカーの会員となっているオラ、タキイの四季生りイチゴを買うつもりだったのだが、折よく生協のカタログに載っていたので・・・。
だって、生協の注文と一緒に番号を書くだけで、自動的に届き、精算も生協と一緒。ズボラなオラにはぴったりだったのだ。

以前、ワイルドストロベリーを4年越しで育てていて、ほんとに四季生りで、なかなか美味しい実がとれたのだけど、これまたぷくたんの世話に明け暮れているうちに枯れてしまった(ゴメンナサイ)。
いくら美味しいとは言ってもワイルドの方は直径1cmもないミニイチゴであるからして、味わいもちょびっと。
こんどのワイルドではない四季生りイチゴはどのくらいの大きさになるのか楽しみである。

画像


★超強剪定後、太々とした良い芽がたくさん出たバラ

実はドキドキだった強剪定と植え替え・・・こうして太々とした頼もしい芽がたくさん出て、一安心。
がーでんの植木鉢は、基本的に乾燥防止&雑草防止のため、バークチップ(鉢の上に見える茶色の木チップ)を敷いている。マルチングといって、けっこうこれが効果がある(と思う)のだが、今回は買ってきたバークチップで足りず、この2鉢は、前の鉢で使っていた古いものをリサイクルした。他の鉢より色がくすんでいるのがわかる。
実はバラのマルチングは、昨年の病気を持ち越してしまうため毎年変えるように、と言われているが、今年は背にハラは変えられず。ゴメンねバラさん。

手前がペニーレーン、甘やかなハニーアプリコット色、さわやかなリンゴの香り、見ているだけでオラのような粗忽者の心が洗われるようなバラ。
奥が最愛のアブラハムダービー。このバラの強い強い芳香は、甘く酸っぱく瑞々しいフルーツのような香り、花びらも多ければ1花130枚を超え、大輪に詰まった花びらの間からこぼれるように香るのだ。たまらな〜い。

画像


★今年も期待のブルーベリー

今年で6年目になるブルーベリー。毎年こんなに実って疲れないの?っていうほどの頑張り屋である。初年度、ブルーベリーの苗を買ってきたオラを、相棒や相棒家族がやや冷笑していた気がするが、年々多くなる収穫にすっかり信用を得た。
しかーし近年は、ブルーベリー命のぷくたんめが、黒くなり次第もいで片っ端から食べつくすので、食卓に上がることがほとんどなくなってしまった。
ま、いいのだ。ぷくたんが喜んでくれれば・・・。

ドウダンツツジに似たカワイイ白い花。さすがツツジ科。
バラ科にアレルギーのあるオラがいくら食べても痒くならない「幸いの実」である!

画像


★厳密に言うと、いや厳密に言わなくても「オラの」ではない裏の空き地

裏の空き地は、近所の大富豪というか豪農の土地であり、時々雑草を刈るくらいでずっと放りっぱなしである。空き地の真ん中には何故か突如としてヤグラが組んであり、キウイ棚となっている。秋には立派なキウイが400個以上生るのだが(オラが双眼鏡で目視して数えた)、全部、腐るがままにしておくのだ。キーーーッ!もったいない!!
どうやら近所の人が忍び込んで取っているらしく、地主が「失礼な!」と怒っているのを聞いた。腐らせるくらいなら近所の人に取らせてあげなさいよ、ついでにオラにも!と顔には出さず心で思うオラ。
今年もキウイの芽が出ていて、気が揉めるったらない(笑)。他人のものなのに・・・。

※覗き見って罪になるのかしら・・・空き地の奥も雑木林で、人家はないのだけど・・・。
とりあえず現在地が特定不可能そうな画像を載せときます。

キウイ棚の芽を40倍デジタルズームにて。
画像


しかしキウイ棚以外の場所は、以前植えていたらしい植物が半野生化して、春はちょっとしたお花畑になるのだ。なかなか良い気分。
見てくだされ、勝手に生えてきたムスカリと、ツクシ軍団である。

可愛いムスカリ!自分で植えるのが面倒なので、こうして光学ズームで見る(笑)。
画像


今日も長くなってしまった・・・。
更新をサボればサボるほど、ネタが溜まってしまい、いざ更新すると長くなってしまう。
もうちょっとマメに更新せねば!と決意だけはするんだ、オラ・・・。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第10回国際バラとガーデニングショウ&オラのがーでん
またもやブログを放置してしまった・・・。 水疱瘡以来、ぷくたんは元気(^^) ワーキングマザーになって超実感しているのは、自分は多少熱があっても会社に行けるけど、子供の熱や感染症はもうどうにもならないってこと。元気いっぱい跳ね回る病人を抱えて途方に暮れるってものである(^^; 「健康第一」ほんと昔からある言葉は含蓄がある。うん。 ...続きを見る
オラの日常
2008/05/23 00:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
いよいよがーでんが始まりましたね。大奮闘の大整理でがーでんが生き返りました。おしくも枯れてしまったもの、元気に行き続けたもの、新しく植えられたもの、また楽しみが帰ってきましたね。ラズベリーの鮮やかな緑、野生味があります。ぷくたんが楽しみにしているブルーベリーは今年も豊作でありますように。外に出て土をいじるのにいい気候です。その後の花たち、続報を待っています。
森の生活
2008/04/19 08:32
いやはやーぶったまげた〜なすぅ〜〜
はいむさん。やる時は徹底的にやんなさるね〜(笑)
ふむふむ〜こうやって薔薇も更新していくのね〜
我が家は今。モッコウバラが大暴れしています。
お隣の駐車場に出張ったのは勝ってに切ってねと頼んで
もっともお隣からの挿し芽ですから(イヤとはいえない?
八重のドクダミ、お花が見られるといいですね。
しっかりした株みたいですから大丈夫ね(^O^)
5色ドクダミ、残念でしたが仕方ないですね〜
実のなるものは楽しみですね。
我が家はシロヤマブキらしき物から発芽して
今日、庭の整理していて発見でした。
あちらにも書きましたが 家庭の事情で
暫くブログをお休みすることに。
でも決して病気を得たとかではありません。
直に 出てまいりますゆえにご心配なく。
以前、急病で消えた時に皆様にご心配戴いたので・・
腰痛は大丈夫?私は歯痛と肩凝り、初体験中です。
nobara
2008/04/19 22:30
ああ、が〜でん。素晴らしいです。
高校時代、はいむさんに株分けしてもらい、ついでにパーライトだとか、ピートモスだとか教えてもらいながら、観葉植物を小さな鉢に植えてたのを思い出します。七日町のお花屋さんにつれてってもらったりして。久しぶりのお世話で、生き生きしたがーでんの様子を見ると、はいむさんにはみどりの親指があるのね〜〜〜と、改めて思います。そのうち(といっても2年以上先ですが)是非お伺いして、がーでんを拝見したいです。



ぷるぷる杏仁
2008/04/20 11:30
森の生活さん はい、ほんとに仰るとおり「生き返った」感じです。今まではがーでんに出ても、世話の行き届いていないところばかりが目に付いて全然癒されなかったのですが(笑)、今度は違います!今日もぷくと二人でがーでんに出て、もう鉢から生えてきた雑草を抜きました。ぷくも手伝ってくれましたよ(^^) 芽の状態なら雑草も楽に抜けるので、マメに面倒を見る大切さを思い出しました(笑)。ラズベリー、ブルーベリー、花たち、またレポートさせていただきます。よろしくお付き合いくださいませ〜!
はいむ
2008/04/21 00:46
nobaraさん ありがとうございます、文中に何度も登場していただいてしまいました!!思えばブログを始めてからがーでんに関してnobaraさんに助けていただくことばかり・・・五色ドクダミについては申し訳なくってガックリしていたのですが、こうして告白させていただき(^^; 八重のほうは大切に育てて花をレポートしたいと思います。
nobaraさんのブログやコメントいただいた内容をみていますと、nobaraさんのお庭には何百種類も植物が植えられていそう・・・いつか本物のお庭が拝見できたら嬉しいなあと夢見たりしているのですよ〜。
nobaraさんがブログをお休みなさると聞いてショックショック・・・しかしオラも忙しい時は全然UPできませんでしたので、事情とあらば諦めます・・・肩こり歯痛が早く良くなり、お時間もでき、ブログに戻っていらっしゃるのを楽しみにしております。
はいむ
2008/04/21 00:51
ぷるぷる杏仁さん おおお、そういえば高校の時は観葉植物に凝っていて、ぷるぷる杏仁さんも連れまわされて大変でしたことでしょう(笑)。覚えていてくれて嬉しいような恥ずかしいような気持ちです。高校の頃から植物が好きで、観葉植物と、あとは庭に自分用のスペースがあって、そこに好きなものを植えていましたね〜。忘れもしない高校3年生の時、短大が推薦で決まってしまい、ダラダラ過ごす合間に、初めてタキイ友の会にバラの苗を頼んだのですが・・・見事、枯らしました。それがトラウマになって、この家に住むまでは、バラは「憧れ」のままにしてあったのですが、とうとう手を出し、この有様です(笑)。
みどりの親指は、ぷるぷる杏仁さんの前のコメントを下さったnobaraさんこそ相応しい・・・オラなぞまだまだ全然ダメダメガーデナーなのです・・・。
そういえばオラ、サボテンとパセリがダメでね、大好きだから植えるのに、サボテンは最初ずんずん育つのに突然腐ってダメになること数回、パセリは葉が数枚も出ないうちに花茎がどんどんあがってトウが立ってもう毎回!何度やっても環境変えても食べられず・・・なんか相性があるのかしらね・・・。
はいむ
2008/04/21 00:58
あの小ちゃんがこんなに立派に成長して…
はいむさん、すごぉいです。感動です!
大元のラズベリーちゃんは、今度こそ枯らしてしまった模様(涙)とってもかわいそうなので、しばらく余裕ができるまでは鉢植えを買わないようにします。反省です。
ブルーベリーは今年も豊作のようですね(^^)
お隣のキウイがとっても気になるたまちくです。
たまちく
2008/04/24 10:55
たまちくさん おおお 見に来てくださってありがとうございます!!!そうです、あの小ちゃんがこんなに立派になって!お陰さまで今年は楽しみが増えました。ラズベリーって、木の先だけが成長するのではなく、木全体が、根元の方も成長するらしく(知りませんでした)、支柱に固定したより下の部分が成長して湾曲してしまったので、いったん支柱から外して、トレリスに誘引しました。壁面仕立ての果物って、イギリス風で憧れだったので、とうとう第一歩を踏み出しました!(←大げさ?)うまくいくかわかりませんが、頑張って今年も育てようと思います。あ、そういえば根元から新芽というか、わき芽というか、太くて立派な芽が出てきています。様子をみてまた誘引しますが、うまくいって立派に育ったら、芽を分けて、本家返しできればと夢見ています。とてもお忙しそうですが、落ち着いた頃にちょうどお返しできたらなあ・・・。キウイ、どんどん成長中です。またそちらもレポートしたいと思います(笑)。
はいむ
2008/04/25 00:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
バッサリ薔薇の剪定、植え替え、新芽、蕾、オラのがーでん(超長文・画像)  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる