オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS スタレビ「25年に一度の大感謝祭 6時間ライブ おやつ付き」inさいたまスーパーアリーナ【2】

<<   作成日時 : 2007/06/04 02:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

やっと、やっと【2】をアップできることになった。【1】はこちら
ライブ終了直後の週は疲れと仕事と育児で(笑)、2週目はなんだか次々と出来事が起こり怒涛の日々で、3週目はその出来事の余波で不眠不休(は大げさ。少ないながらも一応睡眠はとりました(笑))、やっと、今日はブログのために睡眠時間を割き(笑)、アップすることに。
これはファンの人でないとツマラナイかもしれないが、オラの記憶をとどめておくために覚書としてアップすることにした。ご用とお急ぎのない方は、このオラの個人的思いいれたっぷりな記録にどうぞお付き合い下さいませ。
あ、スタレビ好きの方もぜひぜひ、お付き合いくださいませ!

***

当日・・・あまりに広くて大きな会場にに到着し、1万5千人の席と観衆を見て、ひとしきり感激。
オラが昔、もっともよくスタレビのライブに通っていた、仙台市の「電力ホール」、ここはたったの1000席で、ほんとうにステージに近くて会場が一体となれるホールだった。しかしその15倍である。

オラの席は、ステージほぼ真正面の、アリーナ席(グラウンド面)からそのまま地続きで階段席となった10列目。最前列から数えると100列くらいあるのだろうか?そんなにないか?
少しだけ高さがあるので、座っても立っても、ステージが一望にできる。距離的には遠いんだけど、オラ的には正面に見える彼らを十分に楽しめる、最高の席だった。

ロビーの「スタレビ展」では25年間の歴史的資料(笑)を見ることができ、今までの1667回のステージ(ミニコンサートを含まず!)全てがボードに書かれていた。もちろんオラが通っていた仙台の電力ホールも記載されていることを確認。
そして、さいたま物産展もあり、彼らにゆかりの名産品が売られていた。パーカッションのVOH林さんオリジナルカレーとか、ベース柿沼さんご実家(?)の柿沼園のお茶とか・・・あとは埼玉県全域の名物料理・菓子などなど。

今回は「大感謝祭」の名前にふさわしく、撮影、録画、録音、全てOKという、異例のライブだった。もしかしたらライブDVDが発売されるかもしれないが、オラは「自分のカメラに彼らを収めたい」という気持ちで、自慢の(?)光学12倍×デジタル4倍ズームのカメラを持ち、Nikonの8倍双眼鏡を持ち、スタレビ展も見終わって、開演15分前には着席していた。

今回のライブは、スタレビゆかりの芸能人の人々がビデオレター形式で登場し、1曲リクエストするという趣向がところどころに挟まれていた。ライブ中は立ち上がって楽しむことが多いけれど、ビデオレターを見る間にちょうど座って休憩でき、内容も楽しいもので、この演出は今回の大感謝祭にぴったりだったと思う。

最初にボーカル根本要さんのアニメによるお笑い注意事項解説(フラッシュはたかないで、など)があり、そして登場したビデオレターがDJ赤坂泰彦さん。リクエストは(先日こっそり2日間だけアップした)デビュー曲の「シュガーはお年頃」。オラのスタレビ初恋の曲が1曲目となり、また感激!

撮影タイムもとってくれ「家宝ができたね」とお茶目に言ってくれたのが嬉しい。もちろん、12倍ズームでがっつり、ちゃんと家宝ができました。

次々に懐かしい曲が演奏され、オラの青春がフラッシュバックする(笑)。
立ち上がって踊りながら聞きながら撮影しながら、うーん、撮影しているヒマが惜しいのでカメラはしまいこんでまた踊る。楽しい〜!最高〜!

個人的に好きな「Find My Way」という曲は、ゴスペルのようにコーラスが歌い上げ、オラはどうしてもイギリスで見た古い教会に響き渡るイメージと、ブリティッシュロックのイメージが噴出してくる。ナマで聞くとまたひとあじイイなあ。とにかくコーラスに定評のあるスタレビだから聞ける曲だと思っている。

名物のMC(曲の間のお話し(しゃべり))。ライブ中のMC比率が自称26%(いやもっと?)というだけあって、笑いが止まらない。MCが長くなりすぎると赤ランプの回転灯が周り警告が出てさらに笑わせられる。

また、今回は緊張しまくっていたのか、「わざと?」「冗談?」と思うくらい、わざわざ曲を止めて歌いなおすこと5・6曲・・・歌詞を間違えるのも名物なのだけど、今回は本当に緊張していたんだろうなあ・・・と、見ていて微笑ましかった。
(プロなら間違えるな!という声はおいといて。だって絶対にどんなに間違えても歌詞見て歌うことはないのだ、彼らは。たとえ100曲ライブでも。)

それから今回のビデオレター(?)で非常に面白かったのが、小堺一機さん&関根勤さんコンビの「チャレンジソング」。名物「歌詞間違え」を逆手にとって、演奏中のバックに流れる映像に歌詞を(カラオケのごとく!)映し出し、最後まで一字一句間違えずに歌えたら100万円!という企画。真剣に持ち歌でやるところが可笑しい。
会場全員が祈るような気持ちで見守る「クレイジーラブ」、ややしばらく歌ったところで、絶対に期待を外さない(?)大間違い・・・(^^; 嘆息と爆笑が聞こえる。
そして上がるアドバルーン「歌詞は生き物です」(笑)。

しかし2度目のチャレンジソング「Stay My Blue」では、途中一度あわや詰まる場面もあったが、リズムに一瞬遅れただけで間違えず、最後まで到達。会場中が祝福の声援を送る。
「歌詞を間違えずに歌えたことでこんなに大拍手をもらったのは初めてです」という意の感想が述べられまた大笑い。
このチャレンジソング企画は、スタレビだからできた?ほんとに楽しい企画だった。

生出演のゲストでは、途中で笑福亭笑瓶さんが出てきてかけあいお笑いトークを見せてくれたが、やはりゲストで一番驚いたのは小田和正さん。本当に全く知らされていなかったので、会場は大どよめきに包まれ、出てくるなりスタンディングオベーション状態になり、本人スタレビが嫉妬するほどだった。
コラボレーションで2回ほど「オダレビ」としてライブをしたことがある縁で出てくれたとのことだけれど、約1時間弱に渡りステージに出て、スタレビの曲、オフコース時代の曲(Yes-Noなど。懐かしい!)を歌い、そして最後に、ライブぎりぎりになって突然小田さんが歌詞をプレゼントしてくれて、急遽要さんが作曲したという「思い出が歌になった」という新曲を披露、そして小田さんの「スタレビをこれからもよろしくお願いします」という退場の声に、要さんは男泣き。
なんだか、この場に同席できたことが夢のような1時間だった。

たまアリ(さいたまスーパーアリーナ)スーパーホーンズとして出現した、BIG HORNS BEEを彷彿とさせるホーンセクション。やっぱり管楽器がナマで入ると迫力が違う。元吹奏楽部の血が騒ぐ(謎)。輝く音色の金管、サックス(それもオラが担当していたバリトン)、うーん、耳福、耳福・・・

そして、7月に発売されるシングルに、会場のお客さんのコーラスを入れたい!ということで、コーラス部分をその場で練習して、いきなりレコーディングとなった。繰り返し3回くらい練習したあとで上手に導いてくれ、ちょっと難しい音程のコーラスだったのに会場が一体となって大きな歌声が湧き上がり、みごとに一本の声になる。
なんだか鳥肌がたつような、シビれるような瞬間だった。

そのコーラスが入る予定の新曲「愛の唄」も演奏され、もちろん覚えたてのコーラスが会場から再び湧き上がり、全員がまた一体になる。すごいなあ・・・ほんとにすごい瞬間だ。

だいぶ前にアルバム収録され、その後脚光を浴びることが少なかった曲も今回初めてライブで歌われ、そしてデビュー時代の曲、ライブで定番の曲、次々と繰り出される曲に、オラは次々とノックアウト(笑)。だって25年(のうち22年)だもの、胸の中から懐かしさと嬉しさがこみ上げる〜!

しかし、表現力と音色の豊かな要さんの声・・・ステージが進むにつれ、ますます声がよく出て、最後は少し疲れもみえてきたものの、声じたいはどんどん透明感を増してスタジアムの天井を突き抜けるように響いていく。女性の声でも出しづらいような高音から、男前の低音、シャウトからささやき声まで、いやいや、もうほんと、彼の本領発揮といったところ。あ〜。いいなあ・・・。
そしてメンバー&サポートメンバーの声も、枯れることなく神業のようにハーモニーを奏で、しっかりステージを織りなしていく。このサポートメンバー含む6人となってからはあまり熱心にファンをしていなかったオラ(ごめんなさい)、でも事前にライブDVDで学習していっただけあり、ちゃんと声を聞き分けられる(^^) 絡み合う声、ハモって、掛け合って、う〜ん、やっぱりたまらないなあ。

途中に休憩を挟んで、長い長い6時間が・・・いや、聞いているオラなんぞはあっという間のような気がしてまだまだもっと聞いていたかったが、とにかく夢のような6時間が終わった、かに思われた。

が、アンコールの準備で、今まで無かった場所に2台のキーボードが用意されるのを見て、胸がハレツしそうになった。
スタレビがデビューしてから今まで、キーボードのメンバーが2回(2人)脱退しているのだ・・・まさか、まさか・・・とステージを見つめていると、彼らが出てきたのだ・・・。

ホーンセクションも加わって、幻の名曲「おらが鎮守の村祭り」を全員で演奏する。あまりの感激にめまいがしてきた(笑)。オラも踊り狂いながら、しかし目の前の光景が本当のことなのか信じられない思いと、この瞬間に居ることができた幸運と感激、胸がいっぱいでどうしようもない。

クレイジーキーボードといわれた初代キーボードの三谷さんは、オラがコンサートに通い詰めていた頃にメンバーだったお人・・・ソロで活躍しているが、もう絶対に絶対に「スタレビとして」はナマで聞けないと思っていたあの演奏(弾く姿勢から、ジャンプしながら弾き歌うその姿!)、そしてあの声!持ち歌の「夜間飛行」を聞きながら、うっかり涙してしまったオラ。
今思い出しても、胸がギュウッとしてしまう。

そして、ライブでは定番の「Goodtimes&Badtimes」「と・つ・ぜ・ん Fall In Love」異常なほど熱い厚いコーラス(なにしろ8人)、お約束のジャンプでは「気をつけて跳んでよ!」の声で1万5千人がジャーンプ!・・・心の中で、スタジアムが崩れ落ちないかを心配したのはオラだけではあるまい。

ここまで終わって、ステージの上でかわるがわる全員がハグして大泣きしている。
・・・25年、いろんなことがあったんだよなあ・・・と思うと、オラまでステージがかすんで見えない(^^; でもでも、周りのお客さんもみんな泣いてたから、よしとしようじゃないか。

要さんの最後のMCがあり、「(泣いちゃって)めちゃめちゃかっこわりぃな・・・なんだか解散するみたいだな(泣き笑い)」と言いながら、スタッフから物産展のスタッフ、遠くから来てくれたお客さん、出てくれたゲストのみなさんに感謝の言葉があり、また涙。

最終曲「めぐり逢えてよかった」は、最初は涙でかすれ声だったものの、どんどんまた声が出始めて、信じられないほど繊細な高音で歌い上げてくれて、またウルウルさせてくれる。

あー・・・要さんじゃないけど、歳を取ると涙もろくなっていけねえよ・・・オラ。

というわけで、大笑い、クスクス笑い、踊り歌い、じーんと聞きほれ、そして最後にはあり得ないほどの感激をもらって・・・オラはあれから3週間、あのライブのことを考えない日はなかったほどだった。25年という月日をずっと一つ処に集まって曲を作って歌い続けてきた彼らの日々と、オラの25年間(いや37年間)、なんだか考えさせられることが多くて。

その後、スタレビとは全く関係ない、オラが家の親戚筋で大変なことがあり、仕事と育児とその激震に揉まれつつ、ライブの感激をやっとここに記録することができた。

・・・このライブの開催を知らせてくれたのは、コメント欄に書き込んでくださった「のんさん」だった。のんさんのおかげでライブに行く気になり、チケットも先行発売を知らせていただき手に入れられた。感謝してもし足りないくらいだ。
そして、当日は休憩時間にお会いすることができ、帰りも途中まで電車でご一緒させていただいたのだった!!
ちょっと見かけない長身、同い年、同学年の子をもち、一時期仙台に住んでいた、そんな共通項もあって親近感いっぱいだったのだが、あっという間にうちとけてマシンガントークでしゃべりまくってしまった。(オラ思うに)長身の女性に多いどこか大陸的な雰囲気がまたよくて、のんさんは回転も早く気配りさんで、知り合えた嬉しさでオラはいっぱいだった(^^)

思えば帰りの電車の中、ライブに同行なさったのんさんのだんな様、妹さん、お子さんのR君、ご本人のんさん、ずーーっと一緒だったのだが、ライブの感想はほぼ一言も出なかった。
全員がスタレビファンで、全員が思い出を共有しているはずなのになぜ?
たぶん、たぶん、全員があまりに感激しすぎて、軽々しくその場で感想を口に出せなかったのだと思う。ほんとに、見事にライブの話をせずに帰ってきたなあ・・・と思ったのだった。
・・・1歳のかわいいかわいいR君のお相手に忙しかった、というのもある(笑)。また会いたいなあ・・・いや、きっと会えるな。またライブでご一緒できると確信しているのだ。

さらに後日、のんさんから新茶を送っていただいた。さっそく味わって、またひとしきり思い出を反芻する・・・。針のように黒々ツヤツヤと細い茶葉、淹れると新茶らしいすごく爽やかな香りが鼻に抜け、舌にしみいるような清々しい味、のんさんが超オススメくださるわけがわかった。飲み終わってからも、ずーーーっと口の中が清々しいのだ。すごーい!
こんな出会いを作ってくださって、そのうえお茶までご馳走になってしまい、のんさん、感謝感謝です。ありがとうございました。

そして最後にスターダストレビューの皆さん、ほんとうにすごい瞬間に参加させていただいて、ファン冥利につきます。最高でした!ありがとうございました。
きっとまたライブ行きます。秋のツアースケジュールが出たら、東京近郊で最も小さい会場を選んで参加しようと思います(笑)こんどは近くでお顔を見せてくださいね。

★コメント欄で期待の言葉をいただいた、当日の「おやつ」
画像


★その中でスタレビオリジナルはこちら。中心メンバー4人の似顔絵金太郎飴。
 のんさん、足りなかったでしょ・・・?(サポートメンバーは2名)
画像


でも結局、もったいなくて(自宅で撮影したくて)おやつを食べられず、持参したキャンディをかじっていたオラ(笑)。せっかくおやつ出してくれたのにゴメンナサイ。
そして6時間、トイレに行かずにすませるため、水分摂取をできるだけ控えていた(笑)だって席を外した瞬間になにが起こるかわからないんだもの。もったいなくて行けますか!


★入場の時にこんな袋で配布された。嬉しい!
画像


★見てくだされこの美しい新茶よ・・・のんさんご馳走様でした!
画像





合計
今日
昨日


★「オラの日常」三年目にしてずぼらブロガーになります!
 コメントのお返事が遅くて心配になった方がいらしたら→こちらへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スタレビについてアツく語るの巻
オラがスタレビ(スターダストレビュー)が大好きなことは、何度かこのブログにもUPしているので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれない。 ...続きを見る
オラの日常
2008/12/17 01:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
6時間のライブをしっかりと楽しむはいむさんのエネルギーに圧倒されました。まだ余韻が漂っているようですね。
森の生活
2007/06/04 08:00
またしても泣いちまったじゃないですかぁ!歳をとると涙もろくていかんですね、お互い(笑)
そうなんですよ〜、金太郎飴。足りないじゃんかぁ。あっても食べられないですけど(*^^*)

お茶、楽しんでいただけたようでご紹介した甲斐がありました。
確かに、帰りにライヴの話は全然しませんでしたね。
あまりにたくさん受け止めすぎて、消化できていなかった気がします。うん。
よく飲み下す前に話してしまうと、話したことの方がリアルになってしまうようで・・雲の中にいるような気分を味わっていたいってこと、ありますよね〜。

共通点が多いがゆえ、話もまだまだ尽きないところ・・・SRのとりもつ縁で、またお会いしてた〜〜っくさんお話しましょう!楽しみにしてます♪♪
のん
2007/06/04 12:24
まんつ、ながながとお書きになりましたなぁ〜
そのぐらい感動したのがぁ。
いがったなぁ。
のんさんはじめ、この日のために協力した相棒さんがいてくれてよかったなぁ。
ふうん、のんさんもおっきいの?
また、逢えるといいね。

梅雨前のさわやかな毎日だけど、そちらは、そろそろ暑いのではないかしら?
楽しかった一日を大切に、毎日を元気に過ごしてね。
山形ママン
2007/06/04 21:19
森の生活さん ありがとうございます、その通りです。まだ余韻たっぷりです(^^) 久しぶりに自分の時間を作って、独身の時に愛車でスタレビを聴いていた頃を思い出してナマで聴けて、最高でした!
はいむ
2007/06/04 23:51
のんさん! まさか泣いていただけるとは思いませんでした!でもオラも今でもあのシーンを思い出すと涙が出そうになります。ライブ中は全てが楽しくて「良いなあ!良いなあ!」と思いながら参加していましたが、アンコールを見て聴いて・・・なんだか、アンコールのあの瞬間に居合わせるためだけに参加したかのような気持ちになってしまいました。
金太郎飴は、見た瞬間「あ!こりゃのんさん、寂しかろう・・・」と思いました(笑)。もちろん、甘栗は食べられても金太郎飴は食べられません。絶対ムリだ〜。
お茶はほんとに美味しかったです!!すぐにレポートしたかったのに、怒涛の日々で遅くなりましたが・・・あの後味、今まで飲んだお茶では味わったことが無い清々しさでした。これを毎日飲んでいたら病気にならなそうです(笑)。
まだまだいっぱい話したいこともあり、子供達を会わせたいこともあり、いつかきっとまたお会いしましょう!こんどはオラがのんさんにオススメを持っていく番ですからね(^^)
はいむ
2007/06/04 23:57
山形ママン そうなの。ほんとにほんとに良かったのよ。あの頃、高校生のくせに泊まりでコンサート行かせてくれてありがとう。あれはその後のオラに多大なる影響を与えたよ。
のんさんにもほんとお世話になったし、相棒は快くぷくを見ててくれたから安心して行って来れました。幸せなことだよ・・・(^^)
のんさんもおっきいよ〜。オラのほうが大きかったけど、ほとんど変らないよ。のんさんは細くて、ちょっと前のオラみたいな感じよ。オラは最近太ってきたからさ・・・(^^;
こちらは暑いよ〜。毎日汗だくだよ。湿気もあるし・・・でも、元気で過ごそうと思います。今日はクッキー焼いたさ。ママンにも食べさせたいなあ。
あ!宝くじ送ったよ!
はいむ
2007/06/05 00:00
はいむさんのすんごく楽しかった気持ちが、がっしり、よ〜くわかりました!(笑)
ぽんた
2007/06/08 19:14
ぽんたさん おそらくスタレビには興味をお持ちでないと思うのですが、それなのに長文読んで下さってありがとうございます(^^;
ほんとにほんとに、いまだに毎日ひきずってます(笑)今年中にぜったいまた行っちゃいます・・・ライブ。嗚呼・・・
はいむ
2007/06/11 00:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スタレビ「25年に一度の大感謝祭 6時間ライブ おやつ付き」inさいたまスーパーアリーナ【2】  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる