オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS ぷくたん「サルとカラス」

<<   作成日時 : 2007/02/02 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

注:今日もバッチイ系の話題です。苦手な方は読まないで下され。

子どもは、脅して育ててはいけない、とよく聞く。
たとえば、ゴネて大泣きしている子どもに「ほらほらほら、そんなに泣くとヘビが来るよ!」みたいな、あり得ない(あり得る地方もあるだろうけど(笑))、うーん、要するに、泣いている原因とかけ離れた脅しをして泣き止ませるような育児方法はよくない、ということのようだ。

オラもその意見には賛成なんだけど、ちょびっとだけ、脅してしまう時がある。
一応、例の意見に沿ったつもりで、「原因とかけ離れてはいない」脅し方で・・・(^^;

***

ぷくたんは、オムツ交換の時に暴れることはほとんどない。
些細なことだけど、毎回大暴れする子もいることを思うと、この些細な積み重ねがいかにオラの育児ストレスの軽減に役立っているか・・・と思うことすらある(笑)。

しかし。ウンチをした時は、なかなか交換する体勢に持っていくことが難しい。

「ぷーくたん。ウンチしたでしょ。くちゃいよ。」
「ちがうの」

出た!得意の「ちがうの」である。
全然違ってなどいない。明らかに漂う妖しい香り。

「出たでしょ。ほら。お尻ばっちいと気持ち悪いよ」
「じゃぼぶ(大丈夫)。ちがうの」
「ちがわないの!出てるよ」
「ぷくたん、じゃぼぶ」(←ぷくたん、部分は本名を名乗っている)
「大丈夫じゃないでしょ(^^; もー!!お尻真っ赤になって、痛い痛い、痒い痒い、あー・・・大変だよ。お尻真っ赤になっておサルさんみたいになっちゃうよ」
「・・・しゃるしゃん?・・・ウンチ出た」
「よし!じゃあキレイキレイしよう!」

やっと捕獲成功である。
いったん捕獲してしまえば、前述の通り、暴れることもなく、処理に時間がかかってもちゃんとソノ体勢のまま待っていてくれるし、非常にやりやすいのだ。

ぷくたんにとって、お尻が真っ赤になっておサルさんみたいになる、というのはかなりショッキングだったらしく、それからというもの・・・

「ぷくたん。ウンチ出たでしょ」
「ちがうの」
「違わないよ、くちゃいもん。そのままにしていると、お尻が真っ赤になってイタイイタイ・・・」
「・・・しゃるしゃん」
「(笑いをこらえつつ顔は真顔で)・・・そうそう、おサルさんになっちゃうんだよね」
「しゃるしゃん・・・おむちゅキレキレ」
「そうそう。おむつキレイキレイしよう」

といった具合に、いい感じでぷくたん捕獲ができるキーワードとなったのだった!
・・・最近ではだいぶ慣れてしまい、効果は薄れつつあるが、それでも貴重な捕獲キーワードとして活用させてもらっている。

そして、こうしてだいぶ生活習慣の聞き分けもよくなってきたぷくたんにとって、もう一つ、ネックになっているものがあった。

それが、ハナクソの収穫である。
・・・今日のネタは最後までキタナイ系である・・・。

ぷくたんは、鼻をかむのは上手だ。
「フン!フン!しなさい」というと、ちゃんとフン!してくれる。
しかし、ハナクソを取るのは別腹、いや別件らしい。

鼻水が固まって鼻の穴がふさがり、機関車のごとき呼吸音が聞こえてきたら、ハナクソ収穫期である。この場合、ぷくたんを捕獲するのは簡単である。

「ぷくたん。鼻かんで。ハナクソ取ろう」

これでちゃんと捕獲できる。
しかしここからが難関である。
鼻をかみ、簡単にティッシュで取れるハナクソを取り、その奥に鎮座ましまする大奥たるハナクソを収穫するために、綿棒を取り出したあたりから苦戦が始まる。

最初の一かきは良いのだ。そこからだ。
暴れるぷくたんを押さえつけ、刺さって鼻血など出ないように苦心しつつ、大奥の呼吸を妨げている元凶を収穫しないことには、ぷくたんが安眠できない(=オラたちも安眠できない)。

しかし・・・ある時、苦戦が始まった頃。

「ぷくたん。そうやってハナクソ溜めてると、お鼻の中で真っ黒になって、カラスちゃんみたいなハナクソができちゃうよ」
「・・・カラちゃん??」
「そう。真っ黒鼻の穴になっても知らないよ」
「カラちゃん・・・」

そう言って、ぷくたんは観念したのか、おとなしくなった。
みごと収穫したハナクソは本人に見せ、「ほら!こんなのが出てきた!あー。もうすぐ真っ黒になるところだった!」と結果を教える。
そうしていたら・・・

「ぷくたん。ほら、ハナクソ詰まってるよ」
「ちがうの」
「ちがわないよ。そうやってハナクソ溜めてると真っ黒になって・・・」
「カラちゃん!」
「(笑いをこらえつつ真顔で)・・・そうそう、カラスちゃんになっちゃうんだよね」

ということで、暴れ具合は2割程度になり、たまにとんでくるカウンターキックを避ければいい程度になるのだ。
いつのまにか、ハナクソ真っ黒→カラスみたい、ではなく、ぷくたんがカラスちゃんになってしまうことになっているが、もうしょうがない(笑)。

しゃるしゃんと、カラちゃん。
この発音が可愛くて、ついつい、ウンチの時とハナクソの時は、おサルさんとカラスちゃんに頼ってしまうんだなあ・・・。

ちなみに、ぷくたんは絵本でおサルさんを見て喜び、外でカラスが飛ぶのを見ても「かーかーカラちゃんだねえ」と喜び、悪影響は今のところ無いようだ・・・。



合計
今日
昨日


★「オラの日常」三年目にしてずぼらブロガーになります!
 コメントのお返事が遅くて心配になった方がいらしたら→こちらへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おひさしぶりでございます♪毎回かかさず読み逃げ・・・(失礼)させていただいてます・笑 いや〜ぷくたん語録すごいですね ほんとおしゃべり上手!うちも脅し?て育ててはいけないという意見には賛成ですが ついつい・・・でも効果ないんです。夜ねるときも暗い部屋にいこうとするんで「こわいよ〜〜 おばけでるよ〜」といってもおばけは怖くないんですよね・・・おばけはテレビでかわいいってインプットされてるようで笑ってます(^^;)チハの苦手なものってあるのかな?とか思うと脅し文句もでてこず お猿の攻撃もしたことありますが「うっきっき〜なるなる」とモノマネしてウ○チをはさんだまま部屋を走り回ることも・・・うぎっ!ハハハ(^^;)気長にいくしかないと覚悟をきめた今日このごろです。ぷくたんもしま様はまったようですね うちもぷちにしたんです。実は4月うまれなんですんごく悩んでてぷちファーストはどうなんだろう?とおもって学年上のを受講しようか悩んでたところはいむさんのブログをよんで「よし!やっぱうちもいっこ上から始めよう!」と決定したのです。うふふ しま様のもとをとるべく頑張ります!
マママユ
2007/02/02 23:53
ぁはははは。。。ニャントも素直なぷくたんですね。
もぉーはいむさんの手練手管に感心しきりです。
ウンとチッチャイ頃は 鼻は吸い取ってやってた?(今は絶対無理!
あの頃はなんとも凄い母性だったなと。呆れる程です。
何だかネ〜今思い出そうとしてもどうだったかな(真っ白け…
うちの子達も結構〜私にダマされて育っています(笑
時にその時の話題になりますが笑い話ですよ。
私の場合、少し厳しくしすぎたと反省しきりです(-_-;)
nobara
2007/02/03 14:12
はいむさんはゆったり育児を楽しんでいて、さすがだな〜と感心します。
「サルとカラス」を理解しているぷくたんもすごいねぇ〜。毎日発見と喜びがあって輝いてる日々が懐かし〜い。忙しくて、眠くて今はしんどい時だと思いますが、今だけです。来年はもっとずっとラクになってますよ。
しげもこ
2007/02/03 21:01
うちは、パンツはきたがらない時には「むし」が来ます(笑)
「ほらほらほら、そこにむしが来てるぅ〜〜!!」と言うと慌てて履きにきます。
あとは歯磨きの時は「あり」です。
「ほらね、さっき食べたたまごが歯にくっついてるでしょ〜?ありさんはたまごが大好きだからね〜、食べにくるよぉ〜〜〜!」このセリフで大人しく膝に寝転がって口開けてくれます。
やっぱり子供の反応って面白いですねぇ♪
「脅し」とは違うでしょう。たぶん。きっと。。^^;
ちょびまま
2007/02/04 00:12
マママユさん しばらくぶりだったのに放置になってしまいすみませんでした!おかげさまで復帰傾向です!ぷくは言葉的には早熟なのかな?と思って、赤ちゃん言葉を楽しめる時期が短いのかな・・・と思うともったいなくて、一生懸命アップしてしまいました。
チハさん、いつもながら強いですね(笑)恐れを知らぬそのパワー!マママユさんの疲れっぷりが目に浮かびます・・・おサルさんになるぞーと言われて「なるなる!」という・・・やはり関西っ子は小さい頃からツッコミを覚えて育つのか・・・なんて思ってしまいました。すごいそのユーモアセンス〜!一度、チハさんとぷくを一緒に遊ばせてみたいです。
そうそう、しま様・・・プチファーストは、はっきりいいますが、今のチハさんやぷくには幼稚すぎて全然遊べないような気がします。ラトルとか、布をボールにしまうようなものですよね。今「ぷち」だとトイレトレーニング中心だったりして少し早すぎなのですが、しかし、元が取れることは間違いないと思います!しまちゃんを抱きしめるあの満面の笑顔、すごい愛しっぷりです。
はいむ
2007/02/09 22:25
nobaraさん あはは 手練手管というか、ぷくが「のってくれてる」のかもしれませんね(笑)上でお返事したマママユさんちのお嬢ちゃんはおサルさんというと喜んでしまうとか!なるほど・・・ユーモアセンスのある子は違う!と感心した次第です。
鼻を吸い取って・・・ええ、ええ、先輩ママさんからよく聞きます!うーん、オラもナマでハナは許して欲しいかなあ・・・今は鼻吸い器というのがあって、鼻にボトル(ハナミズ溜め器)をあてがって、そこから延びるチューブを吸うと、鼻水が吸い取れるというものを売っているのです。しかしぷくたんは、カラちゃんを取るのは100歩譲って許せても、鼻水吸い器だけは死んでもイヤみたいで、すごい抵抗を見せます。なのでよほど苦しそうで眠れないような時だけ使っています・・・。
nobaraさん厳しいママさんだったのですか!でもお話を聞くに、お二人ともすごく優しい方に育たれたようで・・・やはり少し厳しいくらいのほうが、我慢したり思いやったりする力が育つのだと思います。参考に致します、ぜひ!
はいむ
2007/02/09 22:35
しげもこさん さすがだなんてとんでもない。平日の夜は、ぷくのことが可愛くて相手をいっぱいしてあげたい・・・と思いながら身体がついていかなくて、遊ぶぷくの横で寝転がって、適当に相手をしていることもしばしば。それなのに楽しそうに遊んでいるぷくを見ると申し訳ないと思う時も多いです。ゆったり育児・・・オラの理想なのですけど、なかなかそうはいかない毎日です。ふー。
そうですよね、毎日発見と喜びがある、その通りですよね。こんな日々は二度と来ないんだと重々自分に言い聞かせても、嗚呼身体がついていかない〜(笑)たぶん10年後くらいに「あああの時もっと・・・」なんて思ってしまいそうです。
励ましていただいてありがとうございます。そうですね、だんだん楽になり、手がかからなくなり・・・ああ、嬉し、寂し、ですね(^^)
はいむ
2007/02/09 22:40
ちょびままさん むし(笑)すみません、ほら、ちょびちゃんって男の子じゃないですか・・・男の子がパンツをはきたがらないということは、そーゆー状況なわけで、そこに「むし」がきたらそれは怖いわ!と思いました(笑)大笑い!
歯磨きの「あり」も、たしかに来そう・・・ちょびちゃんもリアルに想像してそうじゃないですか!うちは歯磨きがなぜか好きなので苦労はしないのですが、「むしばいきん、やっつけろー!」というセリフが大好きのようです(^^)
生活習慣で、どーしても毎日やってほしいことって、やっぱりどーしても、決まり文句みたいなものがありますよね。そうそう、きっと脅しじゃないですよ、きっと・・・。
はいむ
2007/02/09 22:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ぷくたん「サルとカラス」  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる