オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 初節句に桜餅(長命寺・焼き桜)レシピ付き

<<   作成日時 : 2006/03/02 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

明日3月3日はぷくたんの初節句。
今回は、桜餅(長命寺・焼き桜)を作ってお祝いすることにした。

桜餅には、有名な道明寺(ツブツブのひきわりもち米粉を使う)と、焼き皮の長命寺がある。かれこれ10年前くらいに作ったことがある長命寺を思い出して、今回も作ってみることにした。長命寺はクレープを焼く要領でホットプレートでできるから気軽でイイ。

下にレシピと作り方を載せたが、文章に表すとめんどうに見える・・・が、「コツ」の部分が長いだけ。
要するに、生地を作ってホットプレートで焦がさないように焼き、あんこを丸めてくるむだけ。
気を楽にしてチャレンジしてみてくだされ。

また、今回は紅麹色素が手に入ったので使ったが、食紅は人工色素なので避けたいオラ。
白い生地でも上品な桜餅が出来るので、ピンクに着色しなくても大丈夫!

★桜餅(長命寺・焼き桜) お皿はオラが作った平清水焼(^^)
画像


★桜餅(長命寺・焼き桜)(10個分・50個分)

<道具>

ボウル 泡だて器 ホットプレート お玉 スプーン ターナー キッチンペーパー ラップ

<材料> 10個分( )内は50個分

・こしあん 200g(1キロ)
・桜の葉の塩漬け 10枚(50枚)

・水 220cc(880cc)
・紅麹色素 ほんの少し(小さじ2分の1程度)
・砂糖(上白糖・グラニュー糖) 45g(180g)
・小麦粉(薄力粉) 100g(400g)
・白玉粉 25g(100g)
・ベーキングパウダー 小さじ2分の1(小さじ2)

・サラダ油 ほんの少し

注:皮10個分の材料を4倍して、だいたい50枚以上焼ける。今回は失敗分も入れて70枚以上焼けた。失敗する分を考えて、10個分の材料は少し多めになっているので、それを5倍すると恐ろしくたくさん出来てしまう。
なので、皮は4倍、あんこは5倍、用意する。

<作り方>

(下ごしらえ)
こしあんを20gずつ手にとって、丸め、10個(50個)用意しておく。

桜の葉の塩漬けは、水に10分程度浸して、塩抜きし、水を切っておく。10分はタイマーで計るとよい。
長時間塩抜きしすぎると、保水力がなくなるので完成してから葉っぱがカラカラに乾いてしまう。
また、水を切るときは、漬けた水を捨てる程度にして、フキンで拭いたりはしなくてよい。

(生地)
分量の水に、紅麹色素を入れて泡だて器で溶かし、さらに砂糖を入れて溶かす。

小麦粉・白玉粉・ベーキングパウダーをビニール袋に入れて、空気を入れて袋を閉じ、よく振ってダマがなくなるように混ぜる。

色素と砂糖を溶かしておいた水に、混合した粉を少しずつ入れながら、泡だて器でかき回して溶かしていく。
(どうしてもダマになるようなら、最後にザルなどで濾す)

ホットプレートを120度〜130度程度に熱し、サラダ油をごく少量のばす。油の粒が目に見えるほどでは塗りすぎなので、ティッシュなどで拭き取る。

生地をお玉ですくってホットプレートに垂らし、スプーンの背でくるくると小判型に、用意した桜の葉と同じくらいの大きさにのばす。

最初は濡れてツヤツヤした感じの生地が、少しふくらみ、表面のツヤがなくなったら、ターナーで端からめくってひっくり返す。タイミングが早すぎると破れるので、焦らないこと。

ひっくり返したらほんの少し焼くだけでOKなので、とりあげてキッチンペーパーの上に並べる。
枚数が多い時は、ペーパーに生地が重ならないように並べたら、上にペーパーをのせ、さらに生地をならべ・・・とサンドイッチしていくとくっつかずに済む。

水を切っておいた桜の葉は、一枚とりあげたときにしずくが垂れるようなら、キッチンペーパーにチョンチョンやる程度でOK。

葉の表を上にして置き、粗熱をとった皮を置き、丸めたあんこを真ん中に置き、葉ごと皮ごと半分に折るようにくるみ、軽く押さえる。潰しすぎないように。

こうすると葉の裏(葉脈が見える方)が表になり、模様が美しい桜餅の完成!!

***

ママ友達も誘ってみたところ、乗ってくれたので、子供を野放しにして遊ばせても安全なお友達宅をお借りして作らせてもらった。他の子はぷくたんより活動的なので、オラの家ではちょっと危険(^^;

最初は、自宅のホットプレートとちょっと使い勝手が違って、なかなかうまく焼けずにヒヤリとしたが、コツをつかんだら無事ちゃんと焼くことが出来た(^^)よかった!誘っといてうまくできなかったらみんなガックリしちゃうものね。
で、50個も作って、山分けしたのだった!

しかしアカンボを見ながらお菓子作りをするのはやっぱり大変!次回は子供番組のビデオをつけながらとか、子供を預けてとか(笑)、なんとかしないと!と学習・・・。
しかしそれにも懲りず、「5月の男の子の節句がきたら柏餅の作り方を教えて!」と言ってもらえた(^-^)
柏餅は蒸し器でやるから、大量に作るのはちょっと時間がかかりすぎて大変かなあ・・・みんなで簡単に作れる男の子の節句のお菓子をなにか考えておかなくっちゃ!

★追記:桜の葉をつけない皮にあんこだけのせて、ぷくたん&お友達にも食べさせてみたところ、皆さん「もっと!もっと!こんなうまいもん初めて食った!」状態で喜んでくれた。
クオカさんで仕入れた極上こしあん、ほんとうに香りよく、甘さも甘すぎず控えすぎず、極上だったから・・・美味しかったことでしょう。よかったよかった〜(^^)



合計今日昨日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
自家製桜餅、おいしそうですね。お母さん達があつまてわいわい言いながら作っている姿、暖かく楽しそうですね。これがほんとのお祝いの心ですね。
ぷくたんもお友達と遊んでましたか。おりこうさんでした。
森の生活
2006/03/03 09:23
森の生活さん ありがとうございます(^^)ほんとに子供が生まれると、お節句を祝う気持ちが自然と湧き上がってくるもので、びっくりしました(笑)。ぷくはお友達と切磋琢磨し、泣き、笑い、がんばって待ってました!味見して大喜びでしたよ〜。
はいむ
2006/03/03 11:40
桜餅。これまた、いいなあ〜〜
と思うものの!!!
ウツワ!!いいじゃんいいじゃん!!絶賛とす!
私も数枚、自作のがあります。楽しいですよね。
小市民
2006/03/03 19:41
はいむさん、お早うございます。
ぷくたんの初節句にお母様からいただいたお被布素敵ですね。プックリぷくたん、赤いお被布でとても可愛。
私も若いころの鹿の子絞りの帯揚げ持っていますが、娘もいないしどうしようかと思っていましたが、このような時もあるかも。大事に取っておきます。
桜餅、とても分かりやすいレシピありがとう。私はお店で働いていますので、毎朝「道明寺」も「長命寺」も並べています。今、ちょうどこの季節、買って帰ることもありますが、作ればもっといいかも。
私は、上品なこしあんより、ぶつぶつの粒アンが好きです。が、長命寺に粒アンは邪道? もし桜の葉が手に入らなかったら、もっと邪道を考えています。でも、まずははいむさんのレシピどおりにです。作ったらお知らせします。
わかば
2006/03/05 08:23
小市民さん(^^)お久しぶりです!
桜餅よりウツワ(笑)褒めていただいて嬉しいです!実は・・・ちょっとこのお皿は自慢だったんです。なんか出来がいいような気がして。小市民さんも作ったことあるんですか?オラのは粘土こねて作って預けてくると、指定の色で焼き上げて宅配で送ってくれる、簡単なやつですが・・・作っていると・・・同じく、楽しいですよね。くふ(^^)
はいむ
2006/03/05 21:54
わかばさん こちらまでおいでいただいてありがとうございます(^^)わかばさんも帯揚げなど保管してあるんですね。そうです、お品の良いものは何かのときに役立つかもしれませんから、大事になさってください!
そうそう、わかばさんはお店で働いていらしたんですよね。お店というのは和菓子も扱うお店なんですね(^^)
長命寺はこしあんのイメージが強いですが、好きなものを使えるのが手作りのいいところ!つぶあんで個性を出すのもとてもよいかと思いますっ。ブログにアップなさるのでしょうか?楽しみにしておりますね!!
はいむ
2006/03/05 21:57
はじめまして、こんにちは。山形のぽんたと申します。
ひょんな事からこちらにお邪魔いたしました。
山形ネタがでているので嬉しくて。

はいむさんの平清水の作品、素敵ですね。
私も昔、陶芸教室に通っていました。
私は山形市の「高瀬焼き」で教えてもらっていました。

陶芸っておもしろいですよね。
あ、十一屋のシュークリームの話もおもしろく読ませていただきましたが、
十一屋のお米パイ(?)のCMで使われているコーヒーカップが、高瀬焼きの先生の作品です、確か。

といっても、はいむさんはご覧になれませんよね、十一屋のCM。
ぽんた
2006/03/18 16:18
ぽんたさん はじめまして!コメントありがとうございます(^^)
山形からアクセスされてるんですね!オラの山形情報はリアルタイムじゃないので申し訳ないのですが、また、覗いてツッコミを入れて下さい(笑)。
高瀬焼、名前だけしか知らなかったので、お米パイで検索してみました。十一屋のホームページでお米パイがのっかっている黒地に中心部が青っぽくガラス様の釉がかかってる感じのがそうでしょうか?和菓子でも洋菓子でも合いそうな雰囲気のあるお皿ですね。ちゃんと教室に通っていたというのが素敵です!オラは平清水でもポピュラーな七右衛門窯で、観光客に混じって焼きました。
シュークリーム、ごめんなさいー。まさにリアルタイムではなく・・・山形の人にも喜んでもらえるような山形情報が出せるといいのですが!これからあと2ネタ、山形ネタが待ってます♪またいらしてくださいね!
はいむ
2006/03/19 16:44
はいむさん、早速お返事ありがとうございます。
山形ネタ楽しみにしています。
すごい、「高瀬焼」のことすぐ調べて下さったんですね。

またお邪魔いたしますのでよろしくお願いいたします。
ぽんた
2006/03/20 17:42
ぽんたさん はい(^^)知りたいことはすぐ調べるオラ・・・あれが高瀬焼だとしたら、実家にあったような気がします。意外と知らずに使ってたかもしれませんね。
山形ネタ早くアップしないとリアルタイムからどんどん遠ざかってますね(笑)がんばります〜!今後ともよろしくお願いいたします♪
はいむ
2006/03/20 22:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
初節句に桜餅(長命寺・焼き桜)レシピ付き  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる