オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 丸ナス漬とミョウガのピクルス(レシピ付き)

<<   作成日時 : 2005/09/22 22:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 30

今日は、オラがいつもお世話になっているブロガーさんお二人様に感謝感謝のネタ、漬物2種をご紹介!

まずはravemiさんのブログから、丸ナス漬を。

★丸ナス漬


8月初旬、ravemiさんのブログで山形の郷土料理「だし」が紹介され、その中で、丸ナス漬についての記事が掲載されていた。
「だし」はオラも夏の定番料理として昨年アップしたのだが、丸ナス漬は作ったことがなかった。

丸ナス自体、すでに漬けてある市販品は手に入るのだが、生の丸ナスは山形のスーパーでも気軽に手に入るものではない。だから漬けようと思ったことも無かったのだ。

8月の半ばのある日、オラは近所の99円ショップに買い物に行った。そこは生鮮食品なども豊富にあり、オラは雑貨を買いに行ったのだけど、野菜コーナーも通りすがりに見ながら歩いていた。

そしたら!驚くべきことに、丸ナスを売っていたのだ!!

なんで?こんなとこ(東京)で??それも99円ショップ???

99円ショップに野菜を買いに来る人というのは、意外と趣味人が多いのか?謎は深まるばかりだけど、とりあえず手に入れないわけにはいかない(笑)。自宅にあるビンの容量を思い出し、目分量で4パック購入。

★これが99円也。


あとはravemiさんのこちら(←クリック)のページのコメント欄、「時」様宛に書かれたお返事に記載されたレシピどおりの配合を狂わせないように、分量はオラのパン生地レシピ計算表で計算して漬け汁をブレンド、そして漬け込んでみた。

本家レシピが良かったため、初心者のオラでもとーっても美味しく漬けることができた。
歯ごたえも固すぎず柔らかすぎず、中身のフワフワ感も絶妙♪

なかなか丸ナスを売っている店もないとは思うが、万が一売っているのを見つけた方はぜひマネして作ってみてくだされ。

★丸ナス漬

<材料>

・丸ナス
・保存ビン(密閉できるもの)
・水
・塩
・砂糖
・ミョウバン

<本家ravemiさんの基本の漬け汁レシピ>
水 1800cc  塩 200g  砂糖 300g  ミョウバン 大匙2


<作り方>

丸ナスを洗い、ヘタを取り、綺麗に洗った保存ビンに詰め込む。

ナスが入った状態で水を口元いっぱいまで入れ、一度その水を計量カップに戻しながら計量し、そのビンとナスの量に適合した水の量を量る。

ravemiさんの基本レシピをパン生地レシピ計算表に入力する。トータル粉量「元の量」欄を水の量にする。
次に、自分で量った水の量をトータル粉量の「今回の量」欄に入力すると、実際に今回必要な調味料の量が自動計算されるので、その通りに、水に溶かしていく。

よくかき回してもミョウバンは溶けにくいので、粒が残ってもそのまま、塩と砂糖が溶けたら、ナスの入ったビンに注ぐ。

口元ギリギリまで注いで、ナスが頭を出さないようにしてフタをして、2・3日後から食べられる。

参考までに:今回オラが作った漬け汁のレシピ
水 580cc  塩 65g  砂糖 95g  ミョウバン 小さじ2

*********

さて、次はnobaraさんに教わった、ミョウガのピクルスを。

★ミョウガのピクルス 出来上がりのこの色!美しい〜!


オラはミョウガも大好きだし、ピクルスも大好き!
このレシピは、本家nobaraさんのブログにも載っていず、実はオラのブログのコメント欄のここここにひっそりと作り方を書いてくださったもの。その日から気になって気になってしょうがなかったのだが、オラが行くスーパーや生協のミョウガはやたらと立派で高価、とても漬物にするような値段ではなかったのだ。(3個で150円とか・・・)

そこである日、やっと暑さが和らいだので、ぷくたんをベビーカーに乗せてトコトコと八百屋さんへ行き、ミョウガを探してみた。もうミョウガの時期も終わりに近づいたせいか、1軒目、2軒目と、ご立派なものしか見つからなかった。
3軒目でとうとう、大小・クズまでとりまぜてゴッソリ入って100円という破格の店を見つけ、「これよこれ」とほくそ笑みながら5袋を購入。

安いだけあってクズも多く、洗いながら外皮を何枚か剥かないとダメなものも多かったが、下処理が終わって残った量はかなりのもの!ニヤニヤしながら作成に入ったのだった。

また、nobaraさん曰く「生協のラッキョウ酢にどぼんと」とのことだったのだが、残念ながらラッキョウの季節が終わっているせいか店舗の生協でもラッキョウ酢が手に入らず・・・やれ懐かしや、オラの出産直前に新ショウガでガリを作った時の甘酢レシピを思い出し、アレで漬けてみることにした。

★ミョウガのピクルス

<材料>

・ミョウガ たくさん!良く洗い、虫食いや枯れ皮は取り除く
・梅干し 適宜
・酢 320g
・砂糖 140g
・塩 10g

注:うちでは特別旨い酢を使っているので砂糖の量はこのくらい。
普通の酢を使っている場合は、酢2に対して砂糖1かもう少し多めでも良い。

<作り方>

たっぷりの湯をわかし、下処理したミョウガをサッとゆでる。

ザルに上げ、よくお湯を切る。
ミョウガは上部の皮がゆるく巻いていてお湯が残るので、まだ熱いうちに、根元を持って水銀の体温計を振るような感じでブンブン振り、水気を抜く。
(こうすると早く乾くというだけなので、一個一個やるのが面倒な方は、時間をかけて乾くのを待ってください(笑))

酢、砂糖、塩を合わせ、火にかけるか電子レンジで温め、沸騰させなくてよいので、砂糖が溶けたら加熱をやめて粗熱を取る。

ビンにミョウガを詰め込み、ところどころに梅干しも埋め込みながら、ビンを満杯にする。

合わせ酢を注ぎ入れ、ミョウガが頭を出さないようにひたひたでフタをしたら、2・3日後から食べられる。

★ミョウガのピクルス 漬け始めはこんな色。これが2日後には上の写真の色に!


これはほんとに激ウマー!だった。新ショウガの時も相当ハマったうまさだったけど、ミョウガもすごい。相棒と争って食べたくらい。

これを作って数日後、平日の昼食の箸休めにミョウガのピクルスを食べようとしたところ、ビンのフタが、もんのすごく、ものすっごく、固く固く閉まっていて、フタ開けパッドを使おうが、タオルを巻こうが、断固として開かず、食べられないで終わってしまった。くやしいっ!食べたかったのに!!

会社から帰ってきた相棒をつかまえて「ミョウガが開かなくなっちゃったよ!(涙)」と訴えたところ、「えい」と軽々とフタを開けられてしまった。「こないだ最後にフタ閉めたでしょ??」と問い詰めたところ、あっさりと罪を認めた相棒。
むーん・・・昼間にミョウガを食べられまいという陰謀ではないのか?
オラは異常に非力だし、相棒は異常に怪力なのだ!陰謀許すまじ。
「次回フタが開かなくなってたら、もう二度とキミにはピクルスを渡さないのだ」と意地になって脅しをかけたオラなのだった。



合計今日昨日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
時々通信68(ミョウガのピクルス)
 【山形流正調だし】を試みたのが縁で、「ravemiさん」に紹介をいただき、「はいむさん」のblogを知りました。 ...続きを見る
時には立ちどまり
2005/10/10 05:50
時々通信110(ミョウガの植え方)
 昨年の秋にブログ仲間の【nobaraさん】や【はいむさん】のご指導を受けて、「ミョウガのピクルス」を作りました。    その際、ブログ仲間の方からミョウガ栽培についての質問があり、コメント欄で紹介したところ、検索システムをとおして「ミョウガの植え方」の照会が続いています。 ...続きを見る
時には立ちどまり
2006/09/26 14:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、はじめまして。
私もピクルス大好き! バカになってもかまわない
くらい茗荷も大好き。2種のピクルスとっても気になります。
材料が手に入ったら挑戦したいです。
ブル子
2005/09/23 00:11
期待以上に楽しませていただきました\(~o~)/
東京で丸ナスが買えるなんて! 鮮度もいい! しかも地元で買うより安い!! お盆の頃は、ものすごく高かったんですよ、ビックリして買わないで帰ってきた位。(後で安くなったら送ってあげると言われ義姉から貰うばかりでもと思い送ってもらったはよかったのですが、送料も含めると1個、ウン十円也、えらくお高いナス漬けとなりました)
そして はいむさん自身で作った<パン生地レシピ計算表>をパン以外で使ったこと・・にも思わずニンマリ・・何を隠そうこの私もパン以外では丸ナスを漬ける時に初めて使わせていただいたのでした。
そして nobaraさんの「ミョウガのピクルス」、ほんとに美しくて美味しそうですね。我家のミョウガはそろそろ終りですが近所のスーパーではまだまだ安く出回っているはず! 私もさっそく、まねっこさせていただきま〜す。 最後の”オチ”が実に楽しい。
はいむさん nobaraさん ありがとうございますヽ(^o^)丿
ravemi
2005/09/23 00:40
ブル子さん はじめまして!コメントありがとうございます(^^)
実はオラブル子さんのブログを以前ちょっと覗いたことがありまして「おおっ!本格的・・・すばらしい〜!」と感動しておりました。写真もとても綺麗ですね。ご家族がうらやましい・・・(笑)。
バカになってもかまわない!ミョウガってたくさん食べるとバカになるっていう言い伝えでしょうか?どこの地方のなんでしょうね?山形でもそう言います。ともあれぜひマネしてみてください。丸ナスは手に入れるのが難しいと思います。ミョウガはシーズン終わりなので急げや急げ!ですね(^^)
はいむ
2005/09/23 22:47
ravemiさん このたびはありがとうございました!ナス漬けも旨く出来、ブログもできるなんて♪ravemiさんが「計算表を使って」と書いてくださったので「そうそう、あれを引っ張り出して」と、便利に使いました。
もうナスはなくなってしまったので(早!)、また売ってないかなあと思っているのですが、さすがにコンスタントに入荷するようなものではないようで(笑)残念です。
ミョウガのピクルス、オラはおすし屋さんでもガリたくさん食べてしまうのですが、あの「癖になる」感じがミョウガで再現されているので、たまりません(笑)ravemiさんにもnobaraさんにも感謝しつつ、「ウマー!」と食べておりますよ!
はいむ
2005/09/23 22:51
ミョウガのピクルス、さっぱりとしておいしそうです。お酒が進みそうです。
森の生活
2005/09/24 13:01
嗚呼、マルナス食べたい!探しましたよ!
でも、ないですよねぇ o(;△;)o エーン
ホント茄子っておいしいですよね。
夏の四国旅行でおいしいうどんの創作料理店に行きましたが、ぶっかけうどんに茄子とエビの素揚げが載ってたんです!これがメッチャおいしくて、カミさんは帰ってきてから何かというと茄子の素揚げを作ります。
ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
引き続き捜索を続けます!安いミョウガも一緒に! 
( ̄▽ ̄)ゞ

2005/09/24 17:50
はいむさん。出藍の誉れってこの事でしょうか・・・・
 私の拙いコメントだけでこのように再現とは。凄いです。
 マジに美味しいです。はいむさんのはもっとグーーかもです。
 それでね。後日談ですが。
 茗荷でもかなりお味が違うようです。
 一番感激したのは、御岳山で求めてきた茗荷でした。
 色が濃くて小振りで固かったんです。その代わり味は最高でした。
 ピクルスにするにはcoopのは高いですよね。そして流石に時期が
 終わってしまいましたね。我が家も奪い合いでした。
 でねーちょっと反省。
 あんなに仲の良いはいむ夫婦をヒョッとしたら仲違いさせたかも知れない
 くれぐれも仲良く分け合って召し上がって下さいね(*^-゚)⌒☆
 かなり、昔にレシピ載せていましたが(ゴーヤと一緒だったかも)
 その時期になったら丸茄子もやってみますね。
 
nobara
2005/09/25 15:52
お久しぶりです。
なんということでしょう。
はいむさん、あなた、だらけた奥様略してダラ奥たるこの私に
一日に2種類のピクルスを漬けさせてしまいましたよ。
ミョウガと新ショウガの2種類を・・・・。
よぅくみたら漬け汁はどちらも同じ配合だったので
大量に作ってミョウガと生姜に分けました。
まーーーミョウガの色の美しい事!何かの色付けに使えないかしら。
コレ使ったら紅生姜作れないかしらとアヤシイことを画策しております。
丸ナスも「まるり」で発見。理性が飛んでお買い上げしてしまうのは何時かしら、わたし漬物初心者なのに。。。。どきどきどき
たろ
2005/09/25 22:04
森の生活さん ミョウガのピクルスは、キュッと酸味が来て、シャキシャキッという歯ごたえとミョウガの香りが来て、なんともいえず旨いです。また、化学調味料とかの余計な味がしないので、きっと日本酒の味も邪魔しないと思いますよ!!
はいむ
2005/09/25 22:59
Kさん 東北以外で丸ナスを探すのは、普通は至難の業だと思います!どうして99円ショップにあったのかすごく不思議ですよー。また、山形だと「漬けナス」といって、関東あたりで売っている大きなナスと形は同じでの5分の1くらいの大きさの、小さな小さなナスをたくさん袋詰めにして売っていて、それを漬けて食べるのがすごく美味しいんです。関東のナス漬けって、一口大に切って食べますよね?漬けナスだと1個丸ごと口にポイッと放り込んで食べられるんですよ。
ミョウガもそろそろ終わりですから、スーパーとかよりも個人商店の八百屋さんが狙い目かもしれません。大量パックが見つかることを祈ってますね!
はいむ
2005/09/25 23:02
nobaraさん この度はありがとうございました!!あの最初に教えていただいた日から気になって気になって(笑)やっぱりすっごく美味しかったです。もう2回も漬け込みました。御岳山の茗荷・・・気になります、いいなあ・・・きっと土からして違うんでしょうね。うちでも奪い合いに発展しそうでしたが、お陰さまで平和を保っておりますので、ご安心下さいませ(笑)(笑)。
ゴーヤのピクルス、去年のnobaraさんのブログを探索してしまいました。見つけましたよ〜。オラの天敵がたくさん干してある写真が載っていました!うーん・・・オラの場合、饅頭怖いではなく、ほんとうにゴーヤ苦手なので・・・今回の茗荷だけで勘弁していただこうと思います(笑)。
はいむ
2005/09/25 23:05
たろさん お久しぶりですー!元気だった?うん、元気そうね?(笑)
ダラ奥ってあなた(笑)そんなことないでしょ〜!?一日に2種類もピクルス作ってるようじゃ、まだまだダラ奥と名乗るには10年早いですことよ。ホッホッホ(笑)
しかし頑張りましたねー!そう、漬け汁は同じなの。オラもミョウガ漬けるときに「いっそのこと新ショウガも漬けるか?」という考えが頭をよぎり、実際、八百屋さんでも新ショウガを売ってたんだけど、新ショウガの方はスライスするのがけっこう大変でしょう?だから今回は諦めました。
完成品、お口に合うといいなあ・・・。で、全部食べちゃったら、オラも残った合わせ酢をなにかに使えないかと思案中だったの。キュウリの酢の物にしても美味しかったけど・・・紅生姜もいいかも!それか、食べ終わって残った合わせ酢で新ショウガのガリ作ったら赤くて綺麗・・?
くふふ。次は丸ナス漬けだわね。そうね、おそらく火曜日あたりに理性が飛ぶのでは?(笑)
はいむ
2005/09/25 23:12
 おはようございます
 ravemiさんの情報でお伺いしました。早速ピクルスに挑戦してみます。なにせミョウガはたくさんあり、そろそろ花芽が出てきて終わり頃です。
今回お気に入りに登録しましたので、これからはバッチリです。よろしくお願いいたします。

2005/09/26 06:41
報告
「うまーーーーーーーーー!」でも娘達は辛味がにがてで食べられず、 旦那は奈良漬以外食べないので独り占め決定です。 
生姜は食べると身体ホカホカするけど、ミョウガだとならないのね。
身体は食べ物で作られるのだなあとしみじみ感じます。
そして、ガリのピンクは自然につくものなのね〜
おもしろいなあ。
たろ
2005/09/26 15:13
パン日記です。ピクルス美味しそう!!私も茗荷大好き♪母が作ってくれる茗荷寿司、美味しいですよ〜(^^)
*ぱんの田舎自慢*
茗荷は買った事がありません!!いつも頂き物で間に合うほどです。きゅうりもなすもあまり買いません。
冷蔵庫に茗荷がまだたくさんあるので、明日、ピクルスにチャレンジしてみます!!
ぱん
2005/09/26 19:59
 こんにちは
 ミョウガのピクルス作ってみました。味はOKなんですが、芯や外皮とかが口に残り、食感がいまいちなのですが。食べる時は薄く縦にスライスして食べるのが作法でしょうか?また、自家製のミョウガなので硬いのでしょうかね。そのあたりのご指導をよろしくお願いいたします。

2005/09/27 17:25
時さん なかなかお返事書けなくている間に2つもコメントをありがとうございました!ミョウガ、少し硬い感じだったのでしょうか?食べる時はオラは丸ごと口に放り込んでむしゃむしゃやってます。ゆで時間をもう少し長めになさってはいかがでしょうか?本文で「サッとゆでる」と書いてしまいましたが、たっぷりのお湯にミョウガを入れ、お湯が再沸騰するまで待つ感じです。もしかして?と思いますので、本文を再編集して、具体的に書いてみます!言葉足らずで申し訳ありませんでした・・・まだミョウガは残ってますでしょうか?お手数ですが再チャレンジの際は茹で時間の加減をお試しくださいませ。
お気に入りへの登録もありがとうございます(^^)光栄です〜♪
はいむ
2005/09/27 22:36
たろさん 報告ありがとーーー!!よかった、ウマーーーー!で・・・。それも独り占め決定なんて羨ましいような(笑)。そうそう、新ショウガの時に書いたけど、身体がホカホカするんだよね〜。ミョウガは冷えるのかな?夏の食べ物だしね。うまくできてるよね、ほんとうに。
ガリのピンクって、市販のものはどうだかわからないけど、手作りするとちゃんと自然につくのね。あの混ぜ混ぜした瞬間が楽しいよね(^^)
これであなたも、毎年時期が来ると甘酢を作ってしまう病に罹患ですな♪
はいむ
2005/09/27 22:39
ぱんさん おお、パン日記さんお名前更新なのですね♪
茗荷寿司って、初めて聞きました。どんなふうな食べ物なのかも想像つかず・・・生寿司みたいにミョウガが上に乗っている?チラシ風?あとでネットで調べてみますね!
田舎自慢(笑)いいなーーーー!!ミョウガもらえるなんて・・・山形のじいちゃんが畑を作っていた頃は野菜を買ったことがないほどでしたが、今では実家でも野菜は買うしかありません。将来、オラの家を買ったアカツキには、ミョウガの株を植える決意をしてますよー(笑)。
はいむ
2005/09/27 22:43
 おはようございます
 コメントありがとうございました。サッとゆでたのが早すぎたでしょうか?次回作る時にやってみます。また、ご報告します。

2005/09/28 05:52
 再びです。
 ミョウガの硬い部分が口に残る件です。ミョウガを食べながら、調べてみました。硬いのは茶色い表皮と先端の部分であることが分かりました。ハイムさんは栽培されているミョウガを使われていて、私は自家製のろくに手入れもしていないものです。硬さが残る原因は、ほぼ、その違いに間違いないでしょう。今度漬ける時は、色の着いた表皮と先端を切り落としてやってみます。ありがとうございました。

2005/09/28 15:22
家の茗荷寿司は、茗荷を3mm幅の厚めにスライスして、塩もみして、しばらく漬物みたいに重石を乗せておきます。(3〜6時間)
その後、塩出しをして、水で洗い、固く絞ってから、砂糖・お酢・醤油少々に浸して作ります。このピクルスのレシピそのままのような作り方ですね。後は、酢飯を作って、押し寿司の型にはめて作ります。
ちらしにしても美味しそう(^^)♪
今度作ったら、アップしますので、見て下さい(^o^)
ぱん
2005/09/28 21:22
時さんのご自宅のミョウガは、きっと良い土でがっちり育ったものなんですね!nobaraさんも御岳山で買った固いものの味が最高だったとおっしゃってたので、皮が固くても、味や香りが強くて美味しいミョウガなのではないかと想像します。次回やわらかく出来るといいですね。そうすれば味も食感も最高のものができそうですね!時さんはだしの時も今回も研究熱心でいらして素晴らしいです。
はいむ
2005/09/28 21:37
ぱんさん やっと茗荷寿司がどういうものなのか想像できました。ほんとに今回の甘酢漬けと似ているんですね。押し寿司なんですか〜。うーん、美味しそう!うちの甘酢漬けもスライスしてそうやって食べてみてもいいですね。今年はもうミョウガも終わりですが、来年はシーズン初めからたくさん漬けるぞ!と決意しました(笑)。
はいむ
2005/09/28 21:42
はいむさん。いろいろ工夫がなされているようですね。
 私もさっと湯がいて(色が鮮やかになりますよね〜)
 漬け込んで、戴く時は二つ割りにして盛りつけます。
 あんまり固いとか口に残るって感じはないんですが・・・??
>時さんもいろいろ試されてご自分の要望通りの物が出来るといいですね
 u--n。。さすがに茗荷はもぉー見かけませんね〜
 京都の柴漬けでもアレを先にgetするほどなんです。
 ・・・この頃。物忘れが増えた?かな(― ―*)。。oOァハハ
nobara
2005/09/29 12:03
 こんにちは
 今日、我が家のミョウガを収穫しました。花が出ていますが、未だあります。前回、硬い部分が口に残ったので、今回は先端を落とし、硬いような外皮は取り除き、二つ割にして漬け込みました。今度は「はいむさん」が言われているような、食感が楽しめそうです。結果は、またご報告します。
 前回のミョウガの一部は、フープロで細かくし、【だし】の中に入れていただいたところ、これがなかなか良くて家人にも好評でした。風味が増す感じです。
 nobaraさん はじめまして、いろいろお世話をおかけしますがよろしくお願いいたします。

2005/09/29 13:20
nobaraさん 二つ割りにして召し上がっているんですね!うちはガサツなのでそのままです(笑)今日は久しぶりに友人が遊びに来てくれたのですが、ミョウガピクルスを美味しい美味しいととても喜んでもらえました。nobaraさんのお陰です!
柴漬け、そういえばミョウガ入ってますね。鈍感なオラ、すっかり忘れてました。ならば季節外れにはミョウガ柴漬けを買えばいいんですね(^^)
はいむ
2005/09/29 22:16
時さん すごい、もう一回漬けられるほどミョウガが残っていたんですね。羨ましいです!!いいなあ、ご自宅でミョウガを収穫できるなんて。
今回はいっそう手間隙かけて作られたんですね。もうきっと食感もバッチリさくさくになるでしょうね(^^) 「だし」の中に酸味のあるものを入れるのは、山形出身としては「えっ!」なのですが、固定概念にとらわれず、試してみるべきですね。どんな味になるのか楽しみです。
はいむ
2005/09/29 22:19
 おはようございます 
 「ミョウガのピクルス」やっと満足のいくものが出来上がり、「50代以上・・・」のblogにUPしました。やはり表皮が固いのが原因でした。いろいろ教えていただき、誠にありがとうございました。
 「はいむさん」のこの記事に、私の時々通信68(ミョウガのピクルス)からTBを貼らせていただきましたので、よろしくお願いいたします。

2005/10/10 06:06
時さん こちらこそありがとうございます!美味しそうに出来上がっていましたね〜(^^) 自宅のミョウガで作れるのが羨ましくてたまりません。今日はケーキを焼いたのですが、焼きあがるまでの1時間で、もう一度ミョウガを漬け込みました。今年はこれが最後になりそうです。
はいむ
2005/10/11 01:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
丸ナス漬とミョウガのピクルス(レシピ付き)  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる