オラの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 大量の紅玉ジャム (レシピ・・付き、画像重いです)

<<   作成日時 : 2004/10/25 01:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 5

実家ママンから電話が入った。

「ベニ送るか?ベニ」
「おー!紅玉(ベニダマ)?いいねえ、最高だねえ」
「友達の家の山のでよ、売りもんじゃないから農薬かけてないってよ」
「それこそ最高だわ、ぜひ頼むわ!」
「見た目悪いけどジャム煮たら美味かったよ。皮ごと煮るとペロラっと皮はげるから、つまんで捨てればいいんだ」
「うーん、無農薬サマサマだね。よろしく頼むね」

という会話が交わされた。ふふふ。
山形では、一部の人だと思うけど、紅玉(こうぎょくリンゴ)のことをベニダマと呼ぶ。略してベニである。

この「友達の山」というのはほんとに有難い宝の山で、今年は梅もいただいて初めての梅干しを漬けることができた。

・・・ん?ということは、梅に続いて、またもや東京とは単位が違うのでは・・・。

と思いつつ待っていたところ、お見事な大玉が16個も届いてしまった・・・。
階下の相棒の両親に分けたので、13個。オラは生のリンゴはアレルギーがあってかゆくなるので、生食用には2個だけ残して11個。

★レシピ・・・?

・リンゴ 11個 芯を取って 2400g
・赤砂糖 1000g
・レモン汁 1個分



うちで一番大きな鍋はホーローではないが、贅沢は言っていられない。
芯を取って大ぶりに切って鍋に入れ、砂糖をまぶす・・・いい加減疲れてきたが、煮ないことには食べられない。11個が終わる頃には、鍋にてんこ盛りになっていた。
「ねえ・・・これって、ちゃんと鍋に入りきるの?」と相棒は聞くが、オラも自信はない。
たぶん大丈夫・・・だと思う。



運良く、この鍋はフタがこんもりしているのだ!無理やりフタを閉めてしまえ。



さて、砂糖が汗をかいて溶け始めた頃、弱火で汁を出しながら煮ていく。いつもなら10分も煮れば汁があがるのだが、今回は手ごわい。40分ほども煮たころ、ようやく、リンゴの山の下の方から液面が見えてきた。慎重に混ぜると、下の方の煮えた実の皮が「ペロラっ」とはげて顔を出した。これを箸でつまんで取り分ける。ふだんなら砂糖をまぶす段階で入れるレモン汁もやっとこの段階で投入。



かなり佳境に入ってきた。次々と皮がむけていく。トマトの湯むきはよくやるが、リンゴの湯むきのようで楽しい。皮に少し実もついているので、その場で食べてみたら香りがあって意外な美味しさ。白い泡はアクだといわれているので、念のため捨てる。



夢中で皮を取り分けている間に、ホロホロとほぐれて、ジャムらしくなってきた。皮の色が移って、実だけ煮るより赤く美味しそうなジャムになった。



ジャムびんを、先日のブルーベリージャムの時と同じく消毒し、熱々のうち、詰めていく。
大2個も含めて9びん。これまでオラが作った中で最高記録!
階下の両親に1びん、近所に住む相棒の叔母さんに1びんあげても、まだ7びん。むふふ。



ちょびっと余ったので、さっそく食べてみた。
濃いぃ〜!
糖分50%で作ったのに、酸味、甘み、香り、ともに濃いぃ!
まずはヨーグルトに入れて、冬になったらアップルパイにアップルタルト。
妊婦の体重管理には厳しい冬となりそうである・・・。

#いつも母にお庭(お山)の作物を分けて下さるA様、ありがとうございます!
#・・・次回も期待してお待ちしております♪

合計今日昨日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
思い出のイギリス その2
前にもイギリスの思い出をアップした。今回は、なつかしのイギリス土産のジャムを開封したので、それにまつわる思い出を。 ...続きを見る
オラの日常
2009/08/07 00:03
こんがりリンゴの特大ホットケーキ(レシピ付き)
オラが季節の移り変わりを感じる時・・・それは八百屋さんの店頭を通りかかった時である。 旬の野菜も魅力的だけれど、最も目立つあたりに並べられている果物は、「目を奪われる」というくらいオラを魅了する(笑)。なんでオラこんなに食いしん坊なんだろ? ...続きを見る
 オラの日常
2013/02/13 08:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
いきのいい林檎ですね。ジャム作り大変でしたね。
七瓶も出来てすごーい。甘酸っぱい匂いがぷんぷん漂っているようで、たまりません。私も紅玉買ってきて、作ってみよーっと。
この間のイチジクジャム、手作りココア・パンに塗って美味しく食べました。
手作り
2004/10/26 21:34
お、おいしそ〜っ!!はいむさんはジャム作りの名人でしたね^0^。遠路はるばる味見しにいっちゃおうかな!!あ〜、”チャリで今からジャムもらいにいくからさっ!!”とは言えない距離に引っ越して行ってしまったはいむさん...。我が家のだいじなご飯が...遠くに行ってしまった...。と、こんなとき、つくづく思うよ。てへへ...。
エム
2004/10/27 13:23
手作りさん はい、この大量のジャム作りはさすがにちょっと大変でした。でもおっしゃる通りとにかく林檎が良かったので、最高でした!イチジクジャムとココアパンの組み合わせは、未体験のコンビです。うー!食べてみたいです。
はいむ
2004/10/29 19:30
エムちゃん 名人なんておこがましいです(^^; ほんとにね、生で食べられたら越したことはないと思うんだけど、食べられない→ジャムにする→ジャム作りが好きになる、みたいなストーリーで(笑)。今年の前半は具合も悪くてチャンスを失ったけど、旬がきたら、またいろいろ作りたいな。来年、子育ての合間にもし余力があったら、久々の「手のかかる大御所」マーマレード類に手を出そうと思います。面倒だけどあの美味しさはこたえられぬ!です(笑)。ほんとにエムちゃんとは遠くなっちゃってから会えない日々が続いているねえ・・・。
はいむ
2004/10/29 19:36
はいむ、今日山寺に行ってきたよ・・・一人で・・・
とよけいな事はぬきにして、無人の直売所で紅りんご・・三個で百円だって・・・。三百円分買ってきてここにおじゃまむしというわけよ!
残念ながら無農薬ではないらしいので、ママンだけ作るね!9個で一キロだったから400グラムのきび砂糖でいいね!。じゃあね。
山形ママン
2006/10/29 19:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
大量の紅玉ジャム (レシピ・・付き、画像重いです)  オラの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる