オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 美味しい山形ぶどう&ぶどうの上手なむき方

<<   作成日時 : 2007/09/10 00:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 2 / コメント 18

ふと思い立って、ぶどうをネット通販で手に入れてみた。

・・・食べる前に写真を写せばよかったのだが、新鮮なうちに!と、届いた瞬間に切り分けて、階下の相棒両親&遊びに来た伯母さんにあげてしまったので、半分の姿になってしまった。

★美味しいデラウェア&御曹司「藤稔」 箱の上のペンは大きさ比較用(笑)
画像


ぷくたんはデラウェアが大好き!昔ながらの小粒・種無しの赤ぶどう。
オラたち親バカは、ついつい「どんなに喜ぶかしら!」と思って高級なぶどうを買って食べさせてみたり、してしまうこともある(笑)。
しかし、ぷくたんは高級ぶどうはほとんど食べない。一口、舐めてみる程度なのだ(^^;
デラウェアだと、目の前にあるだけ全部食べてしまうので、最初から食べる分をあげないと腹をこわすまで食べ続けてしまうほどだ。
よしよし、庶民の子ぷくたんよ、そのままそのまま、庶民的でいておくれ。

オラもデラウェアは大好き!大粒ぶどうも大好きだけど、皮むきいらずでチュッと食べられるあのお手軽感はデラの最大の魅力、そして独特の香り。

というわけで、ぶどうで有名な、山形の赤湯から、美味しいデラウェアをとりよせることにした。

注文の際、そのぶどう園では稀少ぶどうの「藤稔(ふじみのり)」も出荷しているのがわかった。
藤稔は、巨大な粒、濃厚な美味しさだけど、粒がポロポロ落ちやすいので、一般店舗には出回らないのだ。生産する側も、市場に出回り難いとなると生産もし難いにちがいない。

というわけで、勢い込んで「完熟デラウェア」と「藤稔」を購入。

さっそく届いた2箱のぶどうを開封すると、デラウェアからは甘い香りが、藤稔は1箱に1房が緩衝材に乗せられ袋に包まれ御曹司のように鎮座ましていた。

そのデラウェアは、甘くてジューシー、とにかく味が濃い。
数日前に生協で届いたデラウェアも「これ普通のスーパーのと味が違う!」と言っていたくせに、今回のデラウェアは「いや〜、アレより段違いに旨い」なんて言っている。
もちろん、ぷくたんは無言になって次々口に入れている(^^)

憧れの藤稔は、袋から出すまでは完璧に粒がついていて、慎重を期して袋から出したのに何個か粒が取れてしまった。さすがプロの包装、どうやって袋に入れたのか謎である・・・。

その落ちた粒をまず食べてみると・・・うまーい!!すんばらしい!!
強い強い甘み(のどが痛くなるほど!嬉しい痛み(笑))、さわやかな香り、ほどよい酸味、濃厚〜〜!汁気たっぷり!!
粒もびっくりするほど大きくて、一粒を頬張ると口の中がいっぱいになる。
皮もぴちぴちに張りつめて、新鮮な汁気がたっぷりつまっている感触である。

いやー・・・こんなにうまいぶどうがこの世にあったのか・・・。

あのぷくたんですら、おいしい!と数個食べていた。
(すみません生産者様、数個で・・・それでも普段の反応の数倍なんです)

もしかしたら、同園の巨峰やピオーネを買えば藤稔と同じくらい美味しいのかもしれないが、今まで食べた巨峰やピオーネの、それもデパートの高級品売り場のものと比べても段違いに美味しくて・・・素晴らしかった。

実は相棒の伯母さんは、元ぶどう農家だったのだ。もう引退して久しいが、新宿タカノで特別に上等な巨峰として、苗字を冠して「○○巨峰」として売られていた。今でこそ生産者プレミアムはよく耳にするが、30年以上前に苗字を冠して売られていたのだから、いかにすごかったかがよくわかる。

その伯母さんは、今も時々なつかしくなって高価い巨峰を買っては「当時のウチのぶどうとは比べ物にならない」とものごちていた(笑)。
しかし今回遊びに来た時にその藤稔を食べてもらったところ「久しぶりにうちのぶどうを思い出したわ!」と笑顔で絶賛してくれた。よかったよかった!

肝心のそのぶどう、どこで手に入るのか・・・こちらです。
今ならまだ間に合います!!(オラは回し者じゃないんだけど(笑))
藤稔は一房1300円、完熟デラウェアは1キロ800円(最終売り尽くし価格)、このうまさでこの価格は破格だと思う。(送料別、今回は送料590円、地域と重量で変わるそうだ)

★うるしやま果樹園(山形県赤湯)
http://urushiyama.ocnk.net/

さて、最後に付録を。
藤稔、巨峰、ピオーネなど、大粒のぶどうは手で皮をむかないと食べられない。
意外とあれは面倒なものだ。

皮をむくとき、皆様はどちらからむくだろうか?

★普通はこうですよね?枝についていた粒の穴のところから。
画像


しかし、実は粒のお尻の方からむくと、すごく綺麗にむけるのをご存知だろうか?

★このように。お尻にある小さな点あたりの皮を爪でつまんでむく。
画像


普通にむいたのと、お尻からむいたのと、比較用に並べてみた。

★比較。左がお尻から、右が普通に首からむいたもの。
画像


どうですこの違い。
明らかに、お尻からむくと、一気に皮がむけて粒を傷つけずに綺麗に丸ごと食べられる。
しかし首からむくと皮が途中で切れてしまい、粒の中腹でまた皮をつままなくてはいけないので、穴があいてボコボコになってしまう。

ぶどうの皮は、お尻の方の皮が一番下の組織になっていて、首の方の皮はわりと表面層に近いのだそうで、表面層からむくと下の組織が残ってしまい、きれいにむけない。
だからお尻の方からむけば、下の組織から一網打尽にむけるというわけだ。

あまりのぶどうのおいしさに、藤稔を山形ママンにも送るよう手配して、そのことを電話で伝えたついでに「ねえ知ってる?」と聞いたところ「初めて聞いた!」と驚いていた。
意外と知られていないのかも・・・と思ってアップした次第。
皆様もぜひチャレンジしてみてくだされ。


合計
今日
昨日


★コメントのお返事が遅くて心配になった方がいらしたら→こちらへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
 萩が満開・・・九月九日はひいじいの誕生日&白寿の記念品&ふる里へふる里便
毎年忘れた頃に、いっきに色づくように咲く。 第三中学のグラウンドの西側に、みごとに垂れ下がった萩の花。 咲いて初めてああ〜ここに毎年咲くね〜と、見とれる・・・そんな花だねぇ、萩って。 ...続きを見る
山形ママンの日常
2007/09/10 22:54
さ〜お盆です!! ぷくたんの里帰りで、早速<南陽市赤湯の漆山果樹園>へぶどう狩りと温泉ゆぴあへ
皆様にコメントのお返事もせずに、アップのみしております。 ごめんなさい!!(忙中閑あり?) ...続きを見る
山形ママンの日常
2008/08/14 15:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
庶民派のぷくたんも驚くぶどうのおいしさが伝わってきました。生産者が自信を持って作ったもののすばらしさですね。ぶどうの皮のむき方、勉強になりました。
森の生活
2007/09/10 01:12
私の所にも山梨からピオーネが贈られてきました。
ウンウン。皮の剥き方、実は私もそうしています。
この綺麗に剥く方法、秘匿してたのにィーーぁははは
我が家は朝。3種のフルーツのヨーグルトかけをするんですが。
今はこのピオーネ。忙しいのに皆の皮を取らなければならず^^;
結構〜大変なんですよね。その点、デラならピュッピュッとラクチン?
今回の旅で佐久近くの道の駅で戴いた甲斐路みたいなのが
凄く美味しかったです。(試食した限りでは・・・)
おば様の高野の巨峰、凄いですね。私なんて高野のあの果物売り場
宝石店を覗くみたいに眺めるだけなんですよ。高野は地下1階の
インディアティーで紅茶を購うものですから。以前はそこでお茶も出来たのですが、リニューアルしてからなくなりました。後輩などにゴチするのに丁度佳かったんですけどね。あの日のれもぞう君は違うご家族の愛車だったのね。てっきりーーだと思ったんですが・・ね〜また入らして下さいな。
nobara
2007/09/10 10:15
秋は果物の美味しい季節ですよね〜。うちのこすずめも、そして私も種無しぶどう大好きです。私は子供のころから庶民派の種無しぶどう派で、そのまま大人になってしまいました。デラはこすずめと奪い合うようにして食べております。確かに一房出しておくと、ぜんぶくれ〜ってなりますよね。
サラントロ
2007/09/10 14:54
森の生活さん よかった、伝わりましたか!もうお世話になった皆様、森の生活さんも含め、こうしてブログに来て下さる人みなさんに送りたいくらいの美味しさでした(笑)。ぶどうの皮、機会があったらぜひ試してみてくださいね。オラも最初に知った時は、「ここから剥こう」なんて考えたこともない場所からだったのでびっくりしたものでした〜。
はいむ
2007/09/10 23:25
nobaraさん さすが!偉大なる先輩ママンです、ぶどうの皮のむきかたをご存知だったんですね(^^)すみません、秘匿していたものを公開しちゃって(笑)。nobaraさんのお宅では三種のフルーツのヨーグルトかけが朝から出てきて、その上、そのうち一つがピオーネだなんて・・・nobaraさんちの子になりたいオラです・・・真剣に。
伯母さんのぶどうは、オラが結婚してこの家に来た頃にはとっくに生産から引退していたので、いつもいつもいつも「あのぶどうほど美味しかったものは!」と懐古伝をいろんな人から聞かされ、歯噛みをして悔しかったのですが(笑)、今回、それに近いものを食べられてやっと気が済みました!
高野のお茶コーナー、私も何度か利用したことがあります。ケーキも美味しいんですよね。リニューアルしてお茶コーナーがなくなってからは行ったことがありません・・。
例の公園は、今年もどんぐり拾いに出没予定です♪お会いできますように〜!
はいむ
2007/09/10 23:32
サラントロさん 実りの秋というだけあってこれからは太らないように要注意の季節ですね(笑)。デラウェアは美味しいですよね!普通のスーパーで巨峰やアレキサンドリアなどが一般的に手に入るようになっても、デラウェアが根絶してしまうことはない!と信じてます。
味も香りも大粒ぶどうとは違って個性的で大好きです。
こすずめちゃんも大好きですか(^^)もうすぐ一人でどんどん食べられるようになってしまいますね。子供の成長は早いですよね。
はいむ
2007/09/10 23:37
はいむ!!
宅急便届きました。
=ふる里へふる里便=  すっかりこのキャッチフレーズが気に入ってひとりごちていま〜す。
本来であれば、親がふる里便をするのが、普通です、はい!!
しかし、こういうのもいいね。
おかげで、みんなでおいし〜く、食べています。
今年、デラの大粒を(といっても普通の葡萄粒のようには大きくは無い)食べたけど、これがまたデラのままの味で大きいし、種無しで、いがったね〜来年は送りたいねえ。
今日は、朝から爽やかな天気で、快晴!今から生協へフンタンと行ってくるよ。


山形ママン
2007/09/11 10:37
=ふる里へふる里便= なんとも素敵なヒビキです。
このブログに来るたび感じちゃうこと・・・「文才は遺伝する」です。山形ママンからはいむさんへ、そしておしゃまなぷくたんへと。デラウエア好きも、しっかし遺伝してるし(^.^)
葡萄の甘さは脳天突き抜け〜!(水くれ、水・・・(*O*))ってカンジであまり得意ではありませんでした。しかも高い(;-_-;) すぐ小蝿が察知して寄ってくる。剥くのが面倒。
でも、この剥き方ならバクバクいけそうです。
いつも=ふる里便=で梨や林檎を送ってもらってますが、今年は葡萄もおねだりしてみます。実家の近所に巨峰農家があるのですよ。出荷できない(実が離れた)巨峰をいつもおすそ分けしてもらってて、それが美味いんだ。ほぼ“腐りかけ”ですけど、原風景ならぬ原風味?叔母さんの絶品高野葡萄・・・食べてみたかったですね。人生かわってたかも(^.^;
日和
URL
2007/09/11 23:37
初めまして!山形ママンさんの所から寄らせて頂きました。美味しそうなぶどう!早速買って食べたくなりました。 実は自分はぶどうは皮のまま食べています。勿論お尻の方から剥いた方がきれいなのは知っていましたが、剥かずにむしゃむしゃ食べています。 又遊びに来させていただきます。
mint
2007/09/12 16:17
山形ママン 美味しく食べてもらえてよかった!さっきの電話で「すぐなくなっちゃった」って言ってたけど、うんうん、3房送ろうか迷ったんだけど、まあお試しで・・ってことで2房にしてしまったんだよ。もしかしたら山形に住んでいればあんなのを食べる機会も珍しくないのかなあ?と思ったりしてね。なにしろ山形を出てから早13年、山形事情にもすっかりうとくなってしまったからね。
来年は、デラの大粒を期待してます(うそうそ 自力で取り寄せるから大丈夫だよ)
こちらもだいぶ涼しくなって、でも今日はすごい大雨で、朝は足元がビショビショに濡れる大雨強風でした。このまま残暑厳しくないまま秋に突入してくれるといいなあと思います。
はいむ
2007/09/13 00:05
日和さん 「ふる里へふる里便」たしかにいい響きですよね(笑)。文才なんて言って頂けると、ない鼻が高くなりそうですが(笑)、日和さんも独特の「日和節」、オラも「はいむ節」で、書くのが好きな人はなんとなくどことなく文章に癖がありますよね。日和さんとこも最近読むだけで申し訳ありませぬ〜!でも更新されたらすぐに見に行ってますよ。大量更新されたばかりで嬉しかったです(^^)
日和さんがぶどうの甘さが得意じゃなかったとは意外です!オラもついこないだまで剥くのが苦手だったのですが、この剥き方を覚えてからは、綺麗に剥き上げて一気に口に入れるのが趣味になってハマってます!
出荷が出来ない果物って、意外と美味しいんですよね。さくらんぼも実割れしたのをもらうことがありますが、実割れするほど中身がつまってるんですよね。巨峰も、実が落ちるほど、そう、腐る寸前くらいで、美味しいんでしょうね!
伯母さんのぶどう、毎年話を聞かされて辛かったのですが(笑)、やっと少し気が済みました。
はいむ
2007/09/13 00:12
mintさん 初めまして!実はママンのブログのコメント欄でたびたびお見かけしていたので、初めての気がしないのですが・・・ママンがいつもお世話になっております(^^)これからはこちらもよろしくお願い致します!
ほんとにこのぶどうは特等品でした!実は今、緑色の品種のぶどうを追加注文してしまったところです。こちらも期待がかかります!
皮ごと食べられるぶどう(甲斐路とか、アレキサンドリアとか)はオラも好きで皮ごと食べていましたが、巨峰なども皮ごと食べていらっしゃるとは!皮は気になりませんか?全部食べ終わってしまったので今すぐは試すことができないのですが、こんどまた黒玉を買ったら一度試してみようと思います。
はいむ
2007/09/13 00:16
たいへんご無沙汰してます。
ママンさんから飛んできました。
いただいたピオーネがあるのでお尻の方からむいてみたら、あら、きれい!! にむけました〜!!!
ぶどうの箱の写真を見れば 赤湯・漆山・・ いや〜、なつかしいですね〜。
伯母さんも笑顔で絶賛した藤稔、食べてみたいです。誰か送ってくれないかしら(^_^;)
ravemi
2007/09/17 19:51
ravemiさん こんばんは!こちらからもご無沙汰しておりました。記事はちゃんと読ませていただいておりましたが・・・。よかった、ravemiさんのお役に立てたようで!ご存知の方も多いようですが、オラも初めて皮をお尻から剥いた時は感激というか・・「今まで損した分の果肉を返して」と思ったという食いしん坊ぶりでした(笑)。
藤稔、今サイトを見に行ってきたらもう売り切れになっていました・・・赤湯のあたりのぶどう棚を思い浮かべながら食べましたが、きっと来年も間違いなく買ってしまうと思います。ravemiさんにも送ってさしあげたいくらいです〜!
はいむ
2007/09/17 23:08
お久しぶりにお邪魔します。
美味しそうなブドウですね!
しかし・・。私は今まで巨峰をたべるときも皮をむかずに口の中に放り込んでいました。もちろん後で皮と種は出しますが。ワイルドすぎますか^^;
あと、よく洗った巨峰をそのままカチカチに冷凍して皮ごとシャリシャリかじるのも好きです。
前の記事の雨漏り、大変でしたね。
実は我が家もひどい雨の日はもってきますよ^^; しかも玄関なんですよねぇ・・。ダンナが屋根に上って原因を探りましたがわからずじまいで。梅雨は大変でした。
築40年以上ですからね。近々引っ越すのを言い訳に放置しております。
あはは・・・。
ちょびまま
2007/09/18 13:52
嗚呼、美味しそうな葡萄ですね。しかし、他の方でもいらっしゃいましたが、私も葡萄は「皮ごと食べる派」です。理由は簡単。「面倒くさいから」……m(_ _;)m すみませ〜ん、男ってこんなもんです。子どもの頃はちゃんと剥いて食べてました。ところが、ある時、洋画を見ていると(なんだっけなぁ、なんかクレオパトラみたいなエジプトっぽい映画でしたね)沢山並んだご馳走の中の葡萄を食べるシーンで、どう見ても皮ごと食べてるんですね。「どうして西洋人は葡萄を皮ごとたべるのか?」という素朴な疑問を持ちました。ある時、じゃ、やってみるか、と皮ごと食べてみると、ちょっと渋い感じもありましたが、けっこう食べられるじゃん!それ以来、皮ごと食べるようになってしまいました。(後で知ったんですが、皮ごと食べられる種類だったんですね( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ)

2007/09/18 22:10
ちょびままさん おひさしぶりです〜ご無沙汰しちゃってすみません。
ぶどう、美味しかったですよ〜!本当にこれは素晴らしかったです。
ちょびままさんも皮ごと派なんですね!意外とここで皮ごと派の方が多くてびっくりです。オラも実は時々、皮を剥くのが面倒でやってしまうのですが、でもなんだかこう、気になってしまって、結局皮むき派に・・・(笑)。
巨峰のシャーベットは、最近、生協の広告で知りました。もったいなくてまだやったことはないのですが、でも、駅前の格安八百屋さんで山盛りの巨峰を売っている時があって、そういうのを買って作ればいいんだ!と思いました(^^)
ちょびままさん宅の雨漏りは、突発的なのではなくて、時によって漏る感じなんですね。引っ越すのであれば・・・いっかあ(笑)たしかに・・・。子供心にも「前の家は雨漏りしてたな」なんて思い出になるかもですね。オラも小さい頃の雨漏り、面白おかしく覚えてますよ〜。
はいむ
2007/09/20 22:02
Kさんもぶどうは「皮ごと食べる派」ほんとに今回、意外と多いんだ!と感動した次第です(笑)。そうそう、実はオラも洋画で「ぶどう皮ごと食ってる!」と驚き、やってみたことがあるんですよー。Kさんと全く同じ!「西洋人はどーして皮ごと??」って思ったのも覚えてます!その時は実家で育てていた、たぶんスチューベンという、皮の厚いぶどうだったので、うーん、悪くはなかったのですが、イマイチだったんです。その後、本当に皮ごと食べるのが標準っていうぶどうと出会って「なんだ、こういう品種があるんじゃーん!」と感心したのです。今は、皮ごと食べると書いてあるぶどう(?)では皮ごと、巨峰や今回の藤稔などは、観念して剥いて食べています(笑)。
ぶどうって、品種によって本当に味が違って面白いし、干しても、発酵してお酒や酢にしても美味しいし、元々ぶどう好きでしたが、改めて見直しておりますよー。
はいむ
2007/09/20 22:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
美味しい山形ぶどう&ぶどうの上手なむき方  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる