オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS こしあんを煮よう! (レシピ付き)

<<   作成日時 : 2005/01/19 12:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

お正月の「つぶあんを煮よう!」に続き、今回は「こしあんを煮よう!」と思い立った。

前回は煮たあずきを甘く味付けして、潰しつつ練るだけでよかった。
今回は、潰した小豆を濾して、皮(捨てる)と中身に分離してから、味付けして練る。

高校生の頃からお正月にこしあんを作るときに手伝っていたので、手順はわかるが、竹の濾しザルがないと時間もかかるしキメも細かくできないし、さらしの布巾を濾し布に用意しなきゃいけないので、めんどくさかった。

山形ママンと電話で話していたら「濾し布がないときは、分離してから一晩おいといて、上澄みを捨てて煮ればいいのよ。ナイスアイディアでしょ♪」と教えてくれた。なるほどー。じゃ、やってみるか。

★こしあん(はいむママン法)

材料

・あずき 250g
・赤砂糖 200g
・黒砂糖  50g
・塩 小さじ1くらい

用意するもの

・ザル
・潰すためのヘラか、すりこぎ
・ボウルや鍋

作り方

つぶあんを煮よう!」の、あずきを一度茹でてから水洗いし、そのあと弱火でじっくり煮るところまでは、同じ。

ただ、こしあんの場合はあずきの皮が破けても問題ないので、多めの水で気楽に煮てしまって大丈夫!

小豆が柔らかく、指でつぶせるほどになったら、ボウルにザルを重ねてその中にあずきと煮汁を移す。
火傷しない程度に水を足してぬるくしたら、ヘラやすりこぎであずきを潰す。
潰れると、中身の粉々部分がザルの目を通ってボウルに溜まる。
ザルに残った皮は、捨てる。

今回は一気にあずきを潰してしまったけど、よく考えたら、少量ずつザルに移して潰せばよかった。
一気に潰すと、皮とまだ潰れてない豆が見分けられず、かなり余計に手間がかかった模様。
そういえば昔は、専用の潰し竹ザル(細長い筒状)だったから、お玉で1杯分くらいずつやってた。

粉々部分と皮を分けるには、水を多めにボウルに溜めた方が楽なので、遠慮なく水を足す。あとで上澄みとして水を捨てればよろしい。

★ヘラで潰し中。すりこぎが欲しい・・・。


もったいないので、できるだけ粉々部分がボウルに抜けるようにし、ザル内に残った皮のみ捨てる。
そのまま一晩、粉々部分が沈殿して上澄みと分離するように静置する。

注:濾し布(さらし布巾)をお持ちの人は、静置しないで、粉々部分を布で濾しとってしまえば後が楽!

★次の日の様子。上澄みが微妙に透き通っている。


★上澄みを捨てたところ。


上澄みを捨てる方法の人は、まだまだかなり水っぽいので、ここから先、練るのがちょっと大変。
布で濾しとる方法の人は、練りやすい固さに水分を調整すればいいので、楽。

砂糖を加え、加熱しながら練っていく。かなりユルユルなので、水分が飛ぶまでしばし頑張る。
適度な固さになってきたら、塩を加え、味見して好みの味になったら、火を止めて出来上がり!

★火を止めて冷ましているところ。うまそふ。


練りあがったこしあんは、あんころ餅なら少量の水で伸ばし、お汁粉ならゆるめに伸ばし、再加熱して使う。さらに寒天で固めて羊羹風にしたり、食べきれないなら冷凍したりして保存も可能。
下の写真を見るとわかるけど、竹ザルじゃなかったせいか、キメがちょっと粗かった。

★玄米あんころ餅


オラが家では揃って餅好きなので、玄米丸餅を焼いて、あんころ餅にして食べました。
玄米のおこげの香りとあんこの香りがうま〜い。

・・・作った量のわりに、あんころ餅の量が少ないですな。
ええ、ええ。もちろん、あんパンでも作ろうかと画策しております。
そのために、固めに練ったのです。用意周到なり(^-^)ぐふふ。



合計今日昨日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
こしあん入り角食パン(レシピ付き)
先に書いておこうっと。 ...続きを見る
 オラの日常
2010/06/16 22:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あんこがとても美味しそうですね。
お餅も玄米ということは、皮がついたままなのですか?美味しいでしょうねー。
ベランダのごみが落ちても大丈夫な本格的な「自衛」は、大掛かりになりますし、狭いベランダですので、現状の草花の量以上にふやすのは限りがありますので、あまり本気を出さないで適当にやるように、計画変更いたしました。
その分、アドバイスいただいた「過敏症の人のメニュー」作りに、励みたいと思います。よろしくお願い致します。
手作り
2005/01/19 14:25
手作りさん これは玄米のもち米をそのまま餅にしたものなので、茶色くて、素朴な風味があって、とっても美味しいんですよ〜。あんこがまぶされてますが、餅じたいの色も、写真で見たままです。毎年買うのですが、玄米の皮がついたまま餅をつくのは大変でしょうね・・・。
ベランダ園芸、のんびりモードに変更なんですね。そうですね、せっかく手作りさんは過敏症の方への情報提供が得意でいらっしゃるので、そちらに力を入れてみるのは有意義だと思います。お魚パスタ、美味しそうでしたね〜!
はいむ
2005/01/19 15:01
またまた人の胃袋を刺激してくれる画像ですね〜
あんころ餅大好きです^^
しかし子供の頃はつぶあんが食べれず、ひたすらこしあんばかりを狙っていた
のを思い出しましたワ〜
はいむさんが近所に住んでたらどんなにいいか。。。
↑       ↑
(勝手にもらう所を想像しちゃった)
PUMPISSA
2005/01/19 15:43
PUMPISSAさん 刺激を受けてくれました?嬉しい♪
つぶあんダメっていう人、けっこういますよね?オラは両方大好きなのですが、友達はつぶあん嫌いが多いです。PUMPISSAさんは今はつぶあんもOKなんですね〜。
そういえば、意外とご近所かもしれませんよね(笑)ネットって楽しい・・・。ご近所だったら、PUMPISSAさんの肉じゃがとオラのパンを交換で!
はいむ
2005/01/20 00:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
こしあんを煮よう! (レシピ付き)  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる