オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 聖護院蕪の千枚漬ふう(レシピ付き)

<<   作成日時 : 2005/01/20 08:47   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

このあいだの粕汁鍋を作るときに、聖護院蕪(しょうごいんかぶら)を手に入れた。近所の農家で、直径20センチ以上あろうかという大玉を1個150円で。なんだか悪いみたいな安さ。

粕汁鍋には半玉使ったので、残り半玉を漬物にした。聖護院蕪といえば千枚漬・・・。でもまあ、うちにある材料でそれらしく行くことにした。

★色がついているのは、塩吹き昆布に含まれる醤油のため。不器用なので厚切り・・・。


★色付き千枚漬

・聖護院蕪 半玉 皮をむいて薄切り
・塩吹き昆布 大さじ1
・輪切り鷹の爪 ひとつまみ
・天然塩 大さじ1 (普通の「食塩」なら大さじ3分の2くらい)
・柚子胡椒 小さじ4分の1
・酢 大さじ1

作り方

聖護院蕪の皮をむいて薄切りする。

厚手のビニール袋に、調味料類を全部入れ、混ぜたところに蕪を入れ、体重をかけて揉んでからそのままギュウッと空気を抜いて袋を閉じる。

思い出した時に揉む。空気が入ったら抜く。

1時間程度から浅漬けで食べられますが、1日置くとおいしくなります。

お漬物大好き〜。
山形(東北)では、お茶請けに漬物、ご飯に漬物、年がら年中漬物。
昔、保母さんだった時、父兄会のあとの懇親会では給食の先生や父兄の皆さんの自宅の畑で採れた自慢の野菜の自慢の漬物がずら〜っと並んだものだった。

うちでは夕食でもホームパーティでも、サラダがわりに漬物を出すことがよくある。気軽に食べられてカロリーも低く、塩分だけ気をつければとても身体にいいと思っている。



合計今日昨日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
聖護院蕪・・美味しそうです。
 蕪はその葉っぱごと浅漬け(塩もみ)でも美味しいよね。
 サラダ感覚で戴くの大賛成!
 久し振りに帰宅した息子に。多めに浅漬け白菜だしたらね。
 『お母さん、お新香って、ほんのチョイでいいんだよ!』`ヘ´
 『なぁに。云ってんのーサラダ代わりよ〜』と諍ってしまったの・・
 私は大盛りで食べるのだぁいすきですわ〜
 (吉野家のお新香も好きだったりするの・・・ぁははは)
 「塩吹き昆布」=いいアイデアですね〜
nobara
2005/01/20 10:23
大根も良く使いますが、蕪は質がぜんぜん違って食べ始めると夢中になってしまいます。漬けても、煮ても、塩しても、炒めても、不思議なお野菜です。
味も良く沁みますし、上品な甘さもありますし、もっとも取り組んでみたい素材ですね。
手作り
2005/01/20 14:52
nobaraさん 蕪って葉っぱも美味しいですよね〜!
息子さん、ほんのチョイはお洒落な盛り付けだけど、自宅ではガッツリ食べましょう(笑)。私も大盛りで頬張って食べるの大好きなんです。吉野家のお新香は食べたことなかったかも・・・?久しぶりに行ってみようかしらん。
はいむ
2005/01/20 19:13
手作りさん 大根も蕪も使い勝手がいい野菜ですよね。でもやっぱり蕪の甘みは魅力的で、よく買ってしまいます。今日は生協で普通の蕪が届いたので、数日うちにポトフかクリーム煮になることでしょう(^-^)
手作りさんのレシピにも登場するのを待ってますね〜。
はいむ
2005/01/20 19:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
聖護院蕪の千枚漬ふう(レシピ付き)  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる