オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS りんごのレアチーズケーキ(レシピ付き)

<<   作成日時 : 2005/03/13 16:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

例の地獄絵図から、家族達はみんな生還を果たしてきた・・・オラのみ、ハライタが続いている・・・。

だが、オラには使命があったのだ。先週、甥っ子ママから「クリームチーズの賞味期限が迫っているのでこれを使ってチーズケーキを作ってもらえます?」と頼まれていたのだ。
オラはわりと賞味期限を気にしない方(自分の勘を信じるタイプ・・・)なのだけど、気にする人はする様子。そういやオラの相棒も賞味期限を気にする方だけど、最近教育した結果、だいぶ自分の勘を信じるようになってきたようだ(笑)。

それはともあれ、賞味期限ギリギリの土曜の夜になって少し身体も楽になったので、がんばって作ってみた。
分量はいつも作っているので、大体の勘で・・・一応ブログにアップすることを目標に計りながら作ってみた。濃厚で美味しく出来たので、アップ決定♪

★りんごのレアチーズケーキ ちょっと切ったクズが落ちてますが無視無視・・・


★りんごのレアチーズケーキ
<後日、最新版のレアチーズケーキのレシピをアップしています。より確実に作るためにゼラチンの溶かし方を工夫してありますので、そちらをご参照下さい。白薔薇のチーズケーキ>

材料

<りんご層部分>

・りんごジャム 150g(手作り。市販のなら糖度の低い酸味のあるもの)
・ゼラチンパウダー3g
・水 30cc
・砂糖 20g(ジャムにゼリー水を加えた後の味を見て調整)

<チーズケーキ層部分>

・クリームチーズ 200g(225gでも可。1箱分)
・サワークリーム 100g
・ゼラチンパウダー 5g
・水 50cc
・砂糖 90〜100g(チーズの量で調整)
・レモン汁 半個分 果実もこそげて入れる

★作り方
ポイント:使う型によって、どちらの層を先に作って流し込むか決める。
オラはガラスの型に敷紙を敷いて、出来てからひっくり返すことにしたので、先にりんご層を作成。
スポンジケーキ型のように底が取れるタイプであれば先にチーズケーキ層を作ったほうが楽。

<りんご層>

水にゼラチンパウダーを入れてふやかし、リンゴジャムも入れ、温めて溶かす。
オラは直火で様子を見ながらやってしまう。煮立てないこと。

そこで味を見て、少し「甘い!」と感じる程度に砂糖を足す。冷えると甘さが抑えられるため。

必要なら型の底に合わせて敷紙を切り、その上にりんごゼリーを流す。均一にヘラで均す。

大き目の容器に冷たい水を浅く張り、型をつけて軽く冷やす。

<チーズケーキ層>

クリームチーズを電子レンジで数秒〜数十秒で人肌に温め、泡だて器で崩す。

ゼラチンパウダーに水50ccを加えふやかし、砂糖も入れ、温めて溶かす。
同じくオラは直火で様子を見ながらやる。煮立てないこと。

クリームチーズにサワークリームとレモン汁を加え、溶けたゼリー水が温かいうちに流し込み泡だて器で溶かし混ぜる。温度が加わると全てが滑らかになるので、泡立てないけど少々空気を含む程度まで一生懸命かき混ぜる。

りんご層がやや固まっているはずなので、そっとチーズケーキ層を流し込み、ヘラで均す。

ラップして冷蔵庫で冷やす。

***

ふふふ。コレは家族にとても好評だった♪
かなり濃厚でレモンが効いたレアチーズケーキに、さらにりんご層が爽やかな感じ。
レアチーズケーキ部分だけ作っても美味しいのだけど、フルーツ層があると爽やか感が出る。多少めんどうでもがんばった甲斐はある!!

だいたいいつも、クリームチーズとサワークリームを買ってきて、そのパッケージ量に合わせて全部使い切るべく、ゼラチンパウダーや砂糖の量を都合して作っているので、毎回少しずつレシピが違う(笑)。
今回、チーズケーキ部分はクリームチーズ200gに砂糖100gで作ったら少し甘めだったので、レシピでは90〜100gで掲載。あまり甘さを控えてもこの濃厚さに負けてしまうので、控えすぎない方がいいと思う。

なにかの記念日には、フルーツ層の部分を凝りに凝って透明なゼリー寄せにして、美しく固めると感激もひとしおになる。
東京の自宅では、バネで底がきっちりはまるタイプのスポンジケーキ型を使っているので、下にチーズケーキ層を先に作り、上のフルーツ層は、頭を出すくらいに飾り付けて透明なジュースで作ったゼリーで固める。出来上がって型から外すと、作った時そのままの姿で楽しめる。
いつか美しくできた時に、またアップしようと思う(^-^)






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
美味しそう! よだれたらたら・・。
いちごジャム作ったのがあるから、それでもできるかしら?
すっかりその気になっている私(^0^)


ravemi
2005/03/13 17:31
ravemiさん いちごジャムでも十分できますよ〜。彩りがきれいな美味しいチーズケーキになると思いますよ〜。もしジャム部分に酸味が足りない時は、ジャムにもレモン汁を入れるといいですし、イチゴの酸味が十分ならもうバッチシで・・・(^^)
はいむ
2005/03/13 19:43
皆さんの地獄からの生還、よかったですね。どうなるかと思っていました。
森の生活
2005/03/13 20:32
みなさん、快方に向かわれてまずまずですね^^;
美味しそう…私もトライしてみます。
パンを作るのは、なかなかですが、これなら私にも出来そう(^o^)丿
pipimama
2005/03/14 07:23
森の生活さん ああ、よかったと言っていただいたのに、こんどは甥っ子が二人ともすごい咳をするようになってきました。違う菌をもらってきた様子です・・・。オラはただいま隔離されています。いつまでつづくぬかるみぞ・・・。
はいむ
2005/03/14 15:56
pipimamaさん 森の生活さんにもRESしたのですが、違う菌がはびこりだした模様です。嗚呼・・・。
チーズケーキ、お試しあれ〜(^^) 食べ終わってしまったらまた作りたくなってます・・・味だけじゃなくカロリーも濃厚なので(笑)、しばらく我慢我慢です。
はいむ
2005/03/14 15:59
最近、ケーキ作りにはまってます。ヾ(´▽`;)ゝエヘヘ
ホワイトデーでカミさんと娘にどっかのHPから探してきた「レモン風味のホワイトチョコレートケーキ」を悪戦苦闘しながら見よう見まねで作ってみたら、けっこう上手くできて好評でした。「美味しい!」と言われ、「パティシエとうさん」なる称号まで頂いてはブタでなくとも木に登るというもの。次はこのリンゴのレアチーズケーキ作りに挑戦してみます!
K
2005/03/22 23:40
Kさん パティシエとうさんなんて言われたら、そりゃあ木にでも富士山にでも登りますとも(笑)。レディ二人に挟まれてお菓子作りにはげむKさん、見てみたいです♪
・・・やっと見つけました、Kさんのブログ!(^-^)レモン風味のホワイトチョコケーキの作り方も載ってた〜!
前もちょっと検索したのですがわからなくて。今度は間違いないでしょう!今はISDNで回線が遅いので、あとでゆっくり見せていただきますね♪
はいむ
2005/03/23 16:59
はいむさん、はじめまして。チーズケーキのレシピを求めてさまよっていたら、たどり着きました。つくってみたいなと思ったのですが、スポンジケーキの型の大きさに困ってしまいました。18cmのものでレシピそのままにつくってもかまいませんか?お菓子づくりは初心者なので応用が怖くてできないのです。助けてください。お願いします。
しろくま。
2006/01/09 14:52
しろくま。さん、はじめまして!コメントありがとうございます(^^)
スポンジケーキ型、まさに18センチのものでいつもオラも作っていました。だから安心して作って下さいね(^^) また、本文中にも書きましたが、底の取れるタイプのスポンジケーキ型の場合は、チーズ層を先に作って流し込んでおいてあとでりんご層の方を流し込むといいと思います。
また、スポンジケーキ型の底がきっちりはまってバネやレバーで固定されるタイプでしたらOKですが、型のフチに底がのっかるだけで固定されないタイプの型でしたら、生地が流れ出る可能性があるので、失敗しちゃうかもです。生地を流し込む時はオーブンペーパーなどを底と同じ形に切って敷いてからすると、完成して外すとき楽になります。頑張って下さいね(^^)
はいむ
2006/01/10 01:12
ご指導いただきまして、ありがとうございます。私の大切な人のために、ぜひとも作りたかったので、18センチと教えていただけて、ホッとしました。大変、嬉しいです。また、スポンジケーキの型の底に関するご指導をいただきましたので、買ったばかりの型を確認したところ、のせてあるだけのタイプでした。ご指導いただきましたとおりにいたします。大変、助かりました。ありがとうございます。がんばって作ります!! それと、はいむさんのケーキの写真を私の大切な人に見せたいので画像を保存してメールに付けさせていただきますのでご報告をさせていただきます。どうか、お許しくださいませ。 また、お気に入りに登録させていただきますので、また、お世話になるかもしれません。そのときは、何卒、よろしくお願い致します それでは失礼致します。
しろくま。
2006/01/10 22:28
しろくま。さん ああっ、すみません、せっかくなのに、オラの説明文が不足だったせいで思い違いさせてしまったようです。底が乗せてあるだけのタイプのケーキ型では、紙を敷いたとしても生地が流れ出る不安が少しあります。上のコメントは、バネやレバーで固定されるタイプの型で、さらに紙を敷くと、外す時に楽になる、という意味でした。
底が乗せてあるだけの型でしたら、大きくて平らなお皿や板などの上に型を置いて、型の底には紙を敷き、生地を流し込みます。生地を固めるため冷蔵庫に型を移動する際は、型を持ち上げるのではなく、そのお皿ごと持って移動します。型の底をうっかり指で押し込んだり、物に当たってズレたりして、生地が流れ出る事故を防ぐことができます!
写真の件とお気に入りの件、光栄です(^^)大切な方に・・・と聞いてドキドキです(笑)。成功するよう祈っておりますね。なにかあったらまたコメントいただけると嬉しいです♪
はいむ
2006/01/10 23:18
思い違いをしてしまったのは私なのに、また、くわしいご指導をくださり、ありがとうございます。知らずに挑戦していたら、きっと底を指で押し込んだりしてました。教えていただけたおかげで、慌てふためくことにならずにすみました。ありがとうございました。 私の大切な人は、彼女である私に料理をつくって欲しいらしく、「作るよ」というと大変喜ぶので、また、お邪魔させていただきます(^_^) それでは失礼致します。
しろくま。
2006/01/11 18:54
しろくま。さん もうケーキはお作りになったのでしょうか(^^)うまくできるといいなあ・・・と祈ってます。大切な人と美味しいものを囲むのはすごくいい時間ですね。またぜひお話聞かせて下さいね。
はいむ
2006/01/14 22:09
 お久しぶりですと言ってもかまわないくらい、音沙汰なしで申し訳ありませんでした。22日に、ようやく作る時間ができ、作ってみました。
味はうまくいったのですが・・・・何を間違えたのか、かたまらなかったのです(>_<) ゼラチンの溶かし具合があまかったのかと考えているのですが、どうでしょうか・・・? よろしければ、ご指導をいただきたく思っています。何卒、よろしくお願い致します。
しろくま。
2006/03/25 17:05
しろくま。さん お久しぶりです(笑)!どうなさったかなあ?と時々思い出しておりました。固まりませんでしたか??うーん、ゼラチンの溶かし方が甘くても、またはグラグラ煮ちゃったりしても、固まらなくなりますね。あと、粉ゼラチンですとダマになって鍋肌に固まりくっついてしまったりすると、ダマになった分、液に溶ける量が減ってしまい、固まらなくなる可能性も考えられます。
ゼラチンパウダーは5gで250〜300ccの液体を固めることができるのですが、ジャムもクリームチーズも、グラム数のわりに水分量が少なめなので、ゼラチンの量も、ただの液体を固める時より少なめになっています。何度も作ったことがあるので、この量で固まるはずなのですが・・・。
ダマ防止のため、ゼラチンを溶かす時、粉に水を入れないで、水に粉を振り入れる感じでやってみてはいかがでしょう?
はいむ
2006/03/27 21:33
ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。実は私、学生なものですから、初投稿をさせていただいてから学校の方が忙しくなってしまい、パソコンが触れない日が続いていたのです。お菓子を作る余裕もなく、はいむさんにご報告するのも、この時期になってしまいました(^_^;)
 ゼラチンは・・・・透明じゃない状態で混ぜました。煮立ててはいけないとのことだったので控えめにしてしまったのです。もしかしたら、砂糖も溶けていなかったのかもしれません。今度、作るときは、もう少し溶かします!!それと、ゼラチンを先に入れて、後から水をくわえたので、ご指導のとおり、水を入れてからゼラチンをいれるようにします(^_^)
今度作るのは、次の長期休暇になるかもしれないのですが、それまでにパソコンを触ったときは、コメントさせていただくかもしれないです。

ご指導、ありがとうございました。
しろくま。
2006/03/30 14:15
しろくま。さん 学生さんだったんですか!煮立ててはいけないというので用心しすぎてしまったんですね。グラグラ沸騰させて煮詰めたりしなければ、かなりアツアツまで熱して大丈夫です。
気になる結果はまた教えていただけたら嬉しいですが、忙しい時は無理なさらないで下さいね。そそそれにご指導なんておこがましいので、おしゃべりってことで許してください(笑)。
はいむ
2006/03/30 23:07
しろくま。さん まだご覧になっているでしょうか?次回作るのはだいぶ先と書いてあったので、また出てきました。実は今日、レアチーズケーキを作ったのですが、固まったは固まったのですけど、かなり柔らかめだったんです。で、今回は使ったクリームチーズとサワークリームがいつものヤツと違うものだったので、そのせいかな?と思いまして。
もしかしたらしろくま。さんも固まりにくいチーズとクリームをお使いになったのかも!と思いまして。今日使ったのは「ソフトタイプ」って書いてあったんですよね・・・。なので、他にも作る方の便宜を考えて、ゼラチンの量を少し増やしてレシピに追記することにしました。
ほんとにいろいろごめんなさい、気付かないことってあるものですね。次回、うまくいきますよう祈っておりますね!!
はいむ
2006/04/09 17:21
しろくま。さん 何度もすみません。
ゼラチンを溶かすときに、鍋の方にこびりつくようにゼラチンが残ってしまったりして、それで、実際にチーズの方に混ざるゼラチンの量が減ってしまうのが原因かも・・・と、改めて思いなおしました(笑)。
最新版のレアチーズケーキ(白薔薇のチーズケーキ)をアップしまして、そちらでは、鍋の方にこびりつきにくい作り方を考えましたので、ゼラチン量は最初の通り5gで作って大丈夫だと思います。
どうぞそちらをご参照下さいね。何度も何度もすみません。
はいむ
2006/04/15 23:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
りんごのレアチーズケーキ(レシピ付き)  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる