オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨日、痛みをこらえて作った煮豚風(手順付き)

<<   作成日時 : 2004/11/18 12:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

と、いうわけで。
昨日は、右足薬指をやっちまった痛さをこらえつつ、夕ご飯を作ってました。

今日は生協の宅配の日なので、昨日は、要するに「一番食材の乏しい日」。あるのはチンゲンサイととらまき茸、あとは冷凍のお肉が少々。
中華風煮豚が食べたいオラだけど、カタマリ肉はない。しょうが焼き用の豚肉があったので、それを煮ることにした。



★とろみあんかけ煮豚

干し椎茸をぬるま湯に砂糖少々でもどしておく。

お湯をわかしてチキンブイヨン(しかないので)を溶かし、しょうが薄切り5片、ニンニクごく少し、香りがでたところで日本酒を入れ、アルコールが飛ぶ前に,、お肉がくっつかないよう伸ばして入れていく。

お肉の色が変わってくっついていないことを確認したら、赤砂糖、醤油・塩、胡椒で味を整えながら「中華あんかけ風」の味にする(笑)。干し椎茸のもどし汁もこのときに入れる。

もどした干し椎茸の石づきを取って、丸ごと加え、「アクと油をとるシート」とやらで落し蓋をして、味がしみこむまで弱火で適当に煮る。
(はじめてアクと油をとるシートを使ってみましたが、なかなか便利!)

その間に、無水調理か電子レンジなどで、バラして洗ったチンゲンサイを蒸しておく。

できあがり寸前に、片栗粉でとろみをたっぷりつける。

盛り付けは、お肉、椎茸、蒸しチンゲンサイを並べ、最後にとろみあんかけ汁を回しかけ、熱々のうちに食べる。

蒸しチンゲンサイは、一緒に煮込んでしまうと色が変わって不味そうになるかもしれないので、最後の盛り付けの時に一緒にすると良いと思います。

ありあわせで適当に作ったわりには美味しくできたので、手順を書いてみました。
あんかけ汁をレンゲで掬ってからめながら食べました。

とらまき茸は大根の尻尾とともに味噌汁に。あと、もって菊のお浸しと、いただいたぬか漬けがあった。けっこう夕食として形になったから、いいかあ♪


合計今日昨日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はいむさんこんにちは。
おなかすいてる時に見るとさらにおなかがすく写真をありがとう。
とてもおいしそーです。
胃と足大変でしたね。
整腸剤は便秘で胃薬は何で出たんだろ?
妹の時の最後の家族旅行は何故か御殿場。
食とアウトレットに走ったらしい・・・。
とにかく、冷やさないよーに。冷たい飲み物も駄目だよー。
もうちょっとだ、がんばれー。

ガメラに鍼灸
2004/11/18 14:40
ガメラに鍼灸さん おいしそーと言っていただけて光栄です♪ オラは盛り付けが下手なので、もっと綺麗に盛り付けできたらいいなあ、といつも思います。
胃薬は、痛かったのがみぞおちと胃に集中していたからだと思います。胃粘膜を保護しましょう、といわれました。
明後日は楽しみです。今、雨が降っているのですが、止むといいなあ。雨だとどうしても冷えますしね〜。ありがとうございます!
はいむ
2004/11/18 19:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
昨日、痛みをこらえて作った煮豚風(手順付き)  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる